本編目次へ前ページへ次ページへ

アメリカ・ドイツにおける青少年のインターネット環境整備状況等調査報告書

第II部 調査の結果

第1章 アメリカにおける調査

1.3 青少年のインターネット利用環境に関する制度、法及び政策とその背景

1.3.8 児童ポルノ

有害情報の監視・取り締まり
 郵便による児童ポルノの取引の取り締まりは、米国郵便監察局131 (U.S. Postal Inspection Service)が監視しており、組織犯罪の容疑者リストに掲載された者が行う取引を取り締まっている132。また、電子メールにおける取り締まりは、サーバー上のハッシュ値(Hash Value) を用いて送受信される画像などを認識し監視を行っている133。また、米国郵便監察局は、全米失踪・被搾取子どもセンターや、米国司法省の児童虐待・わいせつ課134(Child Exploitation and Obscenity Section、CEOS)などと協力して、これらのコンテンツの配信元を追跡している。


 また、国土安全保障省(Department of Homeland Security)の下部組織である入国・税関取締局の米国税関局には、「サイバー犯罪センター児童搾取取締課(Cyber Crimes Center、C3/ Child Exploitation Section、CES)」が設置されており、同課は、児童虐待などの画像を配信している大規模な児童ポルノの生産者や販売業者の取り締まり135、未成年者との性行為が目的で海外へ渡航する個人の取り締まりを行っている。例えば、2003年から実施した「ハヤブサ作戦(Operation Falcon)」という大規模な捜査では、同年から2006年2月までに39のウェブサイトが児童ポルノに関与しているとして調査され、1,200件の国際的な業者や300人の米国人顧客(全世界的には約703人)が検挙された136


 他方、米国司法省においては、少年司法・非行防止事務局(Office of Juvenile Justice and Delinquency Prevention、OJJDP)が、1998年度司法歳出法(FY 1998 Justice Appropriations Act、Pub, L. No. 105-119)において、タスク・フォース(Internet Crimes Against Children (以下、ICAC) Task Force Program) 137を立ち上げ、インターネット上における子どもへの性的犯罪を防止するための国家プロジェクトを実施している。


 合衆国法典2256条(児童ポルノの所持・制作・配布に関して)において、児童ポルノは、18歳未満の未成年者が露骨な性表現を行う視覚描写と定義される138


米国合衆国法典18編
 合衆国法典18 編2258A条と、合衆国法典42編13032条の規則において、電子通信サービス・プロバイダは、児童ポルノについての報告(13032条)が義務付けられており、児童ポルノ関連が発覚した場合に電子通信サービス・プロバイダは、「全米失踪・被搾取子どもセンター:サイバー・チップライン」に報告することになっている139


 第1章の1-1-5で述べた連邦捜査局のサイバー犯罪プログラムによる「イノセント・イメージ国家イニシアチブ」においては、以下の犯罪者の摘発を重視している140


カリフォルニア州
 カリフォルニア州の児童ポルノ法は、基本的な内容は連邦の定義に準じているが、同州のわいせつ法令で規定されている。また、カリフォルニア州の刑法311.2-311.4と311.11(Penal Code§311.2-311.4と311.11)にも明記されている。
 刑法§311.3(b)では、18歳以下の未成年者に対して、以下の行為をさせた内容のわいせつ物を配布したり展示したりすることを州法違反としている。
 (1) 性行為: オーラルやアナルを含む、異性、同性、動物に関わらず、いかなる性行為を含む
 (2) 性器へ物体を挿入する行為
 (3) 視聴者を性的に刺激する自慰行為
 (4) 視聴者を性的に刺激するサディスティックな虐待行為
 (5) 視聴者を性的に刺激する性器の露出行為
 (6) 視聴者を性的に刺激する排せつ行為


テキサス州
 基本的な内容は連邦の定義に準じているが、同州の刑法9編43章B節の43.26条「児童ポルノの所有や促進141」においては、合衆国法典と同様に、18歳未満の未成年者が露骨な性表現に関与しているフィルムなどの作品を所持したり、一般に販売することを禁止している。また同州では特に、インターネット上での性犯罪に関する一部の規制を、以下の州上院法案(SB)6条や州上院法案(SB)912条で促している。


テキサス州上院法案「Sex Offender Bills」(SB)6条
 性犯罪法(Sex Offender Bills)6条では、性犯罪が発覚した場合は、性犯罪を犯すか犯そうとする個人の検挙、起訴、刑罰に関して、関連するインターネット・サービス・プロバイダを召喚したり、また、捜索令状を請求し、その有害情報の収集や保存をすることを許可している。この法令は2007年から有効になっておいる142


テキサス州上院法案(SB)912条
 州上院法案912条は、性的な動機で実行された殺人など、極刑に値する殺人等の刑事犯罪も含むよう2005年9月に州上院法で一部修正され実施されているが、これらの刑罰対象の犯罪には、インターネット上における児童ポルノと性犯罪も含まれている143



▲このページのTOPへ