[目次]  [戻る]  [次へ]

特集 地域における青少年育成活動

1 はじめに

○地域社会は,子どもや若者にとって,様々な人と触れ合える交流の場,様々なことを学べる学習の場,身近な生活の場であることから,青少年育成において果たす役割は大きい。

○相談,補導,非行防止活動などの青少年育成のための取組を実施するため各地域に設置されている青少年センターの現状とその取組事例,地域において青少年育成活動に携わっている民間の個人・団体の取組を紹介する。

2 青少年センター

(1)青少年センターとは

○青少年センター(少年補導センター,青少年育成センター,青少年指導センター,青少年相談センター,少年センターなど。以下この特集において「センター」という。)は,青少年育成を目的として,全国の市町村を中心に設置されている機関。

○いじめ・不登校・非行といった子どもや若者とその保護者が抱える悩みに対する相談活動をはじめ,非行や不良行為を行っている者に対する街頭補導活動1,有害環境2の浄化活動,各種イベントをはじめとする広報啓発活動,就労支援,居場所づくりといった活動を地域の実情に応じて実施。

(2)概要

1設置数

○平成25(2013)年には,全国に703か所。2000年代に入ってからはおおむね横ばいで推移している。(図表1)

図表1 青少年センターの設置数

2職員

○地方公共団体の「一般職員」(全体の39.8%)と「非常勤職員」(同35.8%)の割合がほとんど。わずかではあるが「教員」(同5.3%)や「警察職員」(同1.6%)が配置されているセンターも。(図表2)

図表2 職員の内訳

3少年補導委員数

○市町村などから委嘱され,街頭補導活動や相談活動,補導少年に係る家庭・学校・警察への連絡・通告,環境浄化活動,広報活動を行う者。

○平成24(2012)年度には,約6万人の少年補導委員が各地のセンターで活動。(図表3)

図表3 少年補導委員数

4活動内容

○相談活動(全体の71.1%)や補導活動(同65.4%),有害環境浄化(同61.5%)といった主に非行防止に係る活動が多い。広報啓発も過半数超(同59.9%)。(図表4)

○学習支援その他の立ち直り支援(同22.3%)や就労支援(同10.1%)も。

○これらすべての活動を一つの施設で行っているセンターも全国に31か所(全体の4.4%)。

図表4 活動内容(各活動を行っているセンターの全センターに占める割合)

5「子ども・若者育成支援推進法」に基づく「子ども・若者総合相談センター」

○全国に703か所あるセンターのうち,「子ども・若者育成支援推進法」第13条に基づく「子ども・若者総合相談センター」として位置付けられているものは45か所(全体の6.4%)

○相談活動(全体の97.8%)はほぼすべてのセンターで実施。センター全体と比べると,立ち直り支援や就労支援を行っているセンターの割合が相対的に高い。(図表5)

図表5 「子ども・若者総合相談センター」とされているセンターの活動内容

6相談件数

○平成23(2011)年度は全体で約22万件である。約10年前の平成12(2000)年と比較すると,センター数がほぼ横ばいの中で相談件数は約5万件増加。(図表6(1))

○本人からの相談(全体の42.0%)が最も多く,次いで家族(同32.8%),学校(同15.6%)。(図表6(3))

図表6 相談活動の状況

7街頭補導

○平成23(2011)年度には約18万回。この30年間減少傾向が続いており,近年は減少幅が大きくなっている。(図表7)

図表7 街頭補導の実施状況

○街頭補導した青少年の数は,平成23(2011)年度には約24万人。減少傾向続く。(図表8)

図表8 街頭補導した青少年

○街頭補導した青少年について,平成23(2011)年度の警察などへの通告件数は1,274件(街頭補導された青少年の0.5%),学校,家庭などへの通告件数は3,237件(同1.3%)。

(3)具体的な活動内容

1市原市青少年指導センター

○市内に住む子どもや若者の健全な育成と非行の防止を図ることを目的として,昭和47(1972)年に設置。

○相談活動では,本人からの相談,保護者からの相談,学校からの相談など,年間でおよそ500件以上の相談を受け付け,相談を受け付けた後は面談を行ったり,関係する専門機関の紹介などを実施。

○非行化防止活動の一環として街頭パトロールを実施。青少年補導員と呼ばれる市から委嘱を受けたボランティアや市の防犯対策室,警察署とも連携して,登下校時や夕方を中心に,年間を通じて延べ650回実施(平成23年度実績)。子どもが集まりやすい場所や非行や犯罪の被害につながる危険な場所の見回りのほか,不審者の発見にも力を入れている。

