本編目次 | 前ページ | 次ページ

チャイルド・ユースサポート章 [子育て・家族支援]

しまだ次世代育成支援ネットワーク

[静岡県推薦]

代表者名:染谷 絹代  団体構成人数:25名

■活動内容等

平成17年3月に策定された次世代育成支援島田市行動計画で公民館・公会堂を活用した子育て支援が提案事項として盛り込まれたことを受け、同年5月、地域でいち早く公民館での親子広場を実施しました。保育士による触れ合い遊びや、保健師による育児相談、栄養士による離乳食指導、歯科衛生士による歯の健康に関する指導などにより、子育て中のママに対し、市民目線に立った支援を実施しています。

その後、活動を続ける中で見えてきた課題やニーズを的確に捉え、母親支援、不妊に悩む女性支援、育児用品のリサイクル、祖父母の孫育て支援と少しずつ活動分野を広げてきました。特に、不妊に悩む女性支援・祖父母の孫育て支援の取組は、県内では例が少ないことから、注目されており、島田市内のみならず県内各地からの多くの参加があります。

定年退職後の活力ある人材や夏休み中の小・中学生をボランティアとして有効に活用しています。地域の職人や演奏家などの人材発掘に努め、事業に組み入れ、顔見知りになることで、これまで地域の活動に関心が薄かった若い世代が参加する成果を挙げていて、多世代交流の場ともなっています。

常に、「こんな支援があったらいいな」という利用者の立場を原点に事業を展開しており、毎回多くの人・物が集まり、住民から大きい反響が寄せられています。

会員ボランティアの一人一人が、団体の目的に共鳴しており、参加意識が非常に高く、また、限られた財源の中で、特定の取組に留まることなく、社会的ニーズや地域事情に応じて、多彩な子育て支援活動に取り組み、常に新たな子育て支援活動の分野を開拓しています。全ての会員が、活動状況を把握し、意志疎通を徹底させることを目的として毎月1回定例会を開き、情報の共有化に努めています。

公民館での親子広場「つどいの広場 きしゃぽっぽ」
公民館での親子広場「つどいの広場 きしゃぽっぽ」
じぃじ・ばぁばの孫育てサロン「おおるり きしゃぽっぽ」
じぃじ・ばぁばの孫育てサロン「おおるり きしゃぽっぽ」

■受賞者からの一言

島田市次世代育成支援行動計画の策定にかかわった市民が中心となり、「こんな支援があったらいいな」を具現化しようと意気投合したのが活動の始まりでした。あれから6年余り、地域に根ざした子育て支援は、多くの市民の共感を得て着々と広がり、現在では正会員以外に約50名の地域ボランティアが支えてくれています。

今回の受章は、私たちに大きな励ましと勇気と活動継続のためのエネルギーを与えてくれました。これからも、その時々に求められるニーズを探り、支援の方向性を確かめながら、地道に丁寧な活動を推進していきたいと思います。

▲このページの上へ


本編目次 | 前ページ | 次ページ