特定非営利活動法人ITサポートさが[佐賀県推薦]

代表者名: 理事長 陣内 誠 団体構成人数: 15名

活動内容等

同団体は、ネット社会における情報モラルや情報セキュリティの向上を目的として、平成17 年に設立された特定非営利活動法人で、メンバーである小学校教諭や大学教授、会社役員等がそれぞれの仕事を行いながら、法人活動を続けています。

その活動は、

○ネット社会で身近に起こり得る「違法ダウンロードや著作権法違反」等の事例を題材とした学校等における寸劇や講話

○情報モラル向上を図るための教材の作成

・ロールプレイングで情報モラル学習

(画面操作を行いながら「自分ならどうする?」という観点で対応を選択しつつ、楽しく情報モラルを学習することができる教材)

・情報モラル電子紙しばい

(子供が興味を引くようなタッチの絵で作成された紙しばい風のスライド教材)

○子供たちを取り巻くネットトラブルの相談窓口の開設など、多岐にわたっています。

また、ネット社会における情報モラルや情報セキュリティの大切さを子供たちに伝え、スマートフォン等の安全な使い方を促すことなどを目的として、「ネットの安全安心ポスターコンクール」を行っており、応募数は年々増加し、第8回目となる今年度の応募総数は912点に上るなど、その活動は、確実に社会に根付き始めています。

「IT サポートさが」のメンバーは、定期的に会合を開き、新たな取組を検討するなど、未来を見据えた活動を続けています。

表彰式

児童向け情報モラル学習講演

受賞者からの一言

当団体の活動を表彰いただき、スタッフ一同心より喜んでおります。情報化の急速な進展に伴い、家庭や子供たちの社会でもインターネット等の利用が不可欠になっています。利便性ばかりに目がいき、陰に潜むリスクに気付かず、トラブルになっているケースが多く見受けられます。「自分の身は自分で守る」この気持ちを忘れずに、安全に安心してインターネットを利活用してほしいと願っています。これからも今回の表彰を励みに、情報モラル学習啓発活動に取り組んで参ります。