目次戻る次へ

第2部 第1章 アメリカ (2/7)

2. 青少年のインターネット環境に関する実態

本節では、各種データによってインターネットの利用環境に関する実態を、以下の4点を中心に把握する。

  • 1青少年のインターネットの接続機器の保有状況について機器別の保有率、親の所得等による違いを捉える。
  • 2インターネットサービスの利用状況は、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)、ゲーム、オンラインショッピング等に分けて実態を見ていく。
  • 3インターネットサービスの利用頻度では、オンラインゲームやSNSの利用時間等を見る。
  • 4宿題等でインターネットを利用する頻度やインターネット利用の状況を把握する。

(1)青少年のインターネット接続機器保有率と利用率

The Common Sense Censusが2015年2月6日から3月9日まで、アメリカの8歳~18歳の青少年2,658人を対象に実施した調査によれば、各種インターネット接続機器の保有率及び利用率は表1から表4のとおりである。本節では主に13歳~18歳の中高生(ティーン)と8歳~12歳の小学生(トゥイーン)に関する調査結果とを比較しながら使用する。図1に家庭の所得階層で見たインターネット接続機器の所有状況を示す。また、表1~表18に8歳~18歳の青少年をめぐるインターネット環境を概観する9

図 1 収入別のインターネット接続機器所有率10

出典:The Common Sense Census 2015, p. 17

表 1 コンピューターの保有率と利用頻度11
トゥイーン ティーン
家にデスクトップがある 56% 63%
家にラップトップがある 73% 77%
デスクトップかラップトップどちらかがある 84% 88%
自分専用ラップトップがある 19% 45%
毎日コンピューターを使用する 20% 41%
コンピューター使用時間(使用する人のうち) 2時間26分 4時間14分
コンピューター使用時間(全体) 31分 1時間37分

出典:The Common Sense Census 2015: Media Use by Tweens and Teens, p. 54

表 2 タブレットの保有率と利用頻度
トゥイーン ティーン
家にある 80% 73%
自分専用のものがある 53% 37%
毎日使用する 29% 21%
任意の日(調査前日)に使用した* 37% 19%
使用時間(使用する人のうち) 2時間34分 3時間57分
使用時間(全体) 56分 45分

出典:The Common Sense Census 2015: Media Use by Tweens and Teens, p. 57

*「任意の日(調査前日)に使用した」には「毎日使用する」のデータも含。

表 3 スマートフォンの保有率と利用頻度
トゥイーン ティーン
家にある 79% 84%
自分専用のものがある 24% 67%
毎日使用する 21% 64%
任意の日(調査前日)に使用した 22% 58%
使用時間(使用する人のうち) 3時間35分 4時間38分
使用時間(全体) 48分 2時間42分

出典:The Common Sense Census 2015: Media Use by Tweens and Teens, p. 59

表 4 各種ゲーム用機器の家庭における保有率
トゥイーン ティーン
コンソールゲーム機器 81%(22%) 83%(34%)
ポータブルゲーム機器 53%(42%) 45%(32%)
タブレット* 80%(53%) 73%(37%)
スマートフォン* 79%(24%) 84%(67%)
iPod Touch* 32%(21%) 31%(20%)

出典:The Common Sense Census 2015: Media Use by Tweens and Teens, p. 44

自分専用のゲーム機器の所有率をカッコ内に表示した。*印:オンラインゲーム対応機器

ア 青少年の各種インターネットサービス利用率

表 5 ソーシャルネットワーキングサービスの利用状況
利用状態・頻度・時間 全体 男子 女子
非常に楽しんでいる 36% 29% 44%
好きなアクティビティである 10% 5% 14%
毎日使用 45% 38% 52%
任意の日(調査前日)に使用した 58% 51% 64%
使用時間(使用する人のうち) 2時間04分 1時間42分 2時間22分
使用時間(全体) 1時間11分 52分 1時間32分

出典:The Common Sense Census 2015: Media Use by Tweens and Teens, p. 39

表5~表7は、各オンラインメディアの利用状況(好む度合い、使用頻度、1日に費やす時間)を示し、これらメディアがいかに好まれて使われているかに着目している。

表 6 モバイルゲーム*の利用状況
利用状態・頻度・時間 全体 男子 女子
非常に楽しんでいる 27% 35% 18%
好きなアクティビティである 2% 3% 1%
毎日使用 27% 29% 24%
任意の日(調査前日)に使用した 34% 39% 29%
使用時間(使用する人のうち) 1時間12分 1時間15分 1時間09分
使用時間(全体) 25分 29分 20分

出典:The Common Sense Census 2015: Media Use by Tweens and Teens, p. 45

*モバイルゲームはタブレット、スマートフォン、又はiPod touchで利用するゲームをいう。

表 7 すべての形態の音楽の利用状況
利用状態・頻度・時間 全体 男子 女子
非常に楽しんでいる 73% 66% 80%
好きなアクティビティである 30% 22% 37%
毎日使用 66% 58% 74%
任意の日(調査前日)に使用した 81% 77% 86%
使用時間(使用する人のうち) 2時間20分 2時間06分 2時間34分
使用時間(全体) 1時間54分 1時間37分 2時間12分

出典:The Common Sense Census 2015: Media Use by Tweens and Teens, p. 38

イ オンラインショッピング

投資銀行・財産管理会社のPiper Jaffray Companiesが、全米44州の平均年齢16歳のティーン6,100人(男子54%、女子46%)を対象に、彼らのショッピング傾向をまとめ、2017年4月に発表したデータ12によると、現在のティーンは、以前ほど買い物のためにショッピングモールを徘徊せず、オンラインで買い物する割合が増加している。

小売店での買い物を好むティーンの数は前回の調査から減少し、23%だったのに対し、オンラインのみで買い物すると回答したティーンが増加し、過去最高の17%に達した。ティーンに人気のあるショッピングサイトは表8のとおりである。

表 8 ティーンに人気のある上位5位のショッピングサイト
順位 ショッピングサイト 全体に占める割合
1 Amazon 49%
2 Nike 6%
3 American Eagle 5%
4 eBay 3%
5 FOREVER 21 2%

出典:Taking Stock With Teens Fall 2017

これらティーンが好んで使用するソーシャルメディアは表9と表10のとおりであり、彼らの間ではFacebookやTwitterよりもSnapchatやInstagramを利用する割合が高い。

表 9 ティーンに人気のある上位5ソーシャルメディア
順位 ソーシャルメディア 全体に占める割合
1 Snapchat 47%
2 Instagram 24%
3 Facebook 9%
4 Twitter 7%
5 Pinterest 1%

出典:Taking Stock With Teens Fall 2017

表 10 毎日のビデオ視聴に使用される媒体と上位5サイト
順位 ビデオ媒体、サイト 全体に占める割合
1 Netflix 37%
2 YouTube 29%
3 ケーブルテレビ 22%
4 Hulu 4%
5 その他 6%

出典:Taking Stock With Teens Fall 2017

目次戻る次へ