-
青少年育成(インターネット利用環境整備) サイトマップ
-

-



アメリカ・ドイツにおける青少年のインターネット
環境整備状況等調査報告書


平成23年3月 内閣府政策統括官(共生社会政策担当)


目次|PDF目次
目次

略語集

第I部 調査の概要

1 調査目的

2 調査概要

3 調査期間

4 調査実施機関

5 調査方法

第II部 調査の結果

第1章 アメリカにおける調査

1.1 青少年のインターネット利用環境に関する実態

1.1.1 青少年の閲覧が望ましくないとされている情報(有害情報)及び違法とされている情報(違法情報)の現状
1.1.2 青少年のインターネット利用数・利用率
1.1.3 青少年の携帯電話利用数・利用率
1.1.4 青少年のインターネット利用に伴う青少年の生活等への影響
1.1.5 インターネット上のウェブサイトを利用して児童買春などの犯罪被害に遭った青少年の数・実態
1.1.6 青少年のインターネット利用の際のフィルタリング利用率
1.1.7 青少年のインターネット利用に関する親子間の話し合い並びにルール設定の有無及び内容
1.1.8 その他

1.2 青少年のインターネット利用環境に関する世論

1.3 青少年のインターネット利用環境に関する制度、法及び政策とその背景

1.3.1 青少年、その保護者及びその他一般に対する教育・啓発
1.3.2 インターネット上の違法・有害情報に対するフィルタリング
1.3.3 関連民間団体に対する支援
1.3.4 ウェブサイト運営者等が青少年による有害情報の閲覧を制限する措置などを取った場合における民事責任の制限
1.3.5 青少年による携帯電話の所持・利用の制限
1.3.6 ネットいじめ
1.3.7 児童買春等の青少年を性的に誘引する行為に対する取組
1.3.8 児童ポルノ
1.3.9 その他

1.4 青少年のインターネット利用環境に関する民間機関の取組

1.4.1 青少年のリテラシー能力向上のための活動
1.4.2 ウェブサイト運営者に対するガイドライン策定
1.4.3 インターネット上の情報の分類(レイティング、ゾーニングなど)
1.4.4 ウェブサイト運営者とコンテンツ掲載者、フィルタリング提供事業者等における民事紛争の解決活動
1.4.5 青少年に対して危険性があるインターネット上の情報についての相談や苦情などの活動
1.4.6 その他
アメリカ調査面談相手一覧

第2章 ドイツにおける調査

2.1 青少年のインターネット利用環境に関する実態

2.1.1 青少年の閲覧が望ましくないとされている情報(有害情報)及び違法とされている情報(違法情報)の現状
2.1.2 青少年のインターネット利用数・利用率
2.1.3 青少年の携帯電話利用数・利用率
2.1.4 青少年のインターネット利用に伴う青少年の生活等への影響
2.1.5 インターネット上のウェブサイトを利用して児童買春などの犯罪被害やトラブルに遭った青少年の数・実態
2.1.6 青少年のパソコンによるインターネット利用の際のフィルタリング・ソフトの利用率
2.1.7 青少年のインターネット利用に関する親子間の話し合い並びにルール設定の有無及び内容

2.2 青少年のインターネット利用環境に関する世論

2.3 青少年のインターネット利用環境に関する制度、法及び政策とその背景

2.3.1 概 観
2.3.1.1 概観
2.3.1.2 青少年メディア保護委員会
2.3.1.3 連邦青少年有害メディア審査会と青少年メディア保護委員会の関係会
2.3.2 青少年、その保護者、及びその他一般に対する教育・啓発
2.3.3 インターネット上の違法・有害情報に対するフィルタリング
2.3.4 関連民間団体に対する支援
2.3.5 ウェブサイト運営者等が青少年による有害情報の閲覧を制限する措置などを取った場合における民事責任の制限
2.3.6 青少年による携帯電話の所持・利用の制限
2.3.7 ネットいじめ
2.3.8 児童買春等の青少年を性的行為に誘引する行為に対する取組
2.3.9 児童ポルノ
2.3.10 その他

2.4 青少年のインターネット利用環境に関する民間機関の取組

2.4.1 青少年のリテラシー能力向上のための活動
2.4.2 ウェブサイト運営者に対するガイドライン策定等
2.4.3 インターネット上の情報の分類(レイティング、ソーニングなど)
2.4.4 ウェブサイト運営者とコンテンツ掲載者、フィルタリング提供事業者等における民事紛争の解決活動
2.4.5 青少年に対して危険性があるインターネット上の情報についての相談や苦情などの活動
2.4.6 その他
ドイツ調査面談相手一覧

▲このページのTOPへ

-