前頁 次頁

第1部 子ども・若者の現状

第2章 子ども・若者の社会生活

第4節 若年無業者,ひきこもり,フリーター等の状況

1 フリーター,若年無業者の状況

平成23年(年平均,岩手県,宮城県及び福島県を除く結果)のフリーター及び若年無業者の数は,前年より増加。

フリーターの人数を,総務省統計局「労働力調査(詳細集計)」により,15~34歳で,男性は卒業者,女性は卒業者で未婚の者のうち,

<1> 雇用者のうち勤め先における呼称が「パート」又は「アルバイト」である者

<2> 完全失業者のうち探している仕事の形態が「パート・アルバイト」の者

<3> 非労働力人口のうち希望する仕事の形態が「パート・アルバイト」で,家事・通学等していない者

の合計として集計すると,平成23年は176万人となった(第1―2―12図)。

第1-2-12図 フリーターの人数の推移

年齢階級別にみると,15~24歳は83万人,25~34歳は93万人となった。

また,若年無業者(15~34歳の非労働力人口のうち,家事も通学もしていない者)の数は,平成23年には60万人となった。なお,内訳としては,15~19歳が9万人,20~24歳が15万人,25~29歳が18万人,30~34歳が18万人である(第1-2-13図)。

第1-2-13図 若年無業者数の推移

さらに,総務省統計局「就業構造基本調査」によれば,「就業を希望しているが,求職活動をしていない」若年無業者がその理由(非求職理由)として挙げているのは,「病気・けがのため」が28.9%と最も高く,「その他」を除くと,次いで「学校以外で進学や資格取得などの勉強をしている」が11.8%,「知識・能力に自信がない」が10.4%等となっている。

「就業を希望していない」若年無業者がその理由(非就業希望理由)として挙げているのは,「病気・けがのため」が31.5%と最も高く,「その他」を除くと,次いで「特に理由はない」が17.2%等となっている(第1―2―14図,第1―2―15図)。

第1-2-14図 若年無業者の非求職理由(就業希望者のうち非求職者)-平成19年

第1-2-15図 若年無業者の非就業希望理由(非就業希望者)-平成19年

2 ひきこもりの状況

「ふだんは家にいるが,自分の趣味に関する用事の時だけ外出する」者を含む広義のひきこもりは,69.6万人。

内閣府では,「ひきこもり」に該当する子ども・若者がどの程度存在し,どのような支援を必要としているのかを把握するために,平成22年2月に「若者の意識に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)」を実施し,15~39歳の子ども・若者5000人を対象として3287人(65.7%)から回答を得た(平成22年7月公表)。

その結果,「ふだんは家にいるが,近所のコンビニなどには出かける」「自室からは出るが,家からは出ない」「自室からほとんど出ない」に該当した者を「狭義のひきこもり」と定義し,「ふだんは家にいるが,自分の趣味に関する用事の時だけ外出する」に該当した者を「準ひきこもり」と定義したところ,推計数はそれぞれ23.6万人,46.0万人となった。さらに,「狭義のひきこもり」と「準ひきこもり」を合わせた広義のひきこもり(以下,「ひきこもり群」という。)としたところ,69.6万人となった(第1―2―16図)。

第1-2-16図 ひきこもり群の定義・推計数

ひきこもりのきっかけは,仕事や就職に関するものが多く(第1―2―17図),家族を含め困難を有する子ども・若者の社会的孤立を防ぐため,今後,相談機関の充実を始め,地域の人々が思いやりをもって見守る暖かい連携が必要となっていくことが考えられる。

第1-2-17図 ひきこもりになったきっかけ

▲このページの上へ

前頁 次頁