参考資料目次参考資料目次    前頁前頁   次頁次頁


参考資料 > 3 > (3) > I > 1 国の取組

(3) 青少年を取り巻く環境の整備に関する指針−情報化社会の進展に対応して−

平成13年10月19日
青少年育成推進会議
申合せ

 最近,青少年を取り巻く環境は,情報化社会の進展に伴い,大きく変容している。こうした中,青少年が日常生活において接する各種メディア等が提供する情報等には有用なものも多く,青少年に良好な影響を与えていることは言うまでもないが,他方,性描写や暴力・残虐表現を含む情報等が青少年の人格形成に悪影響を及ぼしたり,性的な逸脱行為や残虐な行為を容認する風潮を助長したりするおそれがあるため,社会において十分な配慮がなされることが必要である。今後,インターネットの急速な普及などに伴いより一層青少年がこのような情報等に触れる機会が増大する可能性が考えられ,適切な対応が求められている。
 このため,青少年を取り巻く環境の整備という課題に,国,地方公共団体,関係業界団体等及び国民が一体となって取り組んでいくため,国が取り組む事項,国から地方公共団体へ要請する事項及び国から関係業界団体等へ要請する事項についての指針を取りまとめる。
 なお,言論,出版その他一切の表現の自由を尊重することは,この指針を取りまとめるに当たっての前提である。

I 基本的方針

1 国の取組
 各強調月間等を効果的に実施し,これらを通じて有害環境浄化の地域活動が一層強化されるよう,国民の意識啓発を行う。
 また,青少年を取り巻く環境の整備に関する調査研究を実施し,性描写や暴力・残虐表現を含む情報等が青少年の感情・行動に与える影響等についての研究結果の収集及び活用を図るとともに,各関係業界における自主規制の実効性を担保するため,第三者による調査等を支援する。
 さらに,メディア・リテラシー向上のための教育の推進,法令に基づく取締りの促進及び関係業界団体等との意見交換の実施に努める。


参考資料目次参考資料目次    前頁前頁   次頁次頁