本編目次   前頁 前頁   次頁 次頁
本編 > 第5章 > 第7節 家族支援
ユースアドバイザー養成プログラム
第5章 支援の実施
  第7節 家族支援  

9 現場の実践例(大阪LD親の会「おたふく会」の活動)

大阪LD親の会「おたふく会」はLD,ADHD,高機能自閉症・アスペルガー症候群,軽度知的障害等の子どもや青年の親の会である(2008年1月現在の会員数:正会員317名 サポート会員23名)。発達障害の子どもを持つ親は,生きにくさを持ったわが子を前にして,どう子育てをしていけばよいのか途方にくれ,日々格闘している。「おたふく会」では一つの正解を示すことはできないが,一人ひとりが諦めたり,孤立したりしないで集い,お互いに支え合いながら,活動している。

子ども自身が自己理解をし,自尊感情を育んでいけるよう,親の交流会や研修会,子どもや青年たち本人の活動支援を行っている。また,子どもたちが自立して,豊かな社会生活を送ることができることを願って,行政や関係諸機関への働きかけ,社会へ向けての啓発・理解を求める活動なども行っている。

表5−7 本人を中心にした活動
活動名 対象年齢 開催頻度
学習ルーム 小学生〜中学生 毎学期5回程度
アドベンチャークラブ(野外活動) 幼児〜高校生 2か月に1程度
自由にのびのび絵画教室 小学生〜中学生 年5回
みんなでトライなんでもキッズ 小学生〜中学生 不定期
和太鼓クラブ 小4〜高校生 月2回
クリスマス会など 幼児〜中学生 不定
高校生クッキング 高校生 2か月に1回程度
職場見学・職場体験など 高校生・青年 不定期
表5−8 会員を中心にした活動
会報 毎月1回 「おたふく」,「チャンス」を発行
運営委員会 毎月1回 
会員の交流会・学習会 学年交流会・地域交流会・サポート会員交流会・学習会など
要望活動 支援制度等についての勉強会や行政・関係機関に対して理解や支援を求める活動
チャンス例会 制度の勉強など本人の自立・社会参加に向けての研修会
全国LD親の会会員としての活動 全国LD親の会近畿ブロック,JDDネット大阪の活動に参加
大阪府下関係諸団体との連携 大阪府発達障害団体ネットワークの活動に参加

表5−9 地域貢献
ホームページの開設 http://www.otahuku.net/
おたふく会窓口 毎月1回 対象:保護者(会員・会員外)おたふく会案内,相談
公開講座の開催 不定期 対象:会員・一般市民
ボランティア研修会 不定期 対象:おたふく会活動のボランティア希望者・会員
その他 行政等主催の会議に委員として参加・研修会の講師

 大阪LD親の会「おたふく会」 内藤孝子
-
本編目次   前頁 前頁   次頁 次頁