本編目次へ前ページへ次ページへ

アメリカ・ドイツにおける青少年のインターネット環境整備状況等調査報告書

第II部 調査の結果

第1章 アメリカにおける調査

1.3 青少年のインターネット利用環境に関する制度、法及び政策とその背景

1.3.4 ウェブサイト運営者等が青少年による有害情報の閲覧を制限する措置などを取った場合における民事責任の制限

 米国においては、ウェブサイト運営者が青少年による有害情報の閲覧を制限する処置をとった場合における民事責任の制限に関する規定は見られない。例えば、2000年4月に制定された児童オンライン・プライバシー保護法は、自分の子どもがどのような情報をインターネット上で収集しているのか、また、その情報をどのように子どもが使用しているのかを、保護者が管理できるようにすることが主な目的である110。以下に該当する者は、同法の規則の適用を受ける。


 また、該当者は以下の項目の遵守が義務付けられている。


 また、事業者には、プライバシー保護に関するポリシーをウェブ上に掲載することが義務付けられている。


▲このページのTOPへ