目次戻る次へ

参考資料 アメリカ

(1)アメリカ:本文中の各表の補足資料

ア 青少年の各種インターネットサービス利用率に関する補足資料

[本文2(1)ア]

コモンセンスメディア調査「トゥイーン及びティーンのメディア利用状況301」(原資料)

本文に掲載した表に関する補足として調査結果の前提と各表の説明を記載する。

注釈:ここでの「任意の日(調査前日)に使用した」は、下記のとおり、調査対象者に対し、「回答を記入した前日」という特定の日に、該当するメディアを使用したか否か、及びその使用時間等を尋ねたものである。調査は4週間かけて実施され、全体では、週の異なる日に均等に分散して実施されていたため、「国内で任意の日に(On any given day)利用された状況」の指標だとされている。例えば、任意の日にトゥイーンの75%がテレビを見たことがわかる。ここには「時々見る」という者も含まれることがあるため、「毎日」見ると答えた比率よりも高くなるはずである。全員に対して特定の同じ日を示して尋ねたものではないため、ここでは「任意の日(調査前日)に使用した」とした。

Proportion who use each medium on any given day. The report also documents the percent of young people who engage in a particular activity―or use a particular device―on any given day in this country. In this survey, respondents indicated whether they had done each activity “yesterday”―that is, the day prior to completing the survey―and if so, how much time they spent doing it and on what device(s). Since the survey was administered evenly across the seven days of the week over a period of four weeks, this measure creates a useful index of what happens on any given day in this country. By this measure, one would see, for example, that on any given day 75 percent of tweens watch TV. The proportion of respondents who watch TV on any given day should be higher than the percent who say they are “daily” viewers (62 percent) , because that percentage also likely includes some of the tweens who say they watch “several times a week.”

イ メディア利用の類型についてMedia Use Typology

以下、原資料より関連部分の抜粋と抄訳を記載する302

Yong people differ widely in their media preferences and patterns of use. On their own, the measures for “total media time” or “total screen time” can mask substantial variations in the types of media young people are devoting their time to. Almost all young people spend some time watching TV and listening to music, but beyond that, their media “diets” look very different from one another. In many cases, those who report spending a lot of time using one particular medium spend far less than their peers using other types of media―for example, they might devote a great deal of time to mobile games but almost none to video games. The study identifies several distinct patters of media use among young people, which we call media use profiles.

若者は、そのメディア利用の志向と利用パターンにおいて一人ひとり大きく異なっている。メディア利用時間または(ゲーム機、携帯電話等の)画面を見ている全時間といった尺度では、若者のメディア利用における多様な実態を見逃しかねない。ほぼすべての若者が、テレビ・音楽を視聴するが、そのメディア「利用習慣」は、一人ひとり大きく異なっている。多くの場合、一つの特定メディアに長時間費やす者は、他の人と比べても他のメディアの利用時間が大幅に少ない。たとえば、モバイルゲームには長時間没頭するような者が、ビデオゲームはほとんどやらない。この調査は、いくつかのメディア利用におけるパターンを如実に示している。

For example, among teens, we first identified Heavy Viewers as those who were at least at the 75th percentile in terms of time spent watching TV or videos (210 minutes). We then defined Gamers /Computer Users as those who spent at least 180 minutes (75the percentile) on console/handheld (but not mobile) gaming, or any computer game time (a rare occurrence) and a significant amount of computer use. The remaining teens were then classified to be Social Networkers if they spent 85 minutes (75th percentile) or more on social media: Readers if they spent 30- minutes or more on reading or any writing time; or Light Users if they didn’t fall into any of the others categories. We then further validated these categories by examining how they were associated with various demographic variables, and how they compared to other media use indicators’ relationships with similar demographics. In the end, this analysis indicated that youth can be categorized into mutually exclusive profiles of media use, presented below.

ティーンの調査対象者については、まず、テレビ・ビデオ視聴時間で75%値(210分)以上にあたる重度視聴者を特定した。その上でゲーマー・コンピューター使用者を、コンソール若しくは(モバイルではない)小型端末で少なくとも180分(75%値)遊ぶ者、または時間を問わずコンピューターゲームを利用する者、ならびに非常に長時間のコンピューター利用者とした。それ以外のティーンは、85分(75%値)以上ソーシャルメディアに費やせばソーシャルネットワーカー、30分以上読み書きに費やせばリーダー、又はどのカテゴリーにも該当しなければ軽度の利用者と分類した。さらに、これらのカテゴリーについて、人口統計学的変数との関連を調べ、加えて他のメディア利用と人口統計学的要素との関連を比較して意義を確認した。最終的には、この分析によって若者のメディア利用は次のようにそれぞれ排他的な様相のカテゴリーに分類されることがわかった。

Teens. Among teens, five distinct profiles of users were identified; heavy video viewers (“Heavy Viewers,” 26 percent of all teens), heavy gamers and computer users (“Gamers/Computer Users,” 20 percent), heavy readers (Readers,” 13 percent), heavy social media users (“Social Networkers,” 10 percent), and light media users (“Light Users,” 32 percent).

