-

「積極的に参加、学び、経験する」を実践して

福井県立丹南高等学校 JRC・鯖江王山レオクラブ
(福井県推薦)

代表 齋藤 健太郎

 私たちのクラブは、昭和55年の丹南高等学校創設と共にJRC部として誕生し、平成14年に鯖江王山ライオンズクラブの下部組織として認証され、「JRC・鯖江王山レオクラブ」となりました。クラブのスローガンは発足当時から「積極的に参加、学び、経験する」であり、様々な奉仕活動を通して地域の人々との交流を深めてきました。

 そして、部員の心を一つにして物事を成し遂げることを大切に活動しています。また、鯖江王山ライオンズクラブの方と例会を開き、活動報告や次回の計画などを話し合うなど、活動内容を確認し合っています。

 活動は、鯖江市内の保育園や障害者施設、高齢者施設への慰問活動などを定期的に行っています。紙芝居の上演や折り紙、バルーンアートなどを施設の皆さんと一緒に行い、楽しい時間を過ごしています。その他にも、災害時の募金活動や学校内外のゴミ拾い、清掃活動、空き缶やペットボトルのキャップ集めを行っています。また、毎年恒例となっている鯖江つつじマラソン大会では、鯖江市日赤奉仕団と協同で、あめ湯・豚汁・飲料水を無料で振る舞い、市民の方々に喜ばれています。また、特別支援教育振興大会や障害者スポーツ大会など様々な行事にも積極的に参加しています。

 こうした活動を通して学んだことは、一人でできることは限られていますが、仲間と力を合わせることで活動の幅が広がり、仲間と喜びを分かち合うことで喜びがより大きくなるということです。地域の方々と触れあい、改めて人の心の温かさを感じ、地域の一員であることを再認識することができました。これからも、部員同士の心の和と人々との関わりを大切に、積極的に社会に参加し、活動の幅を広げていきたいと考えています。

5.10つつじマラソンボランティア1   集合写真   募金活動

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ

-