本編目次   前頁 前頁   次頁 次頁
本編 > 第5章 > 第2節 インテークと状況把握
ユースアドバイザー養成プログラム
第5章 支援の実施
  第2節 インテークと状況把握  

8 インテーク例

若者の就労支援相談窓口を行っている某若者サポートステーションで利用しているインテークシートの記入例を見てみよう。このインテークシートを,インテーカーが記入する前に,本人には,基本情報(住所,電話番号など)をシートに記入してもらっている。(仮想の人物・機関名及び記載内容による。)

◆インテークシート(記入例)
担当者 Bステーション 山本 一 日付 2006/1/12
ご本人の名前 たちかわ たろう 性別 女 ・ 男 年齢 24歳
兄弟姉妹 兄弟姉妹 同居・別居
一番話す相手 友人
【家族構成・関係図】 家族構成・関係図 【通院・服薬・症状など】

・なし


自傷行為 有  ・  無(        ) 暴力行為 有  ・  無(        )
来所経緯(外部での相談歴,紹介元など)

就職活動をしていて,面接を受けているが受からない。

来所目的(主訴)

上記+なぜ,仕事が長く続かないのかが分からない。


生育歴,今まで

学生時代,友達はいなかったとのこと。「学生時代はどうでしたか?」という問いに「楽しかったです。」と答える。


現在の生活

毎日,ハローワークに通う。求人票を見る。


保護者,関係者の認識

親はなぜ働けないかと本人を責めると話す。

今後についての要望

正社員として働きたい。(職種に関して本人の希望は特にない。)


備考




所見(気になる様子や言動など)

話す際に,身体を揺らして落ち着きがない。時々声のトーンが大きくなる。



見立て,今後の方針として考えられること

・上記のことから,軽度発達障害の可能性が高い。本人自覚全くなし。通院歴は全くない。




 NPO法人「育て上げ」ネット 古賀和香子
-
本編目次   前頁 前頁   次頁 次頁