第2部 調査の結果

第2章 イギリス

4 青少年のインターネット利用環境に関する民間機関の取組や現時点における青少年のインターネット利用環境に関する民間団体の取組の内容

(6)青少年に対して危険性があるインターネット上の情報についての相談や苦情受付などの活動

ア 違法なコンテンツや行為の通報先

違法なコンテンツに関する情報については、子ども若しくは親がボタン1つで簡単にしかるべき連絡先に通報できるシステムが開発されている。違法なコンテンツの内容によって、通報先が異なる。
違法なコンテンツについて通報する内容および通報先を以下の表にまとめた。283

表2-4-4:違法なコンテンツや行為の通報先
通報する内容 通報先
グルーミング284その他違法な行為 違法、若しくは不適切と思われる内容については、CEOPボタンなどを利用してCEOP285に報告する。緊急を要する場合は、緊急通報番号999に電話する。
URL: http://www.ceop.gov.uk
CEOP
オンラインの違法コンテンツ IWF286に報告する。
URL:http://www.iwf.org.uk/report
IWF
人種差別、宗教差別、性志向差別など
憎悪を表現するオンラインコン
テンツ
True Vision287に報告する。
URL:http://www.report-it.org.uk
True Vision
青少年に不適切なメディアコンテンツ
(広告、テレビ番組、ラジオ番組、
映画、新聞や雑誌の記事、ビデオゲームその他のコンテンツ)
ペアレントポート288に報告する。
URL:http://www.parentport.org.uk
parentport

(出典:英国インターネット安全性向上センター(UK Safer Internet Centre)「通報」)

イ 子どもの相談先

悩みを抱える子ども自身が相談する窓口は以下のとおりである。

表2-4-5:子どもの相談先
子どもの相談先の名称 相談先の活動概要
チャイルドライン
(Childline)
イギリスの子ども向けチャリティ団体NSPCCの運営するヘルプラインである。24時間対応で通話料は無料。子どもの話を聞くことに重点が置かれており、話題は軽いものでも、深刻な問題でも、どのようなものでも構わない。電話に限らず、電子メールや、メッセージボード、チャット等さまざまな媒体で対応している。イギリス国内の12箇所にカウンセリングセンターがあり、主にボランティアが活動を支えており、毎日約4500人の子どもの電話に対応している。
URL:http://www.childline.org.uk
Childline
サイバーメンターズ
(Cybermentors)
いじめについて、オンラインで他の子どもに話を聞いてもらい、助けを得るシステム。
「いじめに対抗(Beat bullying)」が運営している。
URL:http://www.cybermentors.org.uk
Cybermentors
ユース・ツー・ユース
(Youth 2 Youth)
青少年のヘルプライン。同年代の若者同士で助け合う。
URL:http://www.youth2youth.co.uk
Youth 2 Youth
ゲット・コネクティッド
(Get Connected)
青少年向けの無料極秘ヘルプライン。毎日午後1時から11時まで対応。
電話番号:0808 8084994

(出典:英国インターネット安全性向上センター(UK Safer Internet Centre)「通報」)

ウ 親の相談先

親が相談する窓口は以下のとおりである。

表2-4-6:親の相談先
親の相談先の名称 親の相談先の活動概要
ファミリーライブス(Family Lives) 家庭生活全般に関する支援を提供するチャリティ。
URL:http://www.familylives.org.uk
Family Lives
キッズスケイプ(Kidscape) いじめを無くす活動に従事するチャリティ。いじめをうけた子どもと親へのヘルプラインを提供している。
URL:http://www.www.kidscape.org.uk/helpline/index.asp

(出典:英国インターネット安全性向上センター(UK Safer Internet Centre)「通報」)

エ NSPCCのキャンペーン活動および相談受付289

英国児童愛護会(National Society for the Prevention of Cruelty to Children、以下NSPCCという)はイギリスにおける児童虐待の終結を活動目的とする慈善団体で1884年に設立された。法改正にむけたキャンペーン活動を行う他、チャイルドライン(ChildLine)の提供、NSPCCヘルプラインサービスの提供を行っている。
チャイルドライン:NSPCCが提供する、18歳以下の青少年のための相談サービス。年中無休、24時間体制で訓練を受けたカウンセラーが秘密厳守で相談に応じる。
NSPCCヘルプライン:子どもの安全や福祉を懸念する大人のための相談窓口。アドバイスや支援を提供する。24時間体制で相談に応じ、秘密厳守で対応する。

カ ペアレントポート290

ペアレントポート(ParentPort)ウェブサイトは2011年10月に、メディアや通信、小売関係で、子どもにとって有害と思われるものについて、親が簡単に苦情を申し立てたり、意見を伝えたりすることができるようにするために立ち上げられた。広告基準局(Advertising Standards Authority)291、オンデマンドテレビ規制局(The authority for television on demand)292、BBCトラスト293、BBFC294、Ofcom、報道苦情委員会(the Press Complaints commission)295、ビデオ規格委員会(VSC)およびPEGIが合同で開発したもので、それぞれの苦情や意見が各担当規制局に直接繋がる仕組みである。
このペアレントポートを知っている親は大半がこのサイトをとても役立つと評価し(極めて役立つ、とても役立つ、を併せると94.7%)、人に薦めると回答した親も多かった(93.9%)296