THE POWER OF TEENAGERSの活動紹介

THE POWER OF TEENAGERS
(福島県推薦)

「THE POWER OF TEENAGERS(ザ パワー オブ ティーネージヤーズ) 通称TPT(ティーピーティ)」は、平成14年7月に発足しました。TPTは少年の立場で少年犯罪について考え、少年である自分達に出来る少年非行防止活動に取り組むことを目的としています。平成25年度は、市内の小・中・高校生ら計43名が活動しています。

TPTは毎月1回、少年非行防止や犯罪被害防止を訴える広報活動や、町の美観を損ねている落書きを消したり捨てられているゴミを拾ったりする環境美化活動のほか、心理カウンセラーから「犯罪被害に遭った人の心を理解する」とのテーマで専門的な話を聴く研修会を実施しています。少年である私たちが、専門家の話を聴く機会は貴重であり、TPTが行う少年非行防止活動は、少年犯罪を減らすことでもあり、犯罪被害に遭わないことにもつながると実感できました。

また、これまでのTPT活動を振り返ると、平成21年、22年度に実施した『地域安全安心マップづくり』が印象に残っています。地域の死角や犯罪が発生しやすい場所を調べることで、自分達の地域の現状を再認識することができました。

12年もの長い間、TPT活動が継続できた大きな理由は、家族や学校、そして地域の方々の理解と協力があったからだと思います。

広報活動の際は、少年非行防止を呼びかけると同時にTPT活動についても紹介してきました。私たちの赤いユニフォームを目にした地域の方々にTPTについて知ってもらうことは、これからもTPT活動が続いていくための基盤になると思うのです。

今後は、特に私たちと同世代の少年やまだ幼い子どもたちに直接アプローチし、私たちの目線で少年非行防止を力強く訴えていきたいと考えています。

少年である自分達が出来ることに一生懸命に取り組むことで、地域社会から少年非行や犯罪が少しでも無くなればいいと思います。


委嘱状交付式(署長)

9月の活動

一覧へ戻る | 次のページへ