[目次]  [戻る]  [次へ]

特集 今を生きる若者の意識~国際比較から見えてくるもの~

5 学校

日本の若者の学校生活への満足度は,諸外国と比べると相対的にやや低い。学校へ通う意義として,「仕事に必要な技術や能力を身に付ける」で日本と諸外国とで意識の違いがみられる。

学校生活については,日本の若者の約7割が満足しているものの,諸外国と比べると,満足度は相対的にやや低い。(図表23)

学校へ通う意義として回答割合が高かった項目は,「友達との友情をはぐくむ」,「一般的・基礎的知識を身に付ける」,「自由な時間を楽しむ」で,これらは回答割合が7割を超えている。一方,「仕事に必要な技術や能力を身に付ける」は,諸外国の回答割合が約8割であるのに対し,日本は5割強となっており,この点に特に諸外国との差が見られる。(図表24)

[目次]  [戻る]  [次へ]