本編目次へ前ページへ次ページへ

5 参考資料

(1)文献資料一覧

憲法裁判所[編]「サイバー空間の表現の自由とその規則に関する研究」憲法裁判所、2002年(ソウル)
(憲法裁判所 [編] “사이버空間上의 表現의 自由와 그 規制에 관한 硏究”, 서울 2002)
ソウル建国大学大学院「インターネットサービス種別違法・青少年有害情報の流通責任に関する研究・要点」2010年2月
(서울 건국대 대학원“인터넷 서비스 유형별 불법·청소년유해정보유통 책임에 관한 연구 / 최종선”, 2010.2)
国会大衆文化&メディア研究会・韓国情報化振興院共同主催「青少年オンラインゲーム中毒予防法の立法公衆会」2010年(ソウル)
(국회 대중문화&미디어 연구회 ; 한국정보화진흥원 [공동]주최, “청소년 인터넷게임중독 예방법”, 서울 2010)
文化体育観光部・韓国著作委員会[編]「特徴別フィルタリング技術性能評価認証標準化に関する研究」2009年(ソウル)
(문화체육관광부, 한국저작권위원회 [편], “특징기반 필터링 기술 성능평가 인증 표준화 연구”, 서울 2009)
ファン・ソンギ「韓国におけるインターネット自主規制活性化のための制度的方策」韓国法研究院、2010年(ソウル)
(황성기, “한국에서의 인터넷 자율규제 활성화를 위한 제도적 방안”, 한국법제연구원, 서울 2010)
ソン・ユンスク、ユ・ホンシク「デジタル有害媒体の環境への青少年収容者を中心とした対応方策の研究」韓国青少年政策研究院、2010年(ソウル)
(성윤숙, 유홍식, “디지털 유해매체환경에 대한 청소년수용자중심 대응방안 연구”, 한국청소년정책연구원, 서울 2010)
イ・ゲギョン国会議員「児童ポルノ防止規制不十分国の汚名を一日も早く返上するために:児童ポルノ規制法規改善策」政策質疑資料集、2006年2月
(국회의원 이계경, “'아동 포르노 방지 규제 미흡국가'오명(汚名)하루빨리 벗어나야! : 아동포르노그래피 규제법규 개선방안”, 정책질의 자료집, 2006.2)
パク・ギボム「児童性犯罪とインターネット上の児童ポルノ」刑事政策研究第18巻第1号通巻第69号(2007年春)、韓国刑事政策研究院、2007年3月30日(ソウル)
(박기범, “아동성범죄와 인터넷상의 아동포르노그래피”, 형사정책연구. 제18권 제1호 통권 제69호 (2007년 봄), 한국형사정책연구원, 서울 2007.03.30)
行政安全部「青少年インターネット中毒率、成人の2倍」行政安全部報道資料、2011年(ソウル)
(행정안전부, “청소년 인터넷중독률 성인의 두 배 / 행정안전부 보도자료”, 서울 2011)
10 韓国青少年団体協議会主催「青少年の健全なインターネット文化形成のための青少年大討論会」韓国青少年団体協議会、2011年
(한국청소년단체협의회 [주최], “청소년 건전 인터넷문화 조성을 위한 청소년계 대토론회 자료집”, 한국청소년단체협의회, 서울 2011)
11 女性家族部「インターネットゲーム中毒、青少年自らが調節していきます。―初・中・高の5万余の学生が青少年自分守り(YP)活動を展開」女性家族部報道資料、2011年(ソウル)
(여성가족부, “인터넷 게임중독, 청소년 스스로 조절해 가요! : 초ㆍ중ㆍ고 학생 5만여명 청소년스스로지킴이(YP) 활동 전개”, 여성가족부 보도자료, 서울 2011)
12 女性家族部青少年媒体環境課長キム・ソンビョク「青少年のインターネットゲーム中毒を解消せよ」韓国女性政策研究院、2011年(ソウル)
(김성벽, “청소년 인터넷 게임 중독을 해소하라”, 한국여성정책연구원, 서울 2011)
13 女性家族部「シャットダウン制がインターネットゲーム中毒解決のきっかけになる―29日、「青少年保護法」改定案が国会を通過―」女性家族部報道資料、2011年(ソウル)
(여성가족부, “「셧다운제」, 인터넷게임 중독 해결의 단초가 되다 : 29일,「청소년보호법」개정안 국회통과”, 여성가족부 보도자료, 서울 2011)
14 女性家族部「初4/中1/高1の青少年のインターネット中毒危険群は8万9千人余」女性家族部報道資料、2011年(ソウル)
(여성가족부, “초4/중1/고1 청소년 인터넷중독 위험군 8만 9천여 명”, 여성가족부 보도자료, 서울 2011)
15 ジョン・ソヒ「児童ポルノ関連制度の国家間比較研究:韓国、米国、ニュージーランド、デンマークを中心に」淑明女子大学校大学院、2010年8月(ソウル)
(전소희, “아동포르노그라피 관련 제도의 국가간 비교연구 : 한국, 미국, 뉴질랜드, 덴마크를 중심으로”, 숙명여대 대학원, 서울 2010.8)
16 キム・ソンチョン「インターネット上の青少年保護に関する法制度研究」中央大学校産学協力団、2010年(ソウル)
(김성천, “인터넷상 청소년보호에 관한 법제 연구”, 중앙대학교 산학협력단, 서울 2010)

▲このページのTOPへ