-

ふう太見守り隊について

長野県下高井農林高等学校 ふう太見守り隊
(長野県推薦)

吉田 拓矢
吉田 拓矢

 「ふう太見守り隊」は、高校生の部活動の外回りのランニング時、下校時、また本校で飼育する木曽馬の散歩時に、近所の保育園児、小学生の下校の見守りを行っています。初めは部員、クラブ員たちに、声掛けに対する精神的な抵抗感がありました。ただランニングをしている姿だと、声が掛けづらいということだったので、「見守り隊」と分かるベストを製作していただき着用しました。その結果、揃いのベストを着用することで活動がしやすくなりました。また、地域の防犯活動にも参加させていただくなど、「ふう太見守り隊」の認知度も高まっています。

 地域の防犯活動の中で私たちは、防犯してもらう側の目ではなく、する側の目になることを体験することができました。そこでは、地域の方や警察官の方が、いつも心配してくださっていると感じることができ、自分たちも見守られていることを知ることもできました。そして少しでも危険があってからでは遅いので、防犯の大切さも知ることができました。「ふう太見守り隊」の活動を通して、地域の防犯意識を高める活動ができてよかったと思います。

 今後は、ふう太見守り隊の結束式などを開いて、地域の方、子供たちにもっともっと知ってもらい、これからも活動が継続していけるように後輩たちに頑張ってもらいたいと思います。この活動の良いところは、強制的なイメージではないところなので、このまま派手にはならず、小さいけれどもずっと継続していける、そんな活動にしていきたいと思いました。

木曽馬の散歩にあわせた防犯指導   小学生との合同不審者対応訓練

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ

-