第2部 調査の結果

第1章 青少年調査の結果

第3節 ゲーム機・タブレット型携帯端末の利用状況

(1)ゲーム機・タブレット型携帯端末の使用状況

Q18 ア)〔回答票14〕あなたは自宅でゲーム機や、iPad(アイパッド)(Apple)やGALAXY(ギャラクシー) Tab(タブ)(サムスン電子)といったタブレット型携帯端末を使っていますか。この中から1つだけお答えください。

図表2-1-3-1 ゲーム機・タブレット型携帯端末の使用状況(性・学校種別) <CSV形式:1KB>

図表2-1-3-1 ゲーム機・タブレット型携帯端末の使用状況(性・学校種別)

 回答した全ての青少年(1,867人)に対して、ゲーム機やタブレット型携帯端末の使用状況について聞いたところ、「ゲーム機だけを使っている」が約5割(50.4%)を占めており、「タブレット型携帯端末だけを使っている」は3.2%、「ゲーム機とタブレット型携帯端末の両方を使っている」は7.9%、「両方とも使っていない」は38.0%となっている。これらの結果から『ゲーム機またはタブレット型携帯端末を使っている』と回答した青少年は6割強(61.4%)を占めていることになる。

 学校種別にみると、「ゲーム機だけを使っている」は、学校種が下がるほど多くなる傾向にあり、小学生で5割台後半(57.5%)と最も多い。また「両方とも使っていない」は学校種が上がるほど多くなり、高校生で45.8%となっている。
 性・学校種別にみると、「ゲーム機だけを使っている」は、どの学校種でも男子が女子を上回っているが、学校種が上がるほどその差は更に大きくなっている。(図表2-1-3-1)

(2)インターネットの利用

<Q18 ア)で「1~3」のいずれかを答えた方に>
 イ)あなたは、ゲーム機やタブレット型携帯端末でインターネットを使うことがありますか。ここでいう「インターネットの利用」とは、メールの送受信やウェブサイトの閲覧、離れている人とのメッセージのやりとりなどを指します。では、○○についていかがですか。
調査員注:○○の箇所に、Q18ア)で使っていると回答した「ゲーム機」又は「タブレット型携帯端末」をあてはめて(それぞれ)質問すること。

図表2-1-3-2 インターネットの利用(ゲーム機)(性・学校種別) <CSV形式:1KB>

図表2-1-3-2 インターネットの利用(ゲーム機)(性・学校種別)

 『ゲーム機を使っている』と回答した青少年(1,088人)と『タブレット型携帯端末を使っている』と回答した青少年(206人)に対して、それぞれの機器でインターネットを使うことがあるか聞いた。ゲーム機でのインターネットの利用については、「使っている」が約3割(30.9%)で、「使っていない」は67.8%となっている。

 学校種別にみると、「使っている」は高校生で4割弱(38.8%)となっており、小学生(28.1%)や中学生(29.8%)を上回っている。
 性・学校種別にみると、「使っている」は高校生男子で5割弱(48.6%)を占め、最も多くなっている。(図表2-1-3-2)

図表2-1-3-3 インターネットの利用(タブレット型携帯端末)(性・学校種別) <CSV形式:1KB>

図表2-1-3-3 インターネットの利用(タブレット型携帯端末)(性・学校種別)

 タブレット型携帯端末でのインターネットの利用について『タブレット型携帯端末を使っている』と回答した青少年(206 人)に対して聞いたところ、「使っている」が約7割(69.9%)で、「使っていない」は25.2%となっている。

 学校種別にみると、「使っている」は、小学生では5割台前半(54.3%)だが、中学生と高校生では、7割台後半(中学生:78.5%、高校生:77.2%)と多くなっている。(図表2-1-3-3)

▲ このページの上へ


(3)インターネットの平均的な利用時間(平日、自宅)

<Q18イ)のa)、b)いずれかで「1」を答えた方に>
Q19 あなたは自宅や学校などで平日(土日を除いて)1日に平均して、どのくらいの時間、ゲーム機やタブレット型携帯端末でインターネットを使いますか。ここでいう「インターネットの利用」とは、メールの送受信やサイトの閲覧、離れている人とのメッセージのやりとりなどを指します。但し、インターネット回線に接続している時間ではなく、実際に使っている時間の合計をお答えください。
 なお、「インターネットを使っている時間」とは、ゲーム機やタブレット型携帯端末でメールを見たり、書き込んだり、サイトの閲覧をしている時間です。単に受信メールを待っている時間は含めないでお答えください。
調査員注:「使っていない」場合は、「0」分と記入すること。

図表2-1-3-4 インターネットの平均的な利用時間(平日、自宅)(性・学校種別) <CSV形式:1KB>

図表2-1-3-4 インターネットの平均的な利用時間(平日、自宅)(性・学校種別)

