本編目次 | 前ページ| 次ページ



第3部 青少年の親を対象とする調査の結果

第1章 調査対象者の家族の状況

3 世帯の状況

(1) 世帯構成

調査対象となった小学4年生〜中学3年生の子どもを持つ親の世帯構成は,図3-1-4のとおりである。

「親同居世帯」が64.4%,「親・祖父母同居世帯」が35.6%となっており,前回調査とほとんど変化していない。


<世帯状況は,調査票A(調査対象者:小学4年生〜中学3年生)のQ11でペアとなった子どもが選ぶ選択肢に基づき,次表のとおりに分類した。>


選択肢 1 お父さん 2 お母さん 3 きょうだい 4 おじいさん 5 おばあさん 6 その他の人 7 NA
区分
親同居世帯 ○ or ○ × × ×
親・祖父母同居世帯 ○ or ○ ○ or ○ ×
その他の世帯 × ×

(注)

○は、該当者がいることを表す。

△は、該当者がいてもいなくてもどちらでもよいことを表す。

×は、該当者がいないことを表す。


図3-1-4 世帯構成(父母別)  <CSVデータ>

親の世帯構成を前回調査と比較して示したグラフ

(2)生活程度

(調査票B)

Q29 〔カード27〕お宅の生活程度は世間一般から見て,この中のどれに当たると思いますか。この中から一つ選んでください。


図3-1-5  <CSVデータ>

家の生活程度の構成比を前回調査と比較して示したグラフ

調査対象となった小学4年生〜中学3年生の子どもを持つ親に,生活程度を質問した結果は,図3-1-5のとおりである。

「中の中」が67.3%を占めて最も多くなっており,前回調査とほとんど変化はみられない。



このページの上へ

本編目次 | 前ページ| 次ページ