本編目次 | 前ページ| 次ページ



第3部 青少年の親を対象とする調査の結果

第6章 学校や地域社会とのかかわり

2 地域等の活動への参加

(1) 参加状況

(調査票B)

Q17 〔カード17〕あなたは,最近1年間,自分が住んでいる地域で,次のような活動に参加したり,行動をしたことがありますか。この中から,参加したり,行ったりしたことがあるものを,いくつでも挙げてください。(M.A.)


図3-6-5  <CSVデータ>

親が地域で参加及び活動したものの構成比を示したグラフ

調査対象となった小学4年生〜中学3年生の親に,最近1年間,自分が住んでいる地域で,参加したり,行動をしたことがある活動を選択肢の中からいくつでも選んでもらった結果は,図3-6-5のとおりである。

「地域のお祭り」が56.4%で最も多く,次いで,「地域の清掃や防災などの活動」(48.9%),「地域のスポーツやレクリエーションの大会」(44.9%),「募金,献血」(27.6%),「地域の子どもたちの指導や世話」(23.3%),「公民館・児童館などの講座や催し」(20.7%)などの順となっている。

前回調査と比較すると,順位の変動はみられないが,「地域のお祭り」が前回から6ポイント増加し,「募金,献血」が前回から12ポイント減少している。

父母別にみると,「地域のお祭り」は小学4〜6年生の母親が68.3%に達しているのをはじめ,「地域のスポーツやレクリエーションの大会」を除くすべての項目で,小学4〜6年生の母親の参加率が父親や中学生の母親よりも高くなっている。(図3-6-6)


図3-6-6 地域等の活動への参加(父母別)  <CSVデータ>

小学4年生〜小学6年生及び中学生の父母別に地域で参加及び活動したものの構成比を示したグラフ

(2) 参加意向

(調査票B)

Q18 〔カード18〕あなたは,多少時間的な余裕があるとして,地域で地域の子どもたちと何か一緒にやる行事や活動があれば,子どもたちと一緒になってやってみたいと思いますか。この中から一つ選んでください。


図3-6-7  <CSVデータ>

地域の子どもたちとの行事や活動に対する親の認識の構成比を示したグラフ

調査対象となった小学4年生〜中学3年生の親に,地域での行事や活動に地域の子どもたちと一緒になってやってみたいと思うかどうか聞いたところ,図3-6-7のとおりである。

「ぜひ一緒にやりたい」が21.4%,「時々ならやりたい」が60.7%で,『やりたい』という参加意向のある回答は82.1%となっている。

父母別にみると,父親の『やりたい』という参加意向は80.6%,母親は83.4%で,参加意向の差はみられない。(図3-6-8)


図3-6-8 親子の接触時間(父母別)  <CSVデータ>

父母別に地域の子どもたちとの行事や活動に対する親の認識の構成比を示したグラフ


このページの上へ

本編目次 | 前ページ| 次ページ