前頁 次頁

コラム5 農業体験を通じた立ち直り支援活動

福岡県警察

再非行のおそれのある少年の立ち直り支援を効果的に推進するためには,少年が継続的に活動できる場(居場所)が重要です。

その中でも,農作物等の栽培は,情操面における教育的効果,一つの物事に継続的に取り組むことによる忍耐力等の向上,これらの経験を通じた将来の就労等に向けた意欲の向上や就労等に有利になる技能の習得等が期待できます。ここでは福岡県警察が行っている農業体験を通じた立ち直り支援活動について紹介します。

1.概要

平成22年度から農業体験を通じた支援を開始しました。農作物を育てることにより,自然の恵みや収穫の喜びを分かち合い,また,子どもから大人まで多世代にわたって地域住民との交流を図り,少年が地域に受け入れられる環境をつくることが目的です。

農作業は6月~11月にかけて実施。作物はじゃがいも,さつまいも,米,大根等です。

2.反響等

収穫作業に参加した支援対象少年の中には,家族でキャンプ等をしたことがない少年もいたことから,大人と触れ合いながら行った収穫や会食に対して「こんなに楽しいことは初めて。また参加したい。」という感激の言葉も聞かれました。

作物を収穫している様子

田植えの様子

▲このページの上へ

前頁 次頁