○パトロールで得た情報は,生活安心メールと呼ばれるメーリングリストにより,市内の住民に配信して,情報提供を実施。

○パトロール中は,補導活動とは別に子どもへの「声掛け」活動にも力を入れており,帰宅時刻の時間帯などに「早く帰りなさい」といった声をかけ,子どもに注意喚起。

○非行化防止の啓発活動として,市内小・中・高校生を対象にポスターや標語を募集して作品展を開催したり,学校に赴き,薬物乱用防止,携帯電話の安全な使い方,道徳や規範意識についての出前教室を開催。(図表9)

図表9 携帯電話の安全な使い方について学ぶ出前教室の様子

○少年鑑別所などから家庭に戻ってきた子どもの社会復帰(学校復帰)の支援として,社会(学校)に戻った後の周囲との接し方や家族との接し方について,面談形式で1~4日間かけて助言やアドバイスを実施。

○平成24(2012)年度から,「子ども・若者育成支援推進法」に基づく「子ども・若者総合相談センター」に位置付け。これにより,従来の健全育成や非行に関する相談に加え,ニートやひきこもりなどに関する相談も受け付けるように。

○これらの相談に対しては,情報の提供や助言,地域若者サポートステーション(サポステ)やひきこもりの自助グループといった連携する専門機関や団体を相談者に対して紹介するなど,つなぎ役としての役割を担っている。(図表10)

図表10 市原市青少年指導センターにおける総合相談

○子どもの幅広い悩みや相談に対しては,こうした横のつながりは大変重要。

2広島市青少年総合相談センター

○いじめや不登校などに関する相談を受けるほか,専属の相談員が困難を抱えた子どもへの就労や就学への意識付けを行うことによる立ち直り支援を実施。

○専属の相談員による街頭相談や警察,学校といった関係機関との連携により支援対象となる非行少年を把握し,人間関係を築いていく中で,立ち直りに向けた指導・助言を実施。(図表11)

図表11 広島市青少年総合相談センターにおける支援の実績,様子

○長期にわたって指導・助言を行った結果,仕事と学業を両立するに至るケースがあるが,連絡が取れなくなり支援につながらないケースもある。(図表12)

図表12 長期にわたる指導,助言による立ち直り事例

○近年,暴走族の減少や携帯電話等の普及に伴い,数年前と比べて非行の実態把握が難しくなっており,対象となる子どもが把握しづらい,アプローチをしても支援に至りにくいといった状況。地域や関係機関との連携を強化し,早期発見に努めている。

3 青少年育成の担い手3

(1)青少年育成都道府県民会議・青少年育成市町村民会議

○青少年育成都道府県民会議(以下「県民会議」という。),青少年育成市町村民会議(以下「市民会議」という。)とは,青少年育成の国民運動を展開している団体。県民会議は神奈川県を除くすべての都道府県にある。市町村民会議は全国に1,209団体。

○「少年の主張大会」や「青少年育成地方大会」といった啓発イベント,「大人が変われば子どもも変わる」や「家庭の日」,「あいさつ・声かけ運動」といった各種の運動,青少年や青少年団体への表彰や支援,非行防止や健全育成のためのパンフレット・ポスター作成をはじめとする広報啓発活動などの様々な事業を,地域の実情に即して実施。

<特色ある取組1

「夢配達人プロジェクト」(公益社団法人青少年育成広島県民会議)

○小学生の夢を「夢配達人(夢に関係する憧れの人や名人など)」の協力を得ながら,地域の人たちと一緒に実現することを通じて,豊かな想像力や主体性を持った青少年を育成するとともに,地域ぐるみでの青少年育成活動の定着を図ることを目的とし,平成16(2004)年にスタート。

○毎年,広島県内の子どもから夢を募集し,これまでに58件もの夢を実現。(図表13)

図表13 「福山の伝統工芸品である琴を作り,たくさんの人に聞いてもらいたい」という夢が実現

○応募された夢を選考委員会で審査し,そこで約10件の夢を採択。次に,夢の実現をサポートする組織(以下「実行委員会」という。)を学校・地域の人々・青少年育成団体などとともに立ち上げる。そして,実行委員会の場において,実現までの計画を作成し,約1年かけて子どもと一緒に夢を実現。(図表14)

