目次次へ

第1部 調査の概要

1. 件名

アメリカ・韓国における青少年のインターネット環境整備状況等調査

2. 調査の目的

本調査は、スマートフォンや多様なインターネット接続機器の登場により、青少年のインターネット利用環境が急速に変化している状況に鑑み、「青少年が安全に安心してインターネットを利用できるようにするための施策に関する基本的な計画(第3次)」(平成27年7月30日子ども・若者育成支援推進本部決定)において、諸外国の現状や取組等に関する調査研究を実施することとされていることから、アメリカ及び韓国を対象にし、青少年のインターネット利用環境に係る法及び制度、普及啓発活動の取組や調査研究事例等を収集、整理するものである。

3. 調査実施期間

平成29年7月~平成30年3月

4. 調査実施機関

ワールドインテリジェンスパートナーズジャパン株式会社

(略称:WIPジャパン株式会社)

5. 調査の概要

(1)調査対象国

アメリカ・韓国

(2)調査項目

青少年のインターネット利用環境に関し、以下について情報の収集・整理を行った。

ア 青少年のインターネット利用環境に関する実態、法及び制度

イ 青少年のインターネット利用環境の整備に関する各課題への対応

6. 調査方法

(1)文献等調査

アメリカ・韓国について有識者指導のもと調査を行った。

(2)有識者意見聴取

本調査内容に精通した日本国内の有識者に対して意見聴取を行い、調査対象の選定や調査内容に関する助言・指導を得た。意見聴取を行った有識者と、その日程は以下のとおりである。

氏名 所属・職位 意見聴取実施日程
曽我部 真裕 京都大学大学院法学研究科教授
  • 2017年8月28日
  • 2017年9月19日
  • 2017年11月17日
  • 2018年1月17日
  • 2018年3月2日
  • 2018年3月14日
韓 永學 北海学園大学法学部政治学科教授
  • 2017年8月21日
  • 2017年9月20日
  • 2017年11月20日
  • 2018年1月18日
  • 2018年2月27日
  • 2018年3月23日

注:敬称略、順不同、所属及び職位は意見聴取当時のもの

目次次へ