ティーンでは、利用者に5つの明確なタイプが現れた。重度ビデオ視聴者(すなわち「重度視聴者」で、ティーン全体の26%)、重度ゲーマー及びコンピューター使用者(20%)、重度読書者(すなわち「リーダー」で13%)、重度ソーシャルメディア利用者(「ソーシャルネットワーカー」で10%)、及び軽度のメディア利用者(32%)である。

Heavy Viewers. The Heavy Viewers―one in four of all teens―have the highest media usage among either age group. Teen Heavy Viewers average more than 13 hours a day (13:20) with screen media, including nearly six and a half hours (6:24) watching TV and videos, two hours (2:09) using social media, over an hour playing mobile/computer games (1:14), and about an hour (:57) playing video games. They also listen to music for 2:40 and read for about a half hour (:32). Heavy Viewers are more likely than other teens to come from lower income homes, to have TVs and video game players in their rooms, and to live in homes where the TV is left on all the time. Not surprisingly, they are also more likely than other teens to say they enjoy watching TV and online videos “a lot.”

重度の視聴者は、ティーンの4分の1を占め、他の年齢カテゴリーと比べて最もメディア利用率が高い。ティーンの重度視聴者の中で、スクリーン媒体の利用は平均して1日当たり13時間以上で、その中には6時間半近いテレビ・ビデオ視聴、2時間以上のソーシャルメディア利用及び1時間以上のモバイル・コンピューター両ゲーム利用及び1時間近いビデオゲーム利用者が含まれる。さらに、重度の視聴者はまた、2時間40分音楽を聴き、約30分読書をするが、他のティーンと比べ低所得世帯である傾向が強く、テレビ・ビデオゲームプレーヤーが自分の部屋にあり、いつもテレビが自由に使える状態に置かれた家庭にいる。彼らはまた、他のティーンと比べてテレビ及びオンラインビデオを楽しんでいると答える傾向が強い。

Social Networkers. Social Networkers―10 percent of all teens―spend more than three hours a day (3:17) using social media, far more than other teens. They are more likely to say they enjoy using social media (70 percent) than other teens (for example, 29 percent of Light Users do, and 42 percent of Heavy Viewers do). They watch TV for about an hour and a half (1:34) a day and are on their smartphones for two and a half hours (2:34) for things other than social media or gaming. All told, these young people spend seven hours a day (7:03) with screen media, on average. They tend to be female (66 percent), and almost all of them have their own smartphones (84%).

ソーシャルネットワーカーは、ティーン全体の10%を占め、1日3時間以上と他のティーンと比べ大幅に長い時間ソーシャルメディアを利用している。軽度の利用者の29%、重度の視聴者の42%に対し、ソーシャルネットワーカーは、ソーシャルメディアを楽しんでいると答える傾向が70%と強い。彼らは1日にテレビを1時間半ほど見て、スマートフォンを(ソーシャルメディア・ゲーム以外で)2時間半使い、合計するとスクリーン媒体を1日平均7時間利用している。また、女子が66%と多く、ソーシャルネットワーカーの84%が自分のスマートフォンを持っている。


表 66 ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)利用状況率303

[本文表5参照]

表下部の注(Note)*
右肩小文字のa、bは対象グループ間の差異が統計的に重要である(5ポイントを超える)かどうかを示す。異なる小文字が付された数値項目はその間の差異が重要であり、小文字が同じである又は小文字が付されていない場合は、差異がさほどない。


More than half (52 percent) of teen girls say they use social media “every day”, compared with 38 percent of boys. On any given day, two-thirds (64 percent of teen girls use social media, compared with 51 percent of boys. Among those who do use social media, boys spend an average of 1:42 a day, and girls spend 2:22 (this means the average among all teens is :52 a day for boys and 1:32 for girls).

