第2章 イギリス

4 青少年のインターネット利用環境に関する民間機関の取組や現時点における青少年のインターネット利用環境に関する民間団体の取組の内容

(5)ウェブサイト運営者とコンテンツ掲載者、フィルタリング提供事業者等における民間紛争の解決活動

ORG280は、電子投票、著作権、データ開示、個人情報守秘などに関する、デジタル世界における権利を主張して各種の活動を行っているキャンペーン組織で、政府の各種政策に対して意見書を提出したり、ロビー活動を行ったりしているが、政府による検閲に反対する活動の一環として、ネットワーク事業者によるオーバーブロッキングを報告するサイトを立ち上げて実態把握、証拠収集活動、またメディアへの周知活動などを行っている。
ORGが立ち上げたサイト、Blocked.org.ukは、移動体通信事業者によって誤ってブロックされてしまったサイトやサービスについて報告するウェブサイトである。
2012年の1月1日から3月31日までのわずか3か月の間に、少人数の有志がこのサイトを利用して60件のオーバーブロッキングの例を収集した。オーバーブロッキングされたサイトには、コミュニティサイト、バーやレストラン、政治団体、個人のブログなどが含まれる281

ア オーバーブロッキングされた場合の手順

自分のサイトが移動体通信事業者によって誤ってブロックされた場合には、各移動体通信事業者の受付窓口に連絡し対応を求める。またORGは実態把握を目的に、Blocked.org.ukに報告するよう推奨している。各事業者の対応窓口は以下の表のとおりである282

表2-4-3:移動体通信事業者と連絡対応方法
事業者名 連絡対応方法
ボーダフォン メディア広報窓口に電子メールを送付する。
オレンジ&Tモバイル Safeguard製品管理者宛に電子メールを送付する
O2 URLチェッカーがあり、ここでサイトのレイティングを確認できる。また、誤ったレイティングについては、ツイッターもしくはオンラインフォーラムで報告する。
3(スリー) カスタマーサービスに連絡する

(出典:各事業者のHP)

年齢レイティングによるオーバーブロッキングが訴訟問題、賠償問題に発展した例はウェブサイト上には発見できなかった。
コンテンツ・プロバイダーが自分のサイトに対する評価(レイティング)が不正確であると考える場合は、IMCBの不服申立手順を踏み、再検討およびIMCBの判断を求めることも可能である。IMCBの不服申立手順については、4(4)ウ「(イ)「独立モバイル格付け団体 (IMCB) の活動」の項を参照のこと。