-
青少年育成 サイトマップ
-

-

感謝・素直・奉仕
美萩野女子高等学校生徒会
(福岡県推薦)

岡田 拳弥
山田 貴子


 美萩野女子高等学校生徒会では、奉仕活動を通して、日ごろお世話になっている地域の方々へ素直な感謝の気持ちを伝えたいと考えています。

 通学で利用するJR小倉駅前では、早朝、乗車マナーアップのキャンペーン活動を行っています。大きな声で「おはようございます」といいながら、マナーアップを呼びかけるティシュを配ると、ほとんどの方々が気持ちよく挨拶を返してくれます。最寄りのモノレール、JRの駅では、各学年の美化委員が中心となって清掃を行います。また、「ラブ・アース」という名前をつけて、後援会の保護者にも参加していただき、1年生全員で学校周辺の道路、公園の除草や少し大がかりな清掃もしています。

 また、北九州市は工業地帯であり、大気汚染や環境問題にたいへん意識が高い土地柄です。そこで、私たちはエコ活動にも学校をあげて、積極的に取り組んでいます。まず一つめは、ペットボトルのキャップの回収です。このキャップがユニセフのワクチン購入の資金援助につながっています。

 二つめは、不要な広告やチラシを集めて、巨大な貼り絵を制作します。地元商店街のアーケードの中心に展示するためです。恒例の除幕式には毎年多くの方が集まってくださり、楽しみにされているお年寄りもたくさんいらっしゃいます。年末大売出しの中でひときわ目を引くこの看板、今年のテーマは俵屋宗達の「風神雷神図」でした。

 私たちのこの小さな活動は、感謝の気持ちを伝えようとするものなのに、地域の方々は逆に、「ありがとうね」「ご苦労さん」などと優しい言葉をかけてくれます。人とひとの温かいつながりを感じます。多くの人々に支えられてこの活動が続けられていることに、心から感謝します。そして、この思いが活動を通して継続し、広がっていってほしいと思っています。

マナーアップキャンペーン       貼り絵展示(1)   貼り絵展示(2)

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ

-