[目次]  [戻る]  [次へ]

第1部 子どもや若者の状況

第6章 生活行動・意識

第1節 生活行動

1 生活時間

(起床時刻と就寝時刻)

○低年齢層はこの5年で早寝早起きになっている。(図表58)

図表58 起床時刻と就寝時刻
(1)平均起床時刻(平日)
  平成18年(2006年) 平成23年(2011年)
10~14歳 6時44分 6時38分
15~19歳 7時01分 6時54分
20~24歳 7時53分 7時56分
25~29歳 7時20分 7時17分
小学生(10歳以上) 6時44分 6時38分
中学生 6時45分 6時41分
高校生 6時43分 6時36分
その他の在学者 7時59分 7時55分
(2)平均就寝時刻(平日)
  平成18年(2006年) 平成23年(2011年)
10~14歳 22時30分 22時24分
15~19歳 23時58分 23時48分
20~24歳 0時31分 0時31分
25~29歳 0時05分 0時07分
小学生(10歳以上) 22時02分 21時57分
中学生 23時04分 22時55分
高校生 23時50分 23時42分
その他の在学者 0時47分 0時37分
(出典)総務省「社会生活基本調査」
(睡眠や食事,仕事や家事,自由な時間)

○睡眠や食事の時間が増加。自由な時間は10代で減少。(図表59)

図表59 1次活動,2次活動,3次活動時間

2 行動

(親とのかかわり)

○1週間の会話時間が父親とは「~4時間」が,母親とは「10~19時間」が最も多い。(図表60)

図表60 父母と子どもたちとの会話時間(1週間当たり)(平成21年)
(携帯電話やインターネットの利用)

○高校生の9割以上が携帯電話を所有しているが,インターネット利用に制限が行われているのは約5割。(図表61)

図表61 携帯電話(PHS・スマートフォン含む)の利用状況(平成24年)

第2節 意識

1 幸せ感,不安や悩み

(幸せ感)

○幸せだと思う小学生・中学生・高校生等の割合は上昇。(図表62)

図表62 幸せ感
(不安や悩み)

○不安や悩みを抱えている小学生・中学生・高校生等の割合も上昇。(図表63(1))

○不安や悩みの主な内容は勉強や進路。(図表63(2))

図表63 不安や悩み

2 結婚の意思,ライフコース

(結婚の意思)

○結婚する意思を持つ未婚者は9割前後で推移。(図表64)

図表64 結婚の意思のある者の割合
(ライフコースの考え方)

○男女ともに仕事と家庭の両立を望む者の割合が上昇。(図表65)

図表65 ライフコースの考え方
[目次]  [戻る]  [次へ]