本編目次   前頁 前頁   次頁 次頁
本編 > 第4章 さまざまな社会資源─関係分野の制度,機関等の概要,関係機関の連携等─
ユースアドバイザー養成プログラム
第4章 さまざまな社会資源─関係分野の制度,機関等の概要,関係機関の連携等─

第4章のねらい

第3章で示されたとおり,支援の対象である若者は,さまざまな問題を抱えている。一人の若者が抱える問題は必ずしも一つではなく,複合的な問題を持つことが少なくない。ユースアドバイザーは,こうした問題を切り分けずに,一人の若者に,全人的に関わることが求められる。そこで,第4章の前半では,これらの問題に対応するために形成されてきた,さまざまな行政的な制度について知ることを目的とし,後半では,問題が複合的であることを踏まえ,多様なアクター 5) を巻き込んで,複合的なネットワークを形成することによって,若者支援を組み立てていく仕方について学ぶことを目的とする。

第4章の前半では,これらの問題に対応するために形成されてきた行政制度のうち,ユースアドバイザーが知っておいたほうがよい,いくつかの分野における制度について概説した。基本的な言葉を知っておくなど一とおりの知識を持つことで,困ったときにどこに相談すればよいかが分かったり相談したときに相手の話が分かったりする。今回は,主として,行政分野に限り,社会保障,公的扶助,地域福祉,障害者福祉,児童福祉,教育制度,少年司法,労働環境(職業紹介を含む。)分野における制度を概説した。

しかし,これ以外にも,医療,消費者保護,(成人の)刑事司法制度などの行政の制度について知っておくことも大切だし,若者に有用な免許資格,若者に対する体験やサービスを提供するNPOなど民間団体,企業団体・経済団体,労働組合などの分野における仕組みについて知っておくことも有用である。

ユースアドバイザーに求められる知識は幅広く,際限がないと感じることもあるだろう。負担と思うのではなく,一人ひとりの若者に関わることが,より広い社会への扉を開いてくれているのだと感じると,学びがいがあると思う。

第4章の後半では,若者の抱える複合的な問題を解くために,なぜ,どのように,ネットワークを構築するのかを学ぶ。ネットワークを構築するのは,実は,若者自立支援が包摂的な社会づくりそのもの,つながりの再構築だからである。社会における多様なアクターが,共同性を確認し,協働することにより,社会を改めてつくり直していくことだと言ってもよい。

具体的には,若者支援に先行して形成されてきた,生活保護や子どものメンタルヘルス分野のネットワークについて学びこれらに範をとること,若者に直接向き合っているさまざまな機関を知り,ネットワーキングの相手として意識すること,そして,さまざまなネットワーキングの事例について学ぶことを,主たる目的とした。

ネットワーク形成において問われるのは,ネットワークがどれだけ包摂的であるか,つまり,どれだけ協働できるか,どれだけ当事者主体であるか,である。これらの問いは,当事者を含む,多様なメンバーに対して開かれた,フラットで民主的なネットワーク 6) を要請する。

行政を始め,ネットワーク形成の主体たる立場にあるアクターは,そのようなネットワークを,これまで形成されてきた縦割り行政の仕組みや,官と民,組織と個人といった線引きを乗り越えて,柔軟に形成することが求められている。そのための手法を,全国各地の取組と「つながり」合いながら,学び取ってもらいたい。



 静岡県立大学国際関係学部准教授 津富宏


5) アクター: 特定の社会的領域(ドメイン)において活動する主体
6) フラットで民主的なネットワーク: ネットワークの構成員が上下関係なく参加し,対等に意見形成や決定が行えるネットワーク
-
本編目次   前頁 前頁   次頁 次頁