第1部 子供・若者の状況

[目次]  [戻る]  [次へ]

第4章 社会的自立

第3節 キャリア教育

1 職場体験やインターンシップの実施状況

(1)中学校

職場体験の実施率はおおむね上昇傾向。

職場体験を実施している中学校の割合はおおむね上昇傾向にあり,平成25(2013)年度は公立の98.6%,国立の62.3%,私立の25.8%の中学校で職場体験が行われている。(第1-4-18図(1))

期間別の実施状況をみると,5日以上はこのところ減少傾向にあり,4割弱が「3日」,約3割が「2日」となっている。(第1-4-18図(2))

(2)高校

インターンシップの実施率はおおむね上昇傾向。普通科での参加率が低い。

インターンシップを実施している高校(全日制・定時制・通信制)の割合は,公立では上昇傾向にあり,平成25(2013)年度は公立の79.8%,私立の40.6%,国立の10.5%となっている。(第1-4-19図(1))

普通科と職業関係学科での実施率をみると,上昇傾向にあり,それぞれ79.4%,94.8%となっている。一方,体験者数の割合をみると,職業関係学科では66.4%であるが,普通科では18.6%にとどまっている。実施率,体験者数の割合ともに,普通科は職業関係学科を大きく下回っている。(第1-4-19図(2))

(3)大学

インターンシップの実施率はこのところ横ばいとなっており,参加率は極めて低調。

単位認定を行う授業科目としてインターンシップを実施している大学・大学院の割合はこのところ横ばいとなっており,平成25(2013)年度には69.8%となっている。一方で,平成25年度の1年間に,単位認定を行う授業科目としてのインターンシップに参加した者の割合は大学・大学院で2.4%となっている。(第1-4-20図)

キャリア科目を必修科目として開設している大学は,ここ数年で増加しており,全体の49.5%となっている。特に私立大学の伸びが大きい。(第1-4-21図)


[目次]  [戻る]  [次へ]