子どもたちの笑顔のために

チーム'95
(長野県推薦)

私達チーム'95は、1995年に発足しました。長野県教育委員会と連携し、長野県短期大学、信州大学教育学部・工学部、長野大学、上田女子短期大学等の学生を中心に不登校対策事業などにボランティアスタッフとして活動しています。学生は先輩・後輩関係なくキャンプネーム(キャンプの際に呼び合うニックネーム)で呼び合っています。

主な活動としては、小学校3年生から中学校3年生までを対象とする不登校児支援のふれあい自然体験キャンプへの参加です。子どもと1週間近く一緒に過ごす中で、子どもの成長や子どもの本当に楽しそうな笑顔など、親御さんも知らないような子どもの姿をキャンプを通じて見ることができます。このような子どもの新たな一面を発見できるというのはこのキャンプの醍醐味だと思います。ふれあい自然体験キャンプのほかにデイキャンプ(障がい者スポーツキャンプ)の実施やタイニーキャンプ(小学校1・2年生を対象にしたキャンプ)への参加、おかえりキャンプ(チーム'95のOB・OGと過去のふれあい自然体験キャンプの参加者さんと一緒に行うキャンプ)の実施などもしています。キャンプごとに反省会を開き、自分のキャンプ中の行動や技術を振り返り共有することで次回のキャンプにつなげ、「参加者さんにキャンプを楽しんでもらうにはどうするべきか」ということを常に追求しています。

また、子どもたちにもっとキャンプを楽しんでもらい、少しでも子どもたちの助けになるように「スキルアップ研修会」というものを行っています。数グループに分かれ、実際にレクリエーションを行い、意見を出し合うことでレクリエーションの構成、進め方などのスキルを高めようという研修会です。この研修会で行ったことを今後のキャンプで活かしていこうと思います。一昨年はタウンミーティングという行政との対話集会に参加し、実際に知事と話し合いをさせていただきました。今年も機会があればこのようなタウンミーティングなどに参加し、いろいろな方にチーム'95について知ってもらい、ボランティアにも興味を持ってほしいと思います。

子どもたちの笑顔のために 写真1
子どもたちの笑顔のために 写真2

一覧へ戻る | 前のページへ | 次のページへ