ティーン男子の38%に対し、ティーン女子の半数以上(52%)が、ソーシャルメディアを「毎日」利用すると回答している。任意の日(調査前日)にソーシャルメディアを利用したと答えたティーン男子は51%であるのに対し、ティーン女子では3分の2(64%)にのぼる。ソーシャルメディアを利用する男子の平均利用時間は、1日当たり1時間42分であるが、女子は2時間22分をこれに費やしている。(ティーン全体での平均は、男子が1日52分、女子が1時間32分である)


表 67 オンラインゲーム利用状況率304―モバイルゲーム305

[本文表6参照]


Mobile games. Among tweens, mobile gaming is primarily a tablet-based activity, while among teens it's primarily a smartphone-based activity. Regardless of whether games are played on a phone, a tablet, or an iPod Touch, the amount of time spent playing is roughly the same, among those who do play (about an hour and a quarter). Among both tweens and teens, boys spend more time playing mobile games than girls do (13 minutes more among tweens and six minutes more among teens, on average), but the differences are not nearly as extreme as they are with console video games.

モバイルゲーム:トゥイーンでは、基本的にタブレット中心だが、ティーンの間ではスマートフォン中心である。機器(携帯、タブレットまたはiPod Touch)を問わず、ゲームをする者の間では、利用時間はほぼ同じで1時間15分くらいである。トゥイーンでもティーンでも、女子より男子のほうがゲームに費やす時間が長い(平均するとトゥイーンで13分、ティーンで6分長い)ものの、コンソールビデオゲームの場合ほどこの相違は極端ではない。


表 68 ミュージック(すべての形態の音楽)利用状況306

[本文表7参照]


Popularty and time spent. Listening to music is at or near the top of yong people’s media activity preferences. Among teens, music dominates. Nearly three-quarters (73 percent) of teens say they enjoy listening to music “a lot,” far more than those who say that about any other activity (watching TV is a distant second, at 45 percent, and using social media is at 36 percent). And while there is a great deal of diversity as far as which activity teens name as their “favorite,” 30 percent choose listening to music , twice as ,many as the next most popular activity―playing video games―which garners 15 percent. On any given day, far more teens listen to music than engage in any other media activity―an overwhelming 81 percent, compared with 58 percent who use a smartphone for anything and 71 percent who watch TV on any device. On average, among all teens, nearly two hours a day is devoted to listening to music (1:54).

人気度及び音楽聴取時間:音楽聴取は、若者のメディア利用志向としてはトップクラスである。ティーンの中では音楽が独壇場で、ほぼ3分の2(73%)が音楽を「非常に楽しんで」いる(大幅に離れて2位のテレビ視聴で45%、ソーシャルメディアが36%である)。加えてティーンの「好きな」アクティビティというと幅が大きいものの、音楽聴取が30%であり、これは次点のビデオゲーム(15%)の2倍である。任意の日(調査前日)に音楽を聴いたティーンは他のメディア利用者より非常に多く81%、これは、何らかの用途にスマートフォンを利用した58%及び何らかの機器でテレビを視聴した71%と比べて圧倒的な数値である。すべてのティーンが、平均2時間近く音楽を聴いている。

When teens were asked to choose their “favorite” media activity, 37% of girls picked listening to music more than any other activity; reading and using social media are tied for second at 14 percent each. Three-quarters (74%) of teen girls say they listen to music “every day,” compared with 58% of teen boys. Both boys and girls devote a substantial amount of time to music, even as tweens but especially as teens. On average, 8 - to 12- year- old boys spend 40 minutes a day listening to music, while girls this age spend just over an hour (1:03). Among teens, boys listen to music for over an hour and a half (1:37), while teen girls listen for more than two hours a day (2:12) on average.

ティーンでは、女子の37%が他のどのメディア利用活動よりも音楽を好きなアクティビティと答え、読書とソーシャルメディアが共に2位の14%である。ティーン男子の58%に比べ、ティーン女子の3分の2(74%)が音楽を「毎日」聴くと答えている。男女共に音楽にかなりの時間を使っているのはトゥイーンも同様だが、ティーンでより顕著である。8歳~12歳の男子の1日40分に対し、同年齢の女子は1時間を超えている。ティーンでは、男子の1時間半に対し、女子は平均で2時間以上である。


ウ 性別、人種、学年別ネットいじめ状況307

[本文表19参照]

補足資料:米疾病管理センター(CDCP)若年層のリスク行動調査 2016年6月(2015年版)


表 69 人種・学年・男女別の状況

(2)アメリカ:原資料の概要

CDCPの若年層リスク行動調査は、健康管理のためにリスク行動をモニターするために全国、州及び地域レベルでリスク行動を調査する若年層行動観察システム(The Youth Risk Behavior Surveillance System (YRBSS308))を通じて行われている。同システムは、1)けがや暴力につながる意図的でない行動、2)タバコ、3)アルコールとその他ドラッグ、4)意図しない妊娠及び性感染症に関連する性行為、5)不健康な食生活、6)運動不足という6つのカテゴリーから、青少年及び若年層の活動を観察し、保健上のリスクを調査している。以下、本調査に関連する部分を抜粋して説明を加える。

