本編目次 | 前ページ| 次ページ



第2部 青少年を対象とする調査の結果

第1章 調査実施の概要

2 学校生活

(1) 学校生活への満足度

(調査票A)

Q4 〔カード1〕あなたは,今の学校での生活が楽しいですか。この中から一つだけ選んでください。


図2-1-8  <CSVデータ>

小学4年生〜小学6年生及び中学生別に学校が楽しい生徒の割合を前回調査と比較して示したグラフ

調査対象となった青少年のうち,小学4年生〜中学3年生に学校での生活が楽しいかを聞いた結果が,図2-1-8である。

小学4〜6年生では,「とても楽しい」が37.8%,「楽しい」が54.6%で,合わせると『楽しい』という回答は92.4%に達している。中学生では,「とても楽しい」が34.8%,「楽しい」が54.4%で,合わせると『楽しい』という回答は89.2%となっている。

前回調査と比較すると,小学4〜6年生,中学生ともに,『楽しい』という回答の比率はほとんど変化していない。

性別にみると,小学4〜6年生,中学生ともに『楽しい』という回答に差はみられない。(図2-1-9)


図2-1-9 学校生活への満足度(男女別(9〜14歳の青少年))  <CSVデータ>

小学4年生〜小学6年生及び中学生の男女別に学校が楽しい生徒の割合を示したグラフ

(調査票C)

【Q5〜Q10はQ3で1と答えた,学校へ行っている人に】


Q5 〔カード2〕あなたは,現在の学校生活にどのくらい満足していますか。この中から一つだけ選んでください。


図2-1-10  <CSVデータ>

学校種別に15〜24歳の学校生活への満足度の構成比を示したグラフ

調査対象となった15〜24歳の在学者に現在の学校生活にどのくらい満足しているかを質問した結果は,図2-1-10のとおりである。

高等学校在学者では,「満足である」が29.9%,「まあ満足である」が54.5%,合わせると『満足』という回答は84.3%に達している。短期大学・高専・専門学校在学者は「満足である」が31.3%,「まあ満足である」が51.9%,合わせると『満足』という回答は83.2%。大学・大学院在学者は「満足である」が29.0%,「まあ満足である」が57.1%,合わせると『満足』という回答は86.1%となっている。また,進学予備校・その他の学校在学者は該当者が10人と少なくなっている。

前回調査と比較すると,高等学校から大学・大学院まで各学校の種別ごとの『満足』という比率にほとんど変化はみられない。

性別にみると,短期大学・高専・専門学校在学者の『満足』という回答は,女子の90.1%が男子の72.0%を18ポイント上回っている。(図2-1-11)


図2-1-11 学校生活への満足度(男女別(15〜24歳の青少年))  <CSVデータ>

学校種別及び男女別に15〜24歳の学校生活への満足度の構成比を示したグラフ

(2) 学校生活に関する不満

ア 学校生活で嫌なこと

(調査票A)

Q5 〔カード2〕あなたは,今の学校の生活で,何か困ったことや嫌なことはありますか。この中で当てはまるものがあれば,いくつでもあげてください。(M.A.)


図2-1-12  <CSVデータ>

小学4年生〜小学6年生及び中学3年生別に学校生活での悩みの構成比を前回調査と比較して示したグラフ

調査対象となった9〜14歳の青少年に,学校生活での困ったことや嫌なことを選択肢の中からいくつでも挙げてもらった結果は,図2-1-12のとおりである。

小学4〜6年生では,「運動がにがて」(13.2%),「勉強がよくわからない」(12.5%),「きらいな先生がいる」(10.0%),「成績がなかなか上がらない」(8.9%)が1割前後の比率で挙げられている。中学生では,「成績がなかなか上がらない」が24.3%で最も多く,次いで,「きらいな先生がいる」(16.8%),「勉強がよくわからない」(16.1%),「運動がにがて」(10.0%)と続いている。また,「特にいやなことはない」は小学4〜6年生の56.4%,中学生の45.3%となっている。

前回調査と比較すると,今回調査は「特にいやなことはない」の比率が,小学4〜6年生で5ポイント,中学生で4ポイント減少し,その分,「きらいな先生がいる」「勉強がよくわからない」「成績がなかなか上がらない」などが,わずかながら増加している。

