本編目次へ前ページへ次ページへ

イギリス・韓国における青少年のインターネット環境整備状況等調査

第II部 調査の結果

4 青少年のインターネット利用環境に関する民間機関の取組

(4)ウェブサイト運営者とコンテンツ掲載者、フィルタリング提供事業者等における民事紛争の解決活動

ほとんどのウェブサイト運営者、コンテンツ掲載者、フィルタリング提供事業者は、苦情受付及び違法コンテンツ通報の窓口を設けている。Googleを例に挙げてみると、ユーザーは種類に応じて苦情申立てをすることができる310。ここで問題が解決されなかった場合、もしくはGoogleに通報する以前に、直接IWFに通報することができる。IWFは、会員に対して適切な情報、関連機関を紹介し、問題を効率的に解決する手助けを行っている。会員同士でも、新しく開発された商品、情報の共有を積極的に行い、連携しながら活動を進めている311


▲このページのTOPへ