目次戻る次へ

第II部 調査の結果

第2章 保護者調査の結果

第2節 子どものパソコンの利用状況

(1)インターネットの使用

<全員に>
Q13 〔回答票11〕○○さんは、自宅のパソコンでインターネットを使って(いると思)いますか。ここでいうインターネットとは、メールをやりとりしたり、サイトにアクセスしたりすることをいいます。この中から1つだけお答えください。

図表2-2-2-1 インターネットの利用(学校種別) (CSV形式:1KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

図表2-2-2-1 インターネットの利用(学校種別)

 子どものパソコンによるインターネットの利用状況を聞いたところ、「自宅のパソコンでインターネットを使っている」は64.6%となっている。また、『パソコン使用(計)』(インターネット利用の有無に関わらず、自宅でパソコンを使っている)は69.8%となっている。
 平成21年度以降の調査結果と比べると、「自宅のパソコンでインターネットを使っている」は、平成24年度(70.4%)から平成25年度(64.6%)で約6ポイントの減少となっている。また『パソコン使用(計)』についても、平成24年度(75.4%)から平成25年度(69.8%)で約6ポイントの減少となっている。

 学校種別にみると、「自宅のパソコンでインターネットを使っている」は、学校種が上がるほど多くなり、小学生の保護者で5割台半ば(54.3%)、中学生の保護者で6割台後半(66.0%)、高校生の保護者で7割台半ば(74.0%)となっている。(図表2-2-2-1)

(2)フィルタリングの利用

<○○さんが自宅でパソコンを使っている(Q13で「1~3」のいずれかと答えた)方に>
Q14 〔回答票12〕○○さんが使用しているパソコンにフィルタリングを使っていますか。この中から1つだけお答えください。
調査員注:資料(回答票に掲載した説明文及び「フィルタリングのイメージ図」)をしっかり見てもらってから、回答してもらうこと

(資料)フィルタリングとは ・・・ インターネット上の有害なサイトを見られないようにするための設定、いわゆる「有害サイトへのアクセス制限サービス(ウェブ制限・時間制限を含む)」のこと
(「フィルタリングのイメージ図」含む)

図表2-2-2-2 フィルタリングの利用(学校種別) (CSV形式:1KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

図表2-2-2-2 フィルタリングの利用(学校種別)

 子どもが自宅でパソコンを使っていると回答した保護者(1,391人)に、そのパソコンにフィルタリングを使っているかを聞いたところ、「使っている」が29.5%で、「インターネットが使えない機種・設定になっている」が1.1%である。両者を合わせた『制限あり(計)』は30.6%となっている。一方、「使っていない」は61.7%であり、多くはフィルタリングを使用していない。
 平成21年度以降の調査結果と比較しても、ほとんど変化はみられない。

 学校種別にみると、『制限あり(計)』はいずれの学校種の保護者でも3割前後であり、大きな差はみられない。(図表2-2-2-2)

(3)インターネット上の経験

<○○さんが自宅のパソコンでインターネットを使っている(Q13で「1」と答えた)方に。それ以外の方はQ16へ>
Q15 〔回答票13〕○○さんがパソコンでインターネットを使っていて、このようなことがあると思いますか。この中から、あてはまるものをいくつでもあげてください。(M.A.)

図表2-2-2-3 インターネット上の経験 (CSV形式:1KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

図表2-2-2-3 インターネット上の経験

※1 平成24年度は「SNSサイトやゲームサイトで知り合った人とやりとりしたことがある」
※2 平成24年度は「SNSサイトやゲームサイトで知り合った人と会ったことがある」

 子どもがパソコンでインターネットを『利用している』保護者(1,287人)に、子どものインターネット上のトラブルや問題行動に関連する行為の経験を聞いたところ、「あてはまるものはない」と回答した保護者は7割台後半(76.8%)を占めている。回答のあった項目では、「インターネットにのめりこんで勉強に集中できなかったり、睡眠不足になったりしたことがある」が10.4%で最も多く、次いで「親に話しにくいサイトを見たことがある」が5.7%などとなっている。
 平成24年度の調査結果と比べると、「あてはまるものはない」(24年度:78.9%、25年度:76.8%)という回答に大きな変化はみられない。(図表2-2-2-3)

 子どもがパソコンでインターネットを『利用している』保護者(1,287人)に、子どものインターネット上のトラブルや問題行動に関連する行為の経験を聞いた結果から、『あてはまるものがある』(いずれかの経験を1つでもあげた保護者)は20.0%であることがわかる。

 学校種別にみると、『あてはまるものがある』という回答は、小学生の保護者(10.1%)では1割だが、中学生の保護者(22.6%)と高校生の保護者(24.7%)では2割台と多くなっている。
 「インターネットにのめりこんで勉強に集中できなかったり、睡眠不足になったりしたことがある」は、小学生の保護者(4.3%)で1割未満だが、中学生の保護者(12.6%)と高校生の保護者(12.7%)では1割台前半とやや多くなっている。

【図表2-2-2-4 インターネット上の経験(学校種別)】 (CSV形式:2KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

(4)相談の経験

<○○さんが携帯電話やパソコンでインターネットを使っていてトラブルがあった(3ページのQ5で「1~14」のいずれか、あるいはQ15で「1~14」のいずれかを答えた)方に。それ以外の方は次ページのQ17へ>
Q16 〔回答票14〕携帯電話またはパソコンで○○さんがインターネットを使っていて、あてはまることがあると回答した方にお尋ねします。その際に、どなたかに相談しましたか。この中から、あてはまるものをいくつでもあげてください。(M.A.)

図表2-2-2-5 相談の経験 (CSV形式:1KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

図表2-2-2-5 相談の経験

※1 平成24年度以前は「○○さんが所属している学校や所属していた学校の先生に相談した」
※2 平成23年度以前は「インターネット・ホットラインセンターや消費者相談センターなどの国や地方公共団体が設置した相談先に相談した」
※3 平成23年度以前は「WEB110などの民間の相談機関(インターネットや電話による)に相談した」

 子どもが携帯電話やパソコンでのインターネット上のトラブルや問題行動に関連する行為の経験があると思うと回答した保護者(569人)に、その際どこかに相談したかを聞いたところ、「相談していなかった」保護者は68.4%で、『相談した(計)』と回答した保護者は13.0%にとどまっている。回答のあった項目では「知人に相談した」の6.9%が最も多く、他の項目もわずかとなっている。
 平成22年度以降の調査結果と比べても、大きな変化はみられない。(図表2-2-2-5)

 学校種別にみても、大きな差はみられない。

【図表2-2-2-6 相談の経験(学校種別)】 (CSV形式:2KB)ファイルを別ウィンドウで開きます

目次戻る次へ