ア 調査結果の要約

“Results”, interpretation

結果の概要及び解釈として、インターネット利用に関しては次のように言及されている。「調査の直前30日間で、全国の高校生の61.3%が自動車等を運転し、そのうち41.5%が運転中にテキストまたはEメールを打っている。32.8%がアルコールを摂取し、21.7%がマリファナを使用、さらに調査直前の12か月間に15.5%がネットいじめを経験し、20.2%が校内でいじめを受け、8.6%は自殺を試みている」

「多くの高校生が疾病・死亡につながる行動をとっているが、性別、人種・民族、学年ならびに州及び大都市圏の学区によって、その実態は多様である。長期的な変化もある。調査を始めた初期以来、アルコール摂取、肉体的なけんか、性行為等、多くのリスク行動が減少しているのに対し、自殺未遂、無煙タバコ等の行為に変化はなかった。身の危険への懸念による不登校及び肥満等は増加している。新規のリスク行動としては、テキスティング、運転、いじめ及び電子タバコ等があり、これらの推移を読み取ることが重要である」

関連する結果説明としては、次のように、表の説明にとどまっている。

イ リスク行動別の結果

Electronically Bullied(本文表19「ネットいじめ」)

 調査直前の12か月間で、全国の15.5%の生徒が、Eメール、チャット、インスタント・メッセンジャー、ウェブサイトまたはテキスティングを通じてネットいじめにあっている。ネットいじめを受けた経験は、全体では女子(21.7%)が男子(9.7%)より多く、白人男子(10.8%)、黒人男子(5.6%)及ヒスパニック男子(8.1%)より白人女子(26.0%)、黒人女子(11.9%)及びヒスパニック女子(16.7%)にそれぞれ多くみられる。さらに、9年生男子(11.0%)、10年生男子(9.9%)、11年生男子(8.4%)及び12年生男子(9.2%)より、9年生女子(22.7%)、10年生女子(23.2%)、11年生女子(21.4%)及び12年生女子(19.5%)に多くなっている。

 さらに、全体では、白人(18.4%)及びヒスパニック(12.4%)で黒人(8.6%)生徒より多く、ヒスパニックより白人に多く、白人女子及びヒスパニック女子が黒人女子より多く、ヒスパニック女子より白人女子に、黒人男子及びヒスパニック男子より白人男子に多くなっている。また、10年生(16.6%)では12年生(15.5%)より多く、10年生女子(23.2%)で12年生女子(19.5%)より多くなっている。2011年から2015年の間に、ネットいじめの傾向の大きな変化は見られない。13年(14.8%)と15年(15.5%)でもあまり変化はない。36の州において、ネットいじめの経験は11.6%~21.1%の幅(中央値15.4%)があり、大都市圏19学区では、7.9%~16.3%の幅(中央値11.2%)が見られた。

ウ 部分母集団による比較

対象者カテゴリーごとの傾向として、ネットいじめは次のように言及されている。参考までに、他の行為における傾向もあわせて触れる。

Variations by Sex 性別による差異

多くの健康関連行為に、性別による差異が見られる。シートベルトを不着用及び酒気帯び運転等は、男子に多い。武器の携帯、肉体的なけんか等、暴力関連の行為も女子より男子に多い。しかし、身の危険への懸念による不登校、ならびにネットいじめ、校内でのいじめ及び性行為の強要等を受けるのは男子より女子に多い。自殺関連の行動も男子より女子に多い。ヘルメットなしの自転車運転、酒気帯び運転者との同乗及び運転中のテキスティングまたはEメールについては、男女に違いが見られなかった。

Variations by Race・Ethnicity人種・民族による差異

多くの健康関連行為において傾向が異なっている。24の行動(12のリスク及び12の防御行動)が黒人及びヒスパニック生徒よりも白人生徒に多く見られた。白人及びヒスパニック生徒より黒人生徒に多いリスク行動は、(別の)12のリスク行動であった。さらに、10のリスク行動は白人及び黒人生徒よりヒスパニック生徒に多かった。23の行動については人種・民族間で違いがなかった。

関連リスク行動、すなわち運転中のテキスティングまたはEメール使用、武器携帯、ネットいじめならびに校内でのいじめ(を受けた経験)は、黒人及びヒスパニック生徒より白人生徒に多かった。



目次戻る次へ