図表14 夢実現までの流れ

○夢を実現した子どもからは,「地域の文化・伝統を学ぶことができた」,「日頃お世話になっている地域の人たちを喜ばせることが出来てよかった」,事業に参加した大人からは,「地域の絆を深めることができた」,「子どもの成長に驚かされた」といった感想。子ども,大人,地域の人々が充実感,達成感を共有し,互いの気持ちに感謝。

<特色ある取組2

市民一丸となって子どもの心を育むために(会津若松市青少年育成市民会議)

○市内14地区に組織されている青少年育成推進協議会からの推薦による,区長会・PTA・民生委員などの市民で構成。市長を会長に市民総ぐるみにより,子どもの健全育成のための市民運動を展開。

○市民が共通の指針のもとに一丸となって青少年の心の育成に取り組めるよう,平成14(2002)年2月,「青少年の心を育てる市民行動プラン"あいづっこ宣言"」をまとめた。(図表15)

図表15 「あいづっこ宣言」

○宣言の内容は,人としての道に沿った普遍的なもので,大人にも子どもにも共通する6つの行動規範と締めくくりの言葉で構成。会津藩士の子弟の心構えである「什(じゅう)の掟」4など,会津で培われた伝統的な教えを踏まえ,自分を律し,他人を思いやることの大切さを謳う。

○子どもだけの宣言ではなく,大人にとっては「このようなあいづっこ(会津人)に育てます」「そのための手本となります」という宣言。

○"あいづっこ宣言"に込められた思いの実現のため,以下のような様々な事業を実施している。(図表16)

図表16 「朝のあいさつ おはよう 運動」,会津の先人との約束(絵手紙)表彰式
  • 市民総ぐるみで「朝のあいさつ"おはよう"運動」
  • 小学1年生を対象に「"あいづっこ宣言"暗唱合格証」授与
  • 小中学生を対象に「会津の先人との約束(絵手紙)」募集
  • 民間企業への"あいづっこ宣言"普及啓発事業
  • "あいづっこ宣言"に関する「作文コンクール」,「標語募集」,「講演会」など

○幼い頃に"あいづっこ宣言"を覚え,思春期には困ったときや苦しいときに思い出し,人の親となったときには,子育ての柱とし,また,孫たちに教え聞かせるなど,人生のそれぞれの時期に,会津市民,会津人の心の糧となってほしいとの想いで普及に取り組んでいる。

(2)青少年育成活動を実施しているNPOなどの民間団体

1「人とのふれあいを深める自然体験」(メダカ里親の会)(平成24年度「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」内閣総理大臣表彰受賞)

○平成7(1995)年から栃木県宇都宮市を中心に,子どもの身近に豊かな自然環境を残すための活動や農村における自然体験や交流事業を通して,自然の大切さや命の尊さを感じる子どもの心を育んでいる。

○「田んぼの学校」では,小学生を中心とした子どもに対し,農村の資源を活用し,田植え,草取り,稲刈りなどの農作業や,田んぼの周辺に生息する生き物の観察,収穫祭を行うことにより,田んぼがもたらす恵みを理解する体験的環境教育を通じて,子どもの自然観や人生観を養っている。

○首都圏の子どもが自然とのつながりを体験することにより,豊かな人間性を育むことのできる活動として高い評価。

○家族での参加も推進しており,子どもと親のふれあいの機会の提供だけでなく,地域の様々な年代の参加者との世代間交流ができる機会にも。(図表17)

図表17 「田んぼの学校」

2「無理なく,楽しみながら,持続可能な活動」(ジェスパル)(平成24年度「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」内閣府特命担当大臣表彰受賞)

○平成6(1994)年に千葉県木更津市で,PTA,青少年相談員,子ども会育成会といった青少年育成団体の現役とOBにより,地域の子どもの健全育成を願って自主的に設立された団体。

○活動には子どもからお年寄りまで数多くの方々の参加があり,地域のコミュニティづくりに寄与。特に,地域交流ラジオ体操は夏休み期間中毎日・地区内7会場で開催され,毎年延べ1万人以上が参加し,ラジオ体操を通じて世代間交流。

○運営には団体の会員を中心に,地区の関係団体の役員のほか,地区の中学生も携わっている。(図表18)

図表18 「地域交流ラジオ体操」ほか

○子どもから保護者まで約100名が参加するサマーキャンプや,他の青少年育成団体や区長会,老人クラブといった地域団体や小・中学校,公民館などの関係機関と連携した違法ビラの撤去活動など様々な事業を実施。

