第1部 子供・若者の状況

[目次]  [戻る]  [次へ]

第5章 安全と問題行動

第3節 非行・問題行動

1 犯罪少年,触法少年,ぐ犯少年

刑法犯少年と触法少年(刑法)の検挙人員・補導人員は減少傾向。

刑法犯少年24の検挙人員,触法少年25(刑法)の補導人員,ぐ犯少年26の補導人員は,いずれも減少傾向にある。平成26(2014)年には,刑法犯少年の検挙人員は48,361人(14~19歳人口1,000人当たり6.8人),触法少年(刑法)補導人員は11,846人となっている。軽犯罪法違反といった特別法犯少年27の送致人員は平成23(2011)年を境に大きく減少し,触法少年(特別法)も減少に転じた。(第1-5-13図)

年齢別にみると,刑法犯少年では15歳(22.7%)が最も多く,14歳(21.0%)が続いている。この10年で14,15歳の占める割合が上昇傾向にある。触法少年(刑法)では13歳(55.6%)が多くを占めているが,12歳以下の割合が上昇している。(第1-5-14図)

罪種別にみると,刑法犯少年でも触法少年(刑法)でも窃盗が最も多い。(第1-5-15図)

初発型非行(万引き,自転車盗,オートバイ盗,占有離脱物横領の4罪種をいう。)の検挙人員はこの10年で減少傾向にあり,平成26年には30,037人となっている。初発型非行の刑法犯少年総数に占める割合はこの数年で6割強まで低下している。初発型非行の内訳をみると,万引きの占める割合が上昇傾向にある。(第1-5-16図)

刑法犯少年の非行時間帯をみると,16~18時(18.9%)が最も多く,次いで,18~20時(13.3%),14~16時(13.2%)で,14~20時で全体の半分弱を占めている。(第1-5-17図(1))

原因・動機をみると,所有・消費目的(65.6%)が最も多く,遊び・好奇心・スリル(6.7%),遊興費充当(5.6%)が続く。(第1-5-17図(2))

2 問題行動

(1)薬物乱用

覚醒剤事犯,大麻事犯で検挙した30歳未満の者は,趨勢的にいずれも減少傾向。危険ドラッグ乱用者は20代の検挙人員が各年齢層で最も多い。

覚醒剤事犯や大麻事犯で検挙された30歳未満の者は趨勢的に減少傾向にあり,平成26(2014)年にはそれぞれ,1,474人,738人となっている。検挙人員全体に占める30歳未満の者の割合も低下傾向にあるが,大麻事犯では依然として30歳未満の者が全体の半数弱となっている。(第1-5-18図)

平成26年の危険ドラッグ乱用者の検挙人員は,全体で631人であり,そのうち20代が236人と各年齢層で最も多い結果となっている。20歳未満の者の検挙人員も26人となっている。(第1-5-19図)

第1-5-19表 危険ドラッグ乱用者の検挙状況(平成26年)
  人数 構成率
50歳以上 44 7.0%
40~49歳 121 19.2%
30~39歳 204 32.3%
20~29歳 236 37.4%
20歳未満 26 4.1%
全体 631
(出典)警察庁「薬物・銃器情勢」
(備考)危険ドラッグ乱用者とは、危険ドラッグ事犯検挙人員のうち、危険ドラッグを販売するなどにより検挙された供給者側の検挙を除いたものをいう。
(2)暴走族

20歳未満の暴走族の数は減少傾向。

警察が把握した暴走族の人員のうち20歳未満の者は減少傾向にあり,平成26(2014)年は3,527人となっている。年齢別にみると,18歳と19歳で約半分を占めており,近年は17歳以下の者の占める割合が減少傾向にある。刑法犯として検挙された者も減少傾向にあり,平成26(2014)年は562人となっている。(第1-5-20図)

(3)不良行為

警察が補導した不良行為少年は,深夜はいかいと喫煙が大部分。近年は深夜はいかいの割合が上昇。

警察が補導した不良行為少年(非行少年には該当しないが,飲酒,喫煙,深夜はいかいなどを行って警察に補導された20歳未満の者)は,近年,減少傾向にある。平成26(2014)年には731,174人となった。態様別にみると,深夜はいかい(58.8%)と喫煙(30.9%)で全体の9割程度を占めている。近年は深夜はいかいの割合が上昇し,喫煙や飲酒の割合は低下している。(第1-5-21図)

(4)家庭内暴力

警察が認知した家庭内暴力は,この数年で急増。中学生の割合が多い。原因・動機はしつけへの反発が多い。

警察が相談や補導活動を通じて認知した20歳未満の者による家庭内暴力の認知件数は,この数年で急増し,平成25(2013)年は1,806件となっている。(第1-5-22図(1))

学職別にみると,中学生が44.6%を占めている。また,小学生の占める割合が上昇している。(第1-5-22図(2))

対象別には,母親が全体の約6割を占めている。(第1-5-22図(3))

原因・動機をみると,しつけなどへの反発が約6割を占め,その割合が上昇傾向にある。(第1-5-22図(4))

(5)家出

警察により発見・保護された者は近年横ばいで推移してきたが,平成25(2013)年は増加。中学生が最も多い。小学生の割合が上昇。

警察により発見・保護された,家出をした20歳未満の者は,近年横ばいで推移してきたが,平成25(2013)年は増加し,18,832人となっている。中学生(41.8%)が最も多く,高校生(26.3%)が続いている。小学生の占める割合が上昇している。(第1-5-23図)


24 刑法犯少年とは,刑法犯の罪を犯した者で,犯行時及び処理時の年齢がともに14歳以上20歳未満の者。
25 触法少年とは,14歳に満たないで刑罰法令に触れる行為をした者。
26 ぐ犯少年とは,保護者の正当な監督に服しない性癖があるなど,一定の事由があって,その性格又は環境から判断して,将来,罪を犯し,又は刑罰法令に触れる行為をするおそれのある20歳未満の者。
27 特別法犯少年とは,刑法犯を除くすべての犯罪(条例に規定する罪を含む。)を犯した14歳以上20歳未満の者。
[目次]  [戻る]  [次へ]