 『ゲーム機でインターネットを使っている』または『タブレット型携帯端末でインターネットを使っている』と回答した青少年(428人)に、平日、自宅でのインターネットの平均的な利用時間を聞いたところ、「1時間以上2時間未満」が3割弱(29.4%)で最も多く、次いで「30分以上1時間未満」が19.4%、「30分未満」が17.3%、「使っていない」が13.1%となっている。また、「2時間以上3時間未満」が10.5%、「3時間以上4時間未満」が3.7%、「4時間以上5時間未満」が1.4%、「5時間以上」が0.7%となっており、これら2時間以上インターネットを使っている青少年は16.4%を占め、平均時間は54.6分となっている。

 学校種別にみると、2時間以上インターネットを使っている青少年は、学校種が上がるほど多くなっており、高校生では24.8%を占めている。また、平均時間についても、学校種が上がるほど長くなり、高校生では71.3分となっている。
 性・学校種別にみると、平均時間は、小学生では男子(47.5分)が女子(36.9分)を上回っているが、中学生と高校生では逆に女子(中学生:59.1分、高校生:77.4分)が男子(中学生:51.1分、高校生:68.6分)よりも長くなっている。(図表2-1-3-4)

(4)インターネットの平均的な利用時間(平日、自宅以外)

図表2-1-3-5 インターネットの平均的な利用時間(平日、自宅以外)(性・学校種別)) <CSV形式:1KB>

図表2-1-3-5 インターネットの平均的な利用時間(平日、自宅以外)(性・学校種別)

 『ゲーム機でインターネットを使っている』または『タブレット型携帯端末でインターネットを使っている』と回答した青少年(428人)に、平日、自宅以外でのインターネットの平均的な利用時間を聞いたところ、「使っていない」が6割台後半(67.1%)を占めている。また、「30分未満」が3.5%、「30分以上1時間未満」が7.9%、「1時間以上2時間未満」が4.7%、「2時間以上3時間未満」が3.0%、「3時間以上4時間未満」が1.2%、「4時間以上5時間未満」が0.7%、「5時間以上」が0.5%となっている。1時間以上インターネットを使っている青少年は10.0%で、平均時間は17.1分となっている。

 学校種別にみると、1時間以上インターネットを使っている青少年は、小学生で9.4%、中学生で7.9%、高校生で14.2%となっている。また、平均時間については、小学生で17.7分、中学生で11.0分、高校生で25.2分となっている。
 性・学校種別にみると、平均時間は、小学生では男子(20.2分)が女子(15.4分)を上回っているが、中学生と高校生では逆に女子(中学生:12.9分、高校生:29.1分)が男子(中学生:9.5分、高校生:23.3分)よりもやや長くなっている。(図表2-1-3-5)

(5)インターネット上の経験

<Q18イ)のa)、b)いずれかで「1」を答えた方に>
Q20 〔回答票15〕ゲーム機やタブレット型携帯端末でインターネットを使っている人にお尋ねします。あなたは、ゲーム機やタブレット型携帯端末でインターネットを使っていて、このようなことがありますか。この中から、あてはまるものをいくつでもあげてください。(M.A.)

図表2-1-3-6 インターネット上の経験 <CSV形式:1KB>

図表2-1-3-6 インターネット上の経験

 『ゲーム機でインターネットを使っている』または『タブレット型携帯端末でインターネットを使っている』と回答した青少年(428人)に、インターネット上のトラブルや問題行動に関連する行為の経験を聞いたところ、8割台半ば(84.8%)が「あてはまるものはない」と回答し、それぞれの経験をあげている青少年は少数にとどまっている。経験を項目別にみると、「インターネットにのめりこんで勉強に集中できなかったり、睡眠不足になったりしたことがある」が6.1%、「チェーンメールが送られてきたことがある」が2.6%、「SNSサイトやゲームサイトで知り合った人とやりとりしたことがある」が2.6%などとなっている。(図表2-1-3-6)

 学校種別にみると、「あてはまるものはない」は、小学生で87.9%、中学生で86.7%、高校生で78.8%となっており、高校生であてはまる項目をあげている青少年が比較的多くなっている。高校生では、「インターネットにのめりこんで勉強に集中できなかったり、睡眠不足になったりしたことがある」が13.3%、「SNSサイトやゲームサイトで知り合った人とやりとりしたことがある」が6.2%と、それぞれ多くなっている。
 性・学校種別にみると、高校生女子であてはまる項目をあげている青少年が多くなっており、「インターネットにのめりこんで勉強に集中できなかったり、睡眠不足になったりしたことがある」が18.9%、「SNSサイトやゲームサイトで知り合った人とやりとりしたことがある」が8.1%などとなっている。
【図表2-1-3-7 インターネット上の経験(性・学校種別)】 <CSV形式:2KB>

▲ このページの上へ