本編目次 | 前ページ| 次ページ



第2部 青少年を対象とする調査の結果

第1章 調査実施の概要

3 学習と進学

(1) 勉強時間

(調査票A)

Q8 〔カード5〕あなたは,ふだん,学校以外で,一日に何時間くらい勉強していますか。この中から一つ選んでください。学習塾に行っている人は,そこでの勉強時間も入れてください。


(調査票C)


Q9 〔カード6〕あなたは,ふだん,学校以外で,一日に何時間くらい勉強していますか。この中から一つ選んでください。進学塾などに行っている人は,そこでの勉強時間も入れてください。


図2-1-17  <CSVデータ>

学校種別に学校以外での1日の勉強時間の構成比を前回調査と比較して示したグラフ

調査対象となった青少年のうち学校に在学している者に,ふだん,学校以外で一日に何時間くらい勉強しているかを質問した結果は,図2-1-17のとおりである。

「ほとんどしていない」は小学4〜6年生の16.4%から学校が上がるほど増加していき大学・大学院在学者では47.5%となっている。

前回調査と比較すると,小学4〜6年生から大学・大学院在学者まですべての学校種別で「ほとんどしていない」の比率は,前回より増加している。特に,高等学校と大学・大学院で前回より9ポイント増加している。

性別にみると,小学4〜6年生,中学生,短期大学・高専・専門学校在学者,大学・大学院在学者では「ほとんどしていない」の比率は男子が女子を上回っている。(図2-1-18)


図2-1-18 勉強時間(男女別)  <CSVデータ>

学校種別及び男女別に1日の勉強時間の構成比を示したグラフ

(2) 進学希望

(調査票A)

Q9 〔カード6〕あなたは,将来どの学校まで進みたいですか。この中から一つ選んでください。


(調査票C)


Q10 〔カード7〕あなたは,将来どの学校まで進みたいですか。この中から一つ選んでください。


図2-1-19  <CSVデータ>

学校種別に在学者が望む最終学歴の構成比を前回調査と比較して示したグラフ

調査対象となった青少年のうち学校に在学している者に,将来どの学校まで進みたいかを質問した結果は,図2-1-19のとおりである。

小学4〜6年生では「大学まで」(33.9%)と「高等学校まで」(32.4%)が多く,中学生では「大学まで」(42.3%)が,高校生では「大学まで」(44.0%)が,それぞれ最も多くなっている。短期大学・高専・専門学校在学者と大学・大学院在学者は現在在学している学校段階までと考えている者が最も多くなっている。

前回調査と比較すると,大学・大学院在学者では「大学まで」が前回より9ポイント減少し,「大学院まで」が5ポイント増加している。

性別にみると,「大学まで」と考えている者は,男子中学生(49.6%)と男子高校生(47.3%)に多く,女子中学生(34.6%)や女子高校生(40.6%)を上回っている。また,大学・大学院在学者では,男子の27.3%が「大学院まで」と考えており,女子の11.6%を16ポイント上回っている。(図2-1-20)


図2-1-20 進学希望(男女別)  <CSVデータ>

学校種別及び男女別に在学者が望む最終学歴の構成比を示したグラフ

(3) 勉強は得意か

(調査票A)

Q10 〔カード7〕あなたは,勉強が得意なほうですか,苦手(にがて)なほうですか。この中から一つ選んでください。


(調査票C)


【Q4-aで2と答えた,高校在学中の人に】


Q11 〔カード8〕あなたは,勉強が得意な方ですか。苦手(にがて)な方ですか。この中から一つ選んでください。


図2-1-21  <CSVデータ>

小学4年生〜小学6年生、中学生、高校生別に勉強が得意な者の構成比を前回調査と比較して示したグラフ

調査対象となった青少年のうち小学4年生〜高校3年生に,勉強が得意な方かどうか質問した結果は,図2-1-21のとおりである。

小学4〜6年生,中学生,高校生ともに「普通」が最も多くなっている。「とてもとくい(得意な方)」と「とくいなほう(どちらかといえば得意な方)」を合わせた『得意』は,小学4〜6年生で19.7%,中学生で15.3%,高校生で13.2%と学校段階が上がるに従って減少している。一方,「とてもにがて(苦手な方)」と「にがてなほう(どちらかといえば苦手な方)」を合わせた『苦手』は,小学4〜6年生で22.4%,中学生で38.4%,高校生で37.6%となっている。

前回調査と比較すると,小学4〜6年生(前回64.7%,今回57.9%),中学生(同55.2%,46.3%),高校生(同55.7%,47.7%)ともに「普通」の比率が減少し,『苦手』の比率が増加(小学4〜6年生7ポイント,中学生8ポイント,高校生3ポイント)している。

性別にみると,大きな差はみられないが,『得意』という人は小学4〜6年生(男子22.3%,女子17.4%),中学生(同16.7%,13.6%),高校生(同15.4%,10.7%)ともに男子にやや多くなっている。(図2-1-22)


図2-1-22 勉強は得意か(男女別(小学4年生〜高校生))  <CSVデータ>

小学4年生〜小学6年生、中学生、高校生の男女別に勉強が得意な者の構成比を示したグラフ


このページの上へ

本編目次 | 前ページ| 次ページ