-

演奏は心の架け橋

名古屋女子大学中学校高等学校
吹奏楽マーチングバンド部
(愛知県推薦)

部長 鬼頭 のどか

 私たち「名古屋女子大学中学校高等学校吹奏楽マーチングバンド部」は、中学校1年生から高等学校3年生まで全員が正選手として毎日授業後2時間練習しています。東日本大震災支援コンサートをはじめ、毎年50回を超える地域社会の各種行事に出演させていただいています。ジャニーズのKAT-TUN、V6の皆さんともテレビで共演させていただきましたが、名古屋駅前での「東日本支援チャリティー名古屋エキトピア祭」では、多くの方々からいただいた義援金を東北の仲間へ届けることができました。「名古屋市心身障害者スポーツ大会」では、式典演奏とコンサートを担当させていただき、心身障害者の方々から勇気・努力・仲間の大切さなど、本当に多くのことを学ばせていただきました。

 警察署の交通安全・防犯パレードや地域の夏祭り等の出演では、私たちの演奏に涙しながらお聴きくださった方々から、多くの励ましの声をかけていただき、私たち自身も今夏の猛練習を乗り越えることができました。

 そして、平成24年12月に「さいたまスーパーアリーナ」で開催された「第40回記念マーチングバンド・カラーガード全国大会」では、多くの方々に支えていただく中、部員全員出場での渾身の演奏演技の結果、「10年連続金賞受賞、編成別最優秀賞(小編成・金賞一位)」を獲得することができました。

 私たちは、今回の「社会貢献青少年表彰」受賞の光栄を部員全員の喜びとして、部の基本理念である「部活動三隋五訓」の精神を大切に、これからも地域の皆様方に喜んでいただける演奏活動を続けるとともに、自己の研鑽に努めたいと誓い合っております。

<部活動三隋五訓>
三隋 1. 部は心身の鍛錬の場である。
    2. 根性なき者は去れ。
    3. 練習で泣き大会で笑え。
五訓 1. 和と協調の精神を学ぶこと。
    2. 礼儀を重んずること。
    3. 勉学に励むこと。
    4. 努力と忍耐の精神を養うこと。
    5. 奉仕の精神を養うこと。

マーチングバンド部のメンバー   演奏会の様子

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ

-