本編目次 | 前ページ| 次ページ



第V部 資料

標本抽出方法

1 標本抽出方法

(1)9〜14歳の青少年(調査票A)

母集団:全国の市区町村に居住する平成12年4月1日現在満9〜14歳の者

標本数:3,000人

地点数:332市町村 400地点

抽出方法:層化二段無作為抽出法


[層化]


1. 全国の市町村を都道府県を単位として次の11地区に分類した。

(地区)


北海道地区=北海道

東北地区=青森県,岩手県,宮城県,秋田県,山形県,福島県

関東地区=茨城県,栃木県,群馬県,埼玉県,千葉県,東京都,神奈川県

北陸地区=新潟県,富山県,石川県,福井県

東山地区=山梨県,長野県,岐阜県

東海地区=静岡県,愛知県,三重県

近畿地区=滋賀県,京都府,大阪府,兵庫県,奈良県,和歌山県

中国地区=鳥取県,島根県,岡山県,広島県,山口県

四国地区=徳島県,香川県,愛媛県,高知県

北九州地区=福岡県,佐賀県,長崎県,大分県

南九州地区=熊本県,宮崎県,鹿児島県,沖縄県


2. 各地区においては,さらに都市規模によって次のように分類した。

○ 大都市(各都市ごとに分類)

(東京都区部,札幌市,仙台市,千葉市,横浜市,川崎市,名古屋市,京都市,大阪市,神戸市,広島市,北九州市,福岡市)

○ 人口10万人以上の都市

○ 人口10万人未満の都市

○ 町村


(注)ここでいう都市とは,平成11年4月1日現在による市政施行の地域である。

また,人口による都市規模の分類は,平成11年3月31日現在住民基本台帳に基づく「全国人口・世帯数表人口動態表」(自治省行政局編)によった。


[標本数の配分及び調査地点数の決定]


地区・都市規模別各層における推定母集団数(平成11年3月31日現在の9〜14歳人口)の大きさにより3,000の標本数を比例配分し,各調査地点の標本数が5〜9になるように調査地点数を決めた。


[抽出]


1. 第1次抽出単位となる調査地点として,平成7年国勢調査時に設定された調査区を使用した。

2. 調査地点(調査区)の抽出は,調査地点数が2地点以上割り当てられた層については,

抽出間隔=層における国勢調査時の人口(計)/層で算出された調査地点数

を算出し,等間隔抽出法によって抽出した。また,層内での調査地点数が1地点の場合には,乱数表により無作為に抽出した。


3. 抽出に際しての各層内における市区町村の配列順序は,平成7年国勢調査時の,市区町村コードに従った。

4. 調査地点における対象者は,住民基本台帳より等間隔抽出法によって抽出した。


<結果>


以上抽出作業の結果得られた地区別標本数・調査地点数は次のとおり。

地区・都市規模別・標本数及び地点数


(注) ( )内は地点数


東京都区部 139(22) 川崎市 24( 4) 広島市 27( 4)
札幌市 42( 6) 名古屋市 46( 6) 北九州市 23( 3)
仙台市 23( 4) 京都市 29( 4) 福岡市 30( 4)
千葉市 19( 3) 大阪市 48( 7)    
横浜市 71(10) 神戸市 34( 5)    

  都市規模 大都市 人口10万人以上の市 人口10万人未満の市 町村
地域  
北海道 42( 6) 40( 5) 22( 3) 33( 4) 137(18)
東北 23( 4) 77(10) 60( 7) 94(11) 254(32)
関東 253(39) 356(51) 136(18) 131(17) 876(125)
北陸   50( 7) 41( 5) 47( 6) 138(18)
東山   42( 5) 35( 4) 51( 6) 128(15)
東海 46( 6) 136(18) 58( 8) 64( 8) 304(40)
304(40)
近畿 111(16) 214(29) 79(11) 73( 9) 477(65)
中国 27( 4) 75(10) 38( 5) 49( 6) 189(25)
四国   40( 5) 24( 3) 38( 5) 102(13)
北九州 53( 7) 48( 6) 54( 7) 66( 8) 221(28)
南九州   66( 8) 41( 5) 67( 8) 174(21)
555(82) 1,144(154) 588(76) 713(88) 3,000(400)

