第1部 子供・若者の状況

[目次]  [戻る]  [次へ]

第2章 健康

第2節 疾病

1 受療率と推計患者数

30歳未満の受療率は低年齢層ほど高い。

受療率2は,0歳が最も高く,1~4歳,5~9歳と続いている。0~14歳の受療率は,この10年間では上昇傾向にある。(第1-2-11図(1))

推計患者数を疾病別にみると,0~14歳では呼吸器系の疾患が最も多く,とりわけ1~4歳では全体の半数を占めている。15~19歳では呼吸器系の疾患と消化器系の疾患がほぼ同数である。20代では,消化器系の疾患が最も多く,全体の約2割を占める。年齢層が上がるにつれ,精神・行動障害の占める割合が増える。(第1-2-11図(2))

2 主な疾病・異常の状況

むし歯のある者の割合は低下しているが,鼻・副鼻腔疾患(アレルギー性鼻炎など)や喘息の者の割合は上昇傾向。性感染者は減少傾向。

主な疾病・異常の状況をみると,裸眼視力1.0未満の者の割合はおおむね緩やかな上昇傾向にあり,平成26(2014)年度は小学生で30.2%,中学生で53.0%,高校生で62.9%となっている。むし歯のある者(処置完了者を含む。)の割合は,1970年代から全ての年齢層で低下が続いており,平成26年度は4~5割程度となっている。1990年代後半からは,鼻・副鼻腔疾患(アレルギー性鼻炎など)や喘息の者の割合は趨勢的に上昇傾向にある。(第1-2-12図)

30歳未満の性感染症の報告数3は,平成14(2002)年以降減少傾向にあったが,平成25(2013)年は前年を上回る25,356件となっている。20~24歳と25~29歳がそれぞれ全体の4割程度を占め,15~19歳が約2割となっている。(第1-2-13図)

30歳未満のHIV感染者・エイズ患者の新規報告数はこのところおおむね横ばいで推移しており,平成25年にはHIV感染者が332人,エイズ患者が43人報告されている。HIV感染者全体の約3割,エイズ患者の約1割が30歳未満であり,10代の感染者や患者も報告されている。(第1-2-14図)


2 人口10万人当たりの推計患者数。
3 「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(平10法114)に基づき,指定届出機関(平成25年は全国974の医療機関)から報告される,性器クラミジア感染症,性器ヘルペスウイルス感染症,尖圭コンジローマ,淋菌感染症の4疾病の報告数を合計したもの。
[目次]  [戻る]  [次へ]