本編目次  前頁前頁  次頁次頁
-
-
第5章 推進体制
第1節 青少年に関する実態等の把握,知見の集積と共有

1 調査研究(内閣府)

社会全体で青少年の育成への取組が適切に推進されるようにするためには,青少年の実態,意識,問題点等青少年の現状について把握し,広く国民の間で事実認識を共有することが重要である。

内閣府では,青少年に関する調査研究を実施しており,調査研究の結果については,広く国民の間で積極的に活用されるようホームページ等で公開している。

2 調査データ等の共有・活用のための環境整備(内閣府,総務省)

総務省では,新たな「統計法」(平19法53)に基づき,平成21年度から統計データの二次利用制度を適切に運用するため,政省令やガイドライン等の整備を行った。

▲このページの上へ

-
本編目次    前頁前頁  次頁次頁