本編目次   前頁 前頁   次頁 次頁
本編 > 第5章 > 第9節 個人情報の取扱い
ユースアドバイザー養成プログラム
第5章 支援の実施
  第9節 個人情報の取扱い  

4 個人情報の保護・管理

「個人情報の保護」という言葉を使う場合には,上記のそれぞれの適用法に従って「個人情報を保護する」ことを意味する。これに対し,「個人情報の管理」という言葉は,体系化されている適用法の中の「個人情報管理」に関わる規定によって管理することを意味していると言える。

上記の個人情報保護法でいえば,直接的には,第20条〜第22条までの規定を念頭に置かなければならない。それは,「3(4)安全管理措置,従業者・委託先の監督(第20条〜第22条)」で,簡単に「個人データの安全管理のために必要かつ適切な措置,従業者・委託先に対する必要かつ適切な監督」と説明をしておいた。

それぞれの規定について検討する必要もあるが,ここでは,文部科学省大臣官房長が2006(平成18)年4月21日付けで「学校における個人情報の持出し等による漏えい等の防止について(通知)」という文書を各都道府県・指定都市教育委員会,各都道府県知事,各国公私立大学長及び各国公私立高等専門学校長あてに出しているので,詳しくはそれを参照されたい。その書き出しは,次のようになっている。

「学校が保有する個人情報については,個人情報の保護に関する関係法令及び各地方公共団体の条例等に基づき,適正な取扱いの確保に努めていただいているところですが,昨今,新聞報道等で,学校から持ち出された個人情報の漏えい事案が多く報じられています。

最近の傾向として,職員が許可無く職務上取り扱う個人情報を持ち出し,個人所有のパソコンを利用したことにより,ファイル交換ソフト等を介して流出するという事案が多く発生しています。

各位におかれては,学校における個人情報漏えい等の防止のため,既に諸々対策を講じられていることと思われますが,別添参考資料に示す<1>個人情報等の持出し,<2>学校外で利用するパソコンのセキュリティー,<3>ファイル交換ソフトへの対策を参考にして,個人情報の漏えい等の防止について適切に対応されるようお願いいたします。

なお,都道府県教育委員会及び都道府県知事におかれては,域内の市町村教育委員会,所管の学校及び所轄の私立学校等に対してご周知くださるようお願いします。

-
本編目次   前頁 前頁   次頁 次頁