-
青少年育成 サイトマップ
-

-

人とのつながり
静岡県裾野市立東中学校福祉部
(静岡県推薦)

 私たち福祉部は、「福祉体験を積極的に行い、思いやりの心を育てる」ことを目的に、平成5年から地域中心のボランテイア活動を実施しています。週4日を目安に活動し、地域の高齢者に向けた「福祉部だより」の作成や、高齢者への手紙書きなど、コミュニケーションを意識した取組をしています。

 それだけではなく、平成7年の阪神・淡路大震災の直後から、被災者へ向けた励ましのメッセージも送り続けています。最近では国立駿河療養所を訪問し交流しています。その他、地域の児童館、老人ホーム、図書館、保育園、放課後指導教室、特別支援学校などとも継続的に関わり、地域行事なども積極的に手伝い、福祉活動の向上に努力しています。

 これらの活動の中でも、「福祉部だより」は地域の方からの評価も高く、読者である高齢者の方から、「急速に進んでいる高齢化の社会状況の中、世代間交流として皆さんの便りが励みになっています」「福祉部だよりを拝見しました。レイアウトも素晴らしい。みんなで協力して、素晴らしく楽しい福祉部だよりを作ってください」などの温かい言葉をいただいています。

「福祉部だより」は、一枚一枚心をこめて作っているので、高齢者の方々からお手紙をいただくと励みになります。また、この便りは、私たちと地域の方、国立駿河療養所の方々など、読者同士をつなぐ架け橋ともなっています。

 これらの活動を通し、私たちは、どんな小さなことでも一生懸命に取り組めば、誰かの心を温かくし、笑顔にできることや、元気を届けられることが分かりました。

 そして、一つ一つの活動がつながっていくことで、さらに心の和、輪を広げることができました。 これからは、範囲を広めるだけでなく、質の良い活動ができるよう心がけ、今よりもっと、私たちと関わった人たちが、笑顔になり、元気になるよう、活動を続けていきたいと思います。

指導教室 表彰 交流会 訪問

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ

-