-
青少年育成 サイトマップ
-

-

思春期ピアカウンセリング活動は人間的成長の場
ふくしま思春期サポーターの会
(福島県推薦)

窪田 太一

 “ふくしま思春期サポーターの会”は、大学生とそれを支援する社会人によって構成されたボランティア団体です。
 私たちはまず、年2回実施される思春期ピアカウンセラーの養成講座を受講します。そこで学んだ専門的な知識・技術を用いて、思春期ピアカウンセラーとして活動します。主な活動内容は、若者への思春期特有の悩みを解決する手助けです。具体的には、直接学校に訪問して高校生や中学生と人生や性の問題について話し合ったり、毎月一度、街の施設を借りて悩みを相談することのできるスペースを設けたりしています。

 私たちの活動の根幹は、思春期にある若者が自分らしい生活を送り、人生に幸福を見いだしてもらえるように援助するというものです。人間を相手にする活動であるということで、活動中はプレッシャーを感じるのも事実です。それは思春期ピアカウンセラーがただ対話をするだけでなく、彼らにとっての良きモデルとなる必要もあるからだと思います。

 これまでの様々な活動を通じて、ピアカウンセリングの技術が、日常生活を始めとした多くの場面においても役立つということを学ぶことができました。ピアカウンセリングでは、人間関係の最も基本的な部分の一つである「人の話を聞く」ことに重点をおいています。相談者の言葉以外の部分、例えば、表情や態度でもしっかりと受け止めることが求められるのです。このようなことは友人や家族と円滑なコミュニケーションを行う上でも重要だと思います。これまでの活動を通して人間的にも成長できたと実感しています。

 これからの活動に関しては、まだ模索中の段階ではありますが、地理的な活動範囲を拡大していくことを検討中です。思春期は自己肯定感の低下しやすい難しい時期ですから、その時期にある若者に対して少しでも力になれるよう、今回の受賞を契機に一層努力していきたいと思います。

養成講座の様子   受講生   活動中

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ

-