性別にみると,小学4〜6年生の男子は「勉強がよくわからない」(13.1%)が最も多いが,小学4〜6年生の女子では「運動がにがて」(15.8%)を挙げる人が最も多くなっている。中学生では,男女とも1位に挙げられているのは「成績がなかなか上がらない」であるが,その比率は女子(26.2%)が男子(22.5%)よりやや多くなっている。また,中学生では,すべての項目で女子の比率が男子を上回っている。そのため,「特にいやなことはない」者は,女子(37.8%)が男子(52.5%)より15ポイント少なくなっている。(表2-1-1)


表2-1-1 学校生活で嫌なこと(男女別(9〜14歳の青少年))  <CSVデータ>

(%)
順位
調査対象者
n 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10    
男子 小学4〜6年生 535 勉強がよくわからない 成績がなかなか上がらない きらいな先生がいる 運動がにがて 友だちにいじめられる クラスの他の子とのつきあいがつらい クラブ活動や部活動がつまらない 仲のよい友だちがいない その他 特にいやなことはない 回答計
2.6
学校の規則がきびしすぎる
13.1 11.4 10.7 10.3 3.0 2.6 1.7 0.9 0.4 55.9 112.5
中学生 591 成績がなかなか上がらない きらいな先生がいる 勉強がよくわからない 学校の規則がきびしすぎる 運動がにがて クラブ活動や部活動がつまらない クラスの他の子とのつきあいがつらい 仲のよい友だちがいない 友だちにいじめられる その他 特にいやなことはない 回答計
22.5 14.6 13.0 7.8 5.2 4.7 1.4 0.8 0.3 - 52.5 122.8
女子 小学4〜6年生 581 運動がにがて 勉強がよくわからない きらいな先生がいる 成績がなかなか上がらない クラブ活動や部活動がつまらない クラスの他の子とのつきあいがつらい 友だちにいじめられる 仲のよい友だちがいない その他 特にいやなことはない 回答計
2.8
学校の規則がきびしすぎる
15.8 11.9 9.5 6.5 3.3 2.8 2.2 1.7 1.0 56.8 114.3
中学生 564 成績がなかなか上がらない 勉強がよくわからない きらいな先生がいる 運動がにがて 学校の規則がきびしすぎる クラブ活動や部活動がつまらない クラスの他の子とのつきあいがつらい 仲のよい友だちがいない 友だちにいじめられる その他 特にいやなことはない 回答計
26.2 19.3 19.1 15.1 14.5 6.0 5.5 2.1 0.7 0.5 37.8 147.0
イ 学校生活に関する不満

(調査票C)

Q6 〔カード3〕あなたは,今の学校生活に関して,何か不満なことがありますか。この中から当てはまるものをいくつでもあげてください。(M.A.)


図2-1-13  <CSVデータ>

15歳〜24歳の年齢階級別に学校生活での悩みの構成比を前回調査と比較して示したグラフ

調査対象となった15〜24歳の青少年に,学校生活に関する不満を選択肢の中からいくつでも挙げてもらった結果が,図2-1-13である。

15〜17歳では,「学校の規則のこと」(28.0%)が最も多く,「授業の内容ややり方・進み方のこと」(21.3%),「先生のこと」(21.1%),「自分の成績のこと」(18.7%)と続いている。18〜21歳では,「授業の内容ややり方・進み方のこと」(26.4%)が最も多く,「施設や設備のこと」(15.6%),「自分の成績のこと」(14.4%),「先生のこと」(12.1%),「学校の規則のこと」(11.3%)と続いている。22〜24歳では,「授業の内容ややり方・進み方のこと」(40.3%)が最も多く,「先生のこと」(19.4%),「施設や設備のこと」(16.4%)と続いている。また,「特に不満はない」は15〜17歳で34.8%,18〜21歳で40.3%,22〜24歳で31.3%となっている。

前回調査と比較すると,15〜17歳で「先生のこと」が前回より8ポイント増加している。また,22〜24歳では「施設や設備のこと」が17ポイント減少し,「先生のこと」が16ポイント増加している。

性別にみると,15〜17歳では男女とも「学校の規則のこと」が1位に挙げられている。18〜21歳と22〜24歳では男女とも「授業の内容ややり方・進み方のこと」が1位に挙げられている。また,22〜24歳の「先生のこと」(男子16.7%,女子24.0%),「施設や設備のこと」(同11.9%,24.0%),「友だちのこと」(同2.4%,16.0%)では,いずれも女子の比率が男子よりも高くなっている。(表2-1-2)


