困難を有する子供・若者を支援する人材の養成について

 平成22年4月に施行された「子供・若者育成支援推進法」では、困難を有する子供・若者の支援にあたって、「子ども・若者の住居その他の適切な場所において必要な相談、助言又は指導を行うこと」(法第15条第1項第1号)、また「国及び地方公共団体は、支援が適切に行われるよう、必要な知見を有する人材の養成及び資質の向上」等を図るために「必要な施策を講ずるよう努める」こと(法第18条)、と規定されています。

困難を有する子供・若者の相談・支援に関する研修

 内閣府では、困難を有する子供・若者の支援にあたる人材養成を目的とした研修を実施しています。

アウトリーチ(訪問支援)研修

 ひきこもり状態等の子供・若者は、自ら相談機関に出向くことの難しい場合が多く、支援者が直接的に支援する方法として、訪問支援(以下「アウトリーチ」という。)が有効とされており、内閣府では平成22年度から、アウトリーチに必要とされる知識・技法や、地域における関係機関との連携等、支援のコーディネート力を広く習得する研修として、「アウトリーチ(訪問支援)研修」を実施しています。

子供・若者育成支援に関するシンポジウム等

 行政関係者を含めた支援者、当事者やその家族さらには一般市民の皆様に対し、困難を有する子供・若者に関する有益な情報提供を目的としたシンポジウムを不定期に開催しています。

その他