-
青少年育成 サイトマップ
-

子ども・若者育成支援総合的推進青少年育成施策大綱目次 > 2.基本理念

-

青少年育成施策大綱

2 基本理念

 青少年育成施策は、以下の三点を基本理念として推進する。

1) 現在の生活の充実と将来への成長の両面を支援

青少年が、現在の生活を充実して送るとともに、将来に向かって、挑戦と試行錯誤の過程を経つつ、自己選択、自己責任、相互支援を担い、社会とのかかわりの中で自己実現を図る、社会的に自立した個人として成長するよう支援すること。

2) 大人社会の見直しと青少年の適応の両方が必要

大人が、青少年の問題は大人社会の問題の反映であることを踏まえ、青少年の健全な育成を図る上で望ましいものとなるよう大人社会の在り方についての見直しを行うとともに、青少年が、成長に応じて大人社会を理解し適応するという、大人と青少年双方の信頼と努力が必要であること。

3) すべての組織及び個人の取組が必要

青少年の健全な育成は、社会全体の責任であることを踏まえ、家庭、学校はもとより、職場、地域、民間団体等の社会を構成するすべての組織及び個人が、それぞれの役割及び責任を果たしつつ、相互に協力しながら取り組むことが必要であること。


目次  |   前ページ  |   次ページ

▲ このページの上へ

-

子ども・若者育成支援総合的推進青少年育成施策大綱目次 > 2.基本理念