前頁 次頁

第1部 子ども・若者の現状

第2章 子ども・若者の社会生活

第5節 キャリア教育への取組

1 職場体験,インターンシップ等の実施状況

(1) 中学校

公立中学校の職場体験の実施率は97.1%。

平成22年度,職場体験を実施した公立中学校は,9915校中9632校であり,実施率は97.1%となっている。

そのうち,5日間以上の職場体験を実施した公立中学校は,1719校であり,実施率は17.9%(平成21年度:19.2%)で前年度から1.3ポイント減少した。

年次推移について見ると,5日以上の実施率は,毎年約5ポイントずつ増加していたが,平成20年度から減少傾向にある。平成17年度と平成22年度の状況を比較すると,1日のみの実施が23.9ポイント減り,3日間が18.1ポイント,5日間が5.8ポイント増加している(第1―2―18図)。

第1-2-18図 公立中学校における職場体験の期間別実施状況の推移

(2) 高等学校

平成22年度の公立高等学校(全日制)のインターンシップの実施率は,普通科で73.4%,職業関係学科で94.4%となっている。

一方,体験者数の割合について見ると,普通科では17.2%,職業関係学科では64.1%となっており,実施率,体験者数の割合ともに,普通科は職業関係学科を大きく下回っている(第1―2―19図)。

第1-2-19図 高等学校(公立・全日制)におけるインターンシップの実施状況

(3) 大学

大学の授業科目として実施されているインターンシップの実施学校数の割合は67.7%。体験者数の割合は8.3%。

大学において,授業科目として実施されているインターンシップの実施状況について見ると,平成19年度の実施学校数の割合は67.7%となっているが,体験者数の割合は8.3%となっている(第1―2―20図)。

第1-2-20図 大学におけるインターンシップの実施状況

年次推移について見ると,実施学校数の割合は平成13年度の41.9%から25.8ポイント上昇しており,体験者数の割合は3.8ポイント上昇している。

▲このページの上へ

前頁 次頁