○ジェスパルの活動が充実することによって,PTAなどの既存の様々な活動が活性化しており,地域の関係団体の活動への相乗効果も。また,サマーキャンプに参加した小学生がその後,中学生のリーダーとして小学生の指導に当たるなど,団体の活動がその地域で持続可能なシステムとして構築されている。

3乳幼児,小学生,中高生の居場所づくり(バニラシティ・イングリッシュセンター)(平成23年度「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」内閣府特命担当大臣表彰受賞)

○若者の居場所づくりを推進する団体として,平成15(2003)年に兵庫県に設立された団体。乳幼児と母親,小学生,中高生と,子どもの発達段階に応じた居場所づくりを実施。

○乳幼児とその母親が気軽に集える場「TREEはうす」は,商店街の空き店舗を活用し,保育士や幼稚園教諭経験者といったスタッフが常駐し,親子向けの講座,絵本の読み聞かせ,伝承遊び,英語遊びなどを実施。

○地域内の小学生がのびのびと遊べる場である子どもの冒険広場「ウッドランド」では,公園や空き地などでの禁止事項をできる限りなくし,「自分の責任で自由に遊ぶ」を原則に自由な遊びができる場を展開。

○若者自身がやりたいことを伸び伸びと取り組める場である若者ゆうゆう広場「ゆうゆうたじま」は,中高生が学校帰りに気軽に立ち寄れ,フリースペースで自由に過ごす"たまり場"としての役割。音楽や絵画などのサークル活動,清掃などのボランティア活動,地域の特色を生かした様々なイベント活動などを行える場所。(図表19)

図表19 「冒険ひろば」「若者ゆうゆう広場」のイベント

○それぞれの広場を超えて,バーベキュー大会,ハロウィンやクリスマスの仮装大会,餅つき大会など,季節ごとに子どもから大人までが楽しめる多彩なイベントを催し,異世代・多世代交流が育まれる場・機会づくりを実施。

(3)青少年育成国民運動推進員・青少年育成国民運動推進指導員

○青少年育成国民運動推進員(以下「推進員」という。)とは,地方公共団体や県民会議・市民会議が実施する青少年育成のための運動に参加する方々。小学校区などの小地区ごとに,地方公共団体の首長などから委嘱された推進員がおり,その地区の青少年育成活動を担っている。

○青少年国民運動推進指導員(以下「指導員」という。)とは,地域の代表として県民会議の構成員となり,青少年育成県民運動の企画に参加し,推進員への情報提供や指導助言を行うとともに,地域の子どもや若者の実態把握と市町村への情報伝達に当たり,関係団体の活動に協力している方々。

○平成25(2013)年2月現在,推進員,指導員合わせて,約7万人が全国で活動している。

1門賢氏(平成24年度「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」内閣総理大臣表彰受賞)

○放課後や土・日曜日には,自身の工務店作業場を子どもの遊び場として開放し,ゲームなどで家にこもりがちな現代の子どもに,大工道具や木材片を利用したものづくりを体験させている)。(図表20)

図表20 木工体験の様子

○学校や家庭での悩みなどの相談活動を行い,不登校,いじめへの対応や,非行少年の立ち直り支援,家庭環境などの問題解決を図るなど,青少年健全育成に尽力。子どもの視点に立った活動を長年地道に行っているため,子どもからの信頼が厚く,学校の先生や保護者に相談できないでいる多くの子どもが作業場に集まり,様々な悩みを相談。

○中学校や高校で選手に選ばれなかった子どもを集め,野球チーム・駅伝チームを編成し大会に出場させ,自信とチームワークの大切さを学ばせている。

○「あいさつ運動」,「夜間非行防止パトロール」,「地域ふれあい合宿」,「清掃登山」,「ふれあいコンサート」などを実施。

2石井健一郎氏(平成23年度「チャイルド・ユースサポート章」受章)

○地域の伝承文化の保存活動と子どもの見守り活動を地域ぐるみで行い,大人と子どもの触れ合いを通して,「宇品っ子」としての連帯意識の醸成と,地域全体のコミュニティの再生に大きく貢献。

○宇品地区の伝承文化である「宇品踊り」は,石井氏の学校への働きかけにより中学校や小学校で体育祭や運動会の学校行事に。(図表21)

図表21 宇品踊りの練習風景

○「子ども110番の家」に登録している地域の家や店舗を回って場所を確認する活動「子ども110番の家スタンプラリー大会」では,人気アニメのキャラクターのスタンプを集めることで,より楽しく「子ども110番の家」を周知できるようにするなどの工夫。

