-

小さな力をつないで

3Yジュニア
(福島県推薦)

草野 みらい

 「3Yジュニア」は、地区の小学校・中学校・高等学校から集まった、活動を希望する58名の児童・生徒で構成されています。

 少年の非行が社会問題になり、増加傾向にあった平成12年に発足し、非行をYaranai・Yarasenai・Yurusanaiの三つの頭文字を取って団体名が付けられました。

 私は中学生ですが、「3Yジュニア」に参加して気づいたことは、自分たちの住んでいる町に関心が持てるようになったことです。

 夏休み前に、大型スーパーの前でキャンペーンをしたり、秋になって日が短くなるころには、広報車で下校途中の小学生や中学生に被害に遭わないよう注意を呼びかけたりしています。私たちの声に歩いている人が振り返り、びっくりした様子ですが、その後手を振って応援してくれました。

 先輩たちは、地下道の落書き消しなどをしたり、万引きの多いスーパーの店長さんの声をみんなに伝え、ルールを守ることの大切さを伝えたりしました。

 この活動をする前は、自分の住んでいる町にどんな問題があって、どんな人達が地域のために活動しているのかなど分かりませんでした。大人のボランティアの方々に支えてもらいながら活動を受け継いでいくうちに、私たち子どもでも、自分たちの町のためにできることがたくさんあることに気づきました。大人のボランティアの方がたくさん活動してくれたお陰で、子どもたちが守られていたことにも気づきました。

 私の弟も小学校の時から「3Yジュニア」活動に参加しています。活動する仲間を増やし、次々と活動をつなげていくことによって、私たちの町が、みんなの住みよい街になっていくと思っています。

見守り活動出発時の様子   落書き消しの様子

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ

-