表2-1-2 学校生活に関する不満(男女別(15〜24歳の青少年))  <CSVデータ>

順位
調査対象者
n 1 2 3 4 5 6 7 8 9    
男子 15〜17歳 268 学校の規則のこと 授業の内容ややり方・進み方のこと 先生のこと 自分の成績のこと 施設や設備のこと 自分の学校の評判に関すること 部活動,クラブ活動やサークル活動 友だちのこと その他 特に不満はない 回答計
23.9 20.5 19.8 15.7 13.8 5.6 5.2 3.7 0.7 37.3 146.3
18〜21歳 208 授業の内容ややり方・進み方のこと 施設や設備のこと 自分の成績のこと 先生のこと 学校の規則のこと 友だちのこと 自分の学校の評判に関すること 部活動,クラブ活動やサークル活動 その他 特に不満はない 回答計
26.0 17.8 16.8 13.5 10.1 7.7 3.4 2.9 1.4 37.5 137.0
22〜24歳 42 授業の内容ややり方・進み方のこと 先生のこと 施設や設備のこと 自分の学校の評判に関すること 学校の規則のこと 友だちのこと その他 特に不満はない 回答計
4.8 2.4
自分の成績のこと 部活動,クラブ活動やサークル活動
40.5 16.7 11.9 9.5 4.8 2.4 7.1 35.7 135.7
女子 15〜17歳 272 学校の規則のこと 先生のこと 授業の内容ややり方・進み方のこと 自分の成績のこと 施設や設備のこと 友だちのこと 部活動,クラブ活動やサークル活動 自分の学校の評判に関すること その他 特に不満はない 回答計
32.0 22.4 22.1 21.7 12.5 8.8 5.5 4.4 1.5 32.4 163.2
18〜21歳 189 授業の内容ややり方・進み方のこと 施設や設備のこと 学校の規則のこと 自分の成績のこと 先生のこと 友だちのこと 部活動,クラブ活動やサークル活動 自分の学校の評判に関すること 特に不満はない 回答計
2.1
その他
27.0 13.2 12.7 11.6 10.6 4.8 2.6 2.1 43.4 130.2
22〜24歳 25 授業の内容ややり方・進み方のこと 施設や設備のこと 友だちのこと 学校の規則のこと 部活動,クラブ活動やサークル活動 特に不満はない 回答計
-
24.0 8.0 自分の成績のこと
先生のこと 自分の学校の評判に関すること -
その他
40.0 24.0 16.0 8.0 - 24.0 144.0

(3) 部活動・生徒会活動への参加状況

ア 部活動の参加状況

(調査票A)

【Q3で4,5,6と答えた,中学生の人に】


Q6 〔カード3〕あなたは,放課後の部活動に入っていますか。この中で当てはまるものをいくつでもあげてください。(M.A.)


(調査票C)


Q7 〔カード4〕あなたは,学校関係の部活動やサークル活動に参加していますか。この中で当てはまるものをいくつでもあげてください。(M.A.)


図2-1-14  <CSVデータ>

学校種別に中学生から24歳までの在学者の部活動参加状況の構成比を示したグラフ

調査対象となった青少年のうち中学生と15〜24歳の在学者に,部活動の参加状況を聞いた結果が,図2-1-14である。

前回調査と比較すると,中学生では「入っていない」が前回から5ポイント減少し,大学・大学院在学者で「入っていない」が8ポイント増加している。


イ 生徒会活動の参加状況

(調査票A)

【全員の人に】


Q7 〔カード4〕あなたは,児童会活動や生徒会活動に参加していますか。

(調査票C)


Q8 〔カード5〕あなたは,生徒会活動または学生自治会活動に参加していますか。この中から一つ選んでください。


図2-1-15  <CSVデータ>

学校種別に児童会及び生徒会活動への参加状況の構成比を示したグラフ

調査対象となった青少年のうち学校に在学している者に,児童会活動,生徒会活動,学生自治会活動への参加状況を聞いた結果が,図2-1-15である。

「積極的に活動している」は小学4〜6年生の27.2%から学校が上がるほど減少していき,大学・大学院在学者では2.9%となっている。

性別にみると,小学4〜6年生から大学・大学院在学者まですべての学校種別で,「積極的に活動している」比率は,女子が男子をやや上回っている。(図2-1-16)


図2-1-16 児童会・生徒会活動等への参加(男女別)  <CSVデータ>

学校種別及び男女別に児童会及び生徒会活動への参加状況の構成比を示したグラフ


このページの上へ

本編目次 | 前ページ| 次ページ