○普段接する機会の少ない「子ども110番の家」の大人と子どもの触れ合いの場を持つことや,地域の大人が子どもに温かい目を向けることに寄与。(図表22)

図表22 子ども110番の家スタンプラリー大会の風景

(4)青少年育成に携わるその他の方々

1山中睦夫氏(平成23年度「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」内閣府特命担当大臣表彰受賞)

○昭和54(1979)年から栃木県小山市で,地域の子どもの育成組織である子ども会育成会の活動に貢献。

○毎年開催されている「子ども育成フォーラム」,「子どもフェスティバル」,「高校生フォーラム」を発案し,子どもに対し,遊び体験や社会体験といった様々な体験を提供。これらの参加者は年々増加しており,地域指導者も多数輩出。

○「高校生フォーラム」は,地域での活動を議論のテーマとし,高校生同士が意見交換しながら,高校生の地域貢献意識を高めることが目的。開催に当たっては,司会を希望する高校生に対し,事前にファシリテーター研修を実施。フォーラムでは,高校生を中心とした活発な議論が展開されており,内向きになりがちな最近の高校生の意識を一般社会に向けることや,一人の人間としての自己有用感の意識向上,子どもの日頃の問題意識を深めるコミュニケーション力の向上にも大きな力を発揮。(図表23)

図表23 「子どもフェスティバル」「高校生フォーラム」

2井内清満氏(平成23年度「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」内閣府特命担当大臣表彰受賞)

○平成元(1989)年から千葉県で,非行少年の立ち直り支援として,24時間365日の相談対応や活動の場づくりを実施。

○公的機関が開設していない時間帯(休日,夜間)の相談や訪問しての相談活動などを行い,青少年や保護者,関係機関などと一緒になって問題解決。(図表24)

図表24 相談活動の様子

○非行少年などの立ち直り支援として結成したサッカーチーム「FC椿森」の活動では,親交試合として,地元企業,高校,警視庁チームが参加し,試合を通じてコミュニティの再生に貢献(図表25)

図表25 サッカーチームによる立ち直り支援

○平成14(2002)年には,ユース・サポート・センター・友懇塾を結成し,非行に陥った少年や不登校の少女,その親たちと一緒に街の清掃や里山の下草刈りなどを実施。また,立ち直った少年を友懇塾スタッフとして育成するなど,後継者の育成にも努めている。

4 おわりに

○青少年センターは,設置数や少年補導委員数は減少傾向にあるものの,街頭補導や相談から就労支援に至るまで様々な活動を行っており,地域における青少年健全育成の拠点として重要な役割。

○ここで紹介した個人・団体の取組は,子どもや若者の規範意識や自己肯定感の向上にもつながっており,健全育成の観点からみてその存在意義は極めて大きい。

○しかし,こうした青少年育成活動に実際に携わっている者は国民のわずか8.7%しかおらず,人手の減少や高齢化といった現状に直面している。青少年育成活動の一層の拡充を図るためには,一人でも多くの方に青少年育成活動に関心を持っていただくとともに,青少年育成活動に関心がある者(24.4%)が実際に活動に取り組むようになることで,多様な担い手の裾野を広げていくことが重要。(図表26)

図表26 青少年育成活動に参加している,または参加したいと思う割合(平成24年度)

1 盛り場や駅,公園において,喫煙や飲酒,深夜はいかいといった非行・不良行為を行っている青少年に対して注意・助言・指導を行うとともに,必要に応じて保護者や学校,警察に連絡することにより,青少年が深刻な状況に陥る前に支援するための活動。
2 例えば,性的感情を著しく刺激したり粗暴性や残虐性を助長するおそれがあるような出版物や各種メディア,享楽的な色彩が強い深夜興行場,風俗営業所といった,青少年の健全な育成に有害であると認められる社会環境のことを指す。
3 内閣府が行っている「子ども若者育成・子育て支援功労者表彰」と「子ども若者育成・子育て支援活動事例紹介事業」で対象となった団体や個人を中心に取り上げた。
4 会津藩では,侍の男子は6歳になると必ず「什(じゅう)」という地域のグループに加わり,10歳で藩校に入学する前に,年長者への礼儀と尊敬や同年者との友情など,人の道,社会人としての基本を自然の遊びのうちに学んでいた。
[目次]  [戻る]  [次へ]