(2) 15〜23歳の青少年(調査票C)

標本数:3,000人


[標本数の配分]


Aで抽出した調査地点に,地区・都市規模別各層における推定母集団数(平成11年3月31日現在の15〜23歳人口)の大きさにより3,000の標本数を比例配分した。


[抽出]


調査地点における対象者は,住民基本台帳より等間隔抽出法によって抽出した。


<結果<


以上抽出作業の結果得られた地区別標本数・調査地点数は次のとおり。

地区・都市規模別・標本数及び地点数


(注) ( )内は地点数


東京都区部 181(22) 川崎市 29( 4) 広島市 28( 4)
札幌市 47( 6) 名古屋市 49( 6) 北九州市 24( 3)
仙台市 28( 4) 京都市 35( 4) 福岡市 35( 4)
千葉市 22( 3) 大阪市 55( 7)    
横浜市 79(10) 神戸市 35( 5)    

  都市規模 大都市 人口10万人以上の市 人口10万人未満の市 町村
地域  
北海道 47( 6) 40( 5) 21( 3) 27( 4) 135( 18)
東北 28( 4) 69(10) 51( 7) 77(11) 225( 32)
関東 311(39) 400(51) 137(18) 123(17) 971(125)
北陸   50( 7) 37( 5) 41( 6) 128( 18)
東山   41( 5) 32( 4) 45( 6) 118( 15)
東海 49( 6) 133(18) 56( 8) 59( 8) 297( 40)
近畿 105(16) 227(29) 80(11) 67( 9) 499( 65)
中国 28( 4) 74(10) 34( 5) 43( 6) 179( 25)
四国   39( 5) 21( 3) 34( 5) 94( 13)
北九州 59( 7) 46( 6) 48( 7) 57( 8) 210( 28)
南九州   60( 8) 32( 5) 52( 8) 144( 21)
647(82) 1,179(154) 549(76) 625(88) 3,000(400)

(3) 9〜14歳の青少年の親(調査票B)

標本数:1,500人


[抽出]


9〜14歳の子供の抽出の際に,その子供の親を同時に抽出した。抽出は性別の指定をし,父親又は母親のどちらかについてのみ行った。ただし,親の抽出は抽出された子供に対して1人おきとし,標本数は子供の半数となっている。


<結果>


以上抽出作業の結果得られた地区別標本数・調査地点数は次のとおり。

地区・都市規模別・標本数及び地点数


(注) ( )内は地点数


東京都区部 70(22) 川崎市 12( 4) 広島市 13( 4)
札幌市 21( 6) 名古屋市 23( 6) 北九州市 11( 3)
仙台市 11( 4) 京都市 14( 4) 福岡市 15( 4)
千葉市 9( 3) 大阪市 24( 7)    
横浜市 35(10) 神戸市 17( 5)    

  都市規模 大都市 人口10万人以上の市 人口10万人未満の市 町村
地域  
北海道 21( 6) 20( 5) 11( 3) 17( 4) 69( 18)
東北 11( 4) 37(10) 30( 7) 49(11) 127( 32)
関東 126(39) 180(51) 67(18) 65(17) 438(125)
北陸   25( 7) 20( 5) 24( 6) 69( 18)
東山   22( 5) 17( 4) 25( 6) 64( 15)
東海 23( 6) 69(18) 28( 8) 32( 8) 152( 40)
近畿 55(16) 104(29) 42(11) 37( 9) 238( 65)
中国 13( 4) 38(10) 19( 5) 25( 6) 95( 25)
四国   20( 5) 12( 3) 19( 5) 51( 13)
北九州 26( 7) 24( 6) 28( 7) 32( 8) 110( 28)
南九州   34( 8) 21( 5) 32( 8) 87( 21)
275(82) 573(154) 295(76) 357(88) 1,500(400)

このページの上へ

本編目次 | 前ページ| 次ページ