本編目次 | 前ページ| 次ページ



第2部 青少年を対象とする調査の結果

第3章 職業関係

1 職業関係

(1) 就労状況

(調査票C)

Q24 〔カード21〕あなたは,現在,この中ではどれに当てはまりますか。一つだけ選んでください。


図2-3-1  <CSVデータ>

15歳〜24歳の年齢階級別に就業状況の構成比を示したグラフ

調査対象となった15〜24歳の青少年1,675人の年齢区分別の就業状況は,図2-3-1のとおりである。

それを性別にみたものが,図2-3-2である。


図2-3-2 就労状況(男女別(15〜24歳の青少年))  <CSVデータ>

15歳〜24歳の年齢階級別及び男女別に就業状況の構成比を示したグラフ

(2) 希望職種

(調査票C)

【Q24で7,8,9と答えた,就労していない人に】


Q25 あなたは将来どんな職業に就きたいと思っていますか。

(具体的に記入した上,調査員が以下のいずれかに分類)


図2-3-3  <CSVデータ>

15歳〜24歳の年齢階級別に希望する将来の職業の構成比を前回調査と比較して示したグラフ

調査対象となった15〜24歳の青少年のうち就労していない1,154人に,将来どんな職業につきたいかを自由に回答してもらい分類したものが,図2-3-3である。

年齢区分別の上位3項目は,15〜17歳が第1位「プログラマー,建築士,技術者,通訳など」(8.1%),第2位「看護婦(士),保母(夫)など」(7.7%),第3位「会社員」(6.0%),18〜21歳が第1位「プログラマー,建築士,技術者,通訳など」(11.9%),第2位「会社員」(8.6%),第3位「看護婦(士),保母(夫)など」(7.7%),22〜24歳が第1位「会社員」(14.3%),第2位「プログラマー,建築士,技術者,通訳など」(8.4%),第3位「医者など」(5.0%)となっている。また,「まだわからない」と回答した者は,15〜17歳で32.8%,18〜21歳で22.7%,22〜24歳で20.2%となっている。

前回調査と比較すると,各年齢区分とも,「会社員」と「公務員」の比率が前回よりやや減少している。


(3) 現在の職業

(調査票C)

【Q24で1〜6と答えた,就労している人に】


Q26 〔カード22〕あなたは,どのような仕事をなさっていますか。この中から一つ選んでください。


図2-3-4  <CSVデータ>

15歳〜24歳の年齢階級別に職種の構成比を前回調査と比較して示したグラフ

調査対象となった15〜24歳の青少年のうち就労している565人の現在の職種及び前回調査661人の職種は,図2-3-4のとおりである。なお,15〜17歳の該当者は11人と少なくなっている。

また,現在の職種を性別にみたものが,図2-3-5である。


図2-3-5 現在の職業(男女別(15〜24歳の青少年))  <CSVデータ>

15歳〜24歳の年齢階級別及び男女別に職種の構成比を示したグラフ


このページの上へ

本編目次 | 前ページ| 次ページ