概要目次  前頁前頁  次頁次頁
-
-

第1部 子ども・若者の現状

第1章 子ども・若者の成育環境

第1節 子ども・若者の近年の状況

(子ども・若者人口)

平成21年10月1日の我が国の総人口は1億2,751万人である。

このうち,「子ども・若者ビジョン」(平成22年7月決定)でいう子ども・若者(0〜29歳)の人口は,3,750万5,000人で,総人口の29.4%を占めている。

子ども・若者人口及び総人口に占めるその割合は,昭和50年以降ほぼ一貫して減少している(図表1)。

図表1 子ども・若者人口及び総人口に占める子ども・若者人口の割合の推移
図表1 子ども・若者人口及び総人口に占める子ども・若者人口の割合の推移

(出生・婚姻)

出生数は,平成3年からは増減を繰り返していたが,平成13年以降は5年連続で減少した。平成18年からは再び増減を繰り返しており,平成21年は前年から減少し107万35人となった。

合計特殊出生率は,昭和50年代からは低下傾向が続いていたが,平成18年からは3年連続上昇し,平成21年は前年と同率の1.37となった。(図表2)。

図表2 出生数及び合計特殊出生率の年次推移
図表2 出生数及び合計特殊出生率の年次推移

我が国における平均初婚年齢は,平成21年では,夫30.4歳,妻28.6歳となっている。夫婦とも上昇傾向にある。夫婦の平均初婚年齢の差は縮小傾向にある。

第2節 子ども・若者の教育

(学校教育人口)

義務教育課程の児童生徒数は,昭和57年度をピークに減少し続けており,平成21年度は1,067万6,000人となっている。

高等学校教育課程の生徒数は,平成元年度に過去最高となったが,その後は減少し続けており,平成21年度は335万5,000人となっている。

また,高等教育課程(高等専門学校,短期大学及び大学)の学生数についてみると,昭和60年度以降増加し続けたが,平成11年度以降減少傾向になり,平成21年度は306万6,000人となっている(図表3)。

図表3 教育種別在学者数の推移
図表3 教育種別在学者数の推移

(進学率)

大学・短期大学への進学率(過年度高卒者等を含む)は,平成17年度に50%を超え,平成21年度は56.2%となった。

かつて女子の進学率が男子を上回っていたが,平成12年度に逆転して以降,男子の進学率の方が高くなっている(図表4)。

図表4 大学・短期大学への進学率の推移
図表4 大学・短期大学への進学率の推移

(特別支援教育)

平成21年度,特別支援学校で教育を受けている幼児児童生徒数は11万7,000人,特別支援学級で教育を受けている児童生徒数は13万5,000人,通級による指導を受けている児童生徒数は5万4,000人であり,合計すると30万6,000人となる。

このうち義務教育段階の児童生徒数は25万1,000人であり,同じ年齢段階にある児童生徒全体の2.3%に当たる(図表5)。

図表5 特別支援教育を受けている幼児児童生徒数
図表5 特別支援教育を受けている幼児児童生徒数
図表5 特別支援教育を受けている幼児児童生徒数

(いじめの状況)

平成21年度間の国・公・私立の小・中・高等学校及び特別支援学校におけるいじめの認知件数は,7万2,778件(小学校3万4,766件,中学校3万2,111件,高等学校5,642件,特別支援学校259件)(図表6),いじめを認知した学校数の割合は37.9%となっている。

図表6 いじめの認知(発生)件数の推移
図表6 いじめの認知(発生)件数の推移

いじめの態様は,小・中・高等学校・特別支援学校の全てで「冷やかしやからかい,悪口や脅し文句,嫌なことを言われる。」が最も多くなっている(図表7)。

図表7 いじめの態様(平成21年度)
図表7 いじめの態様(平成21年度)

(不登校)

平成21年度間の国・公・私立の小・中学校における不登校児童生徒数は,12万2,432人(小学校2万2,327人,中学校10万105人),国・公・私立の高等学校における不登校生徒数は5万1,726人となっている(図表8)。

図表8 国・公・私立の小中高等学校における不登校児童生徒数の推移
図表8 国・公・私立の小中高等学校における不登校児童生徒数の推移

第3節 子ども・若者の体験活動

(子ども・若者の体験活動の現状)

「青少年の体験活動等と自立に関する実態調査」によると,「キャンプをしたこと」や「海や川で泳いだこと」等の自然体験について,ほとんどしたことがない子ども・若者が以前と比較して全般的に増加している(図表9)。

図表9 青少年の自然体験への取組状況(次の自然体験について「ほとんどしたことがない」割合)
図表9 青少年の自然体験への取組状況(次の自然体験について「ほとんどしたことがない」割合)

▲このページの上へ

-
概要目次  前頁前頁  次頁次頁