第1章 アメリカ

1 青少年のインターネット利用環境に関する実態

(5)インターネット上のウェブサイトを利用して児童買春などの犯罪被害に遭った青少年の数・実態

インターネットを利用した児童に対する性的誘引は、チャットルーム内などで児童の警戒心を解き、手なづける「チャイルド・グルーミング(child grooming)」と呼ばれる心理的過程を経て行われる。誘引者は、自分が望むような行動をとってくれそうな児童や、自尊心が低い児童、家庭に問題のある児童を狙うとされる。

非営利団体の「全米失踪・被搾取児童センター(National Center for Missing & Exploited Children:NCMEC)」が開設する「サイバーチップライン(Cyber Tipline)」に寄せられた通報について、Cyber Tiplineが公開している2011年以降の統計データは見当たらない。

「児童に対するインターネット犯罪特別捜査班(Internet Crimes Against Children Task Force:ICAC Task Force)」(以下、「ICAC特捜班」という。)は、司法省 少年司法・非行防止事務局(Office of Juvenile Justice and Delinquency Prevention:OJJDP)の報告書の中で、2010年及び2011年の統計を発表している(表6・表7・表8参照)。

表6 アメリカのICAC特捜班が処理した通報のタイプ別件数(2010年・2011年)
タイプ 2010年 2011年
旅行者(児童への接触などを目的にした)
1,110件
1,354件
誘惑
5,482件
4,688件
未成年に宛てたわいせつ物
3,700件
3,455件
商業目的での児童の性的搾取
458件
1,493件
児童ポルノ制作
2,309件
3,975件
児童ポルノ配布
9,500件
11,341件
児童ポルノ所持
13,204件
14,892件

出典:ICAC特捜班の報告にもとづく司法省OJJDPの報告書 52をもとに作成。

表7 アメリカのICAC特捜班が他の法的取締り機関へ
連絡した件数の推移(2010年・2011年)
  2010年 2011年
連邦
1,156件
1,347件
2,741件
3,270件
地方
4,129件
5,234件

出典:ICAC特捜班の報告にもとづく司法省OJJDPの報告書 53をもとに作成。

表8 アメリカの連邦地方検事への起訴のための連絡件数(2010年・2011年)
  2010年 2011年
申請された起訴件数
1,156件
1,347件
受理された起訴件数
2,741件
3,270件

出典:ICAC特捜班の報告にもとづく司法省OJJDPの報告書 54をもとに作成。

ただし、2005年と比較して、2010年には、10~17歳の子供がインターネットで自らが望まない性的誘惑を受けた割合が13%から9%に、自らが望まないインターネット・ポルノを受け取る割合が34%から23%に減少したという統計もある。同調査では、インターネット上のいやがらせは、上記と同じ時期の比較で9%から11%に増加している 55

2011年以降のICAC特捜班の統計データは見当たらないが、2003年以降ほぼ毎年「イノセント・ロスト国家イニシアティブ(Innocence Lost National Initiative:ILNI)」が連邦捜査局の主導で行われ、児童買春の摘発で成果を上げている。その成果に関する最新データは、表9のとおりである。

表9 アメリカの「イノセント・ロスト国家イニシアティブ」の成果(2010年・2012年・2013年)
  2010年 2012年 2013年
保護児童数
69人
79人
105人
売春斡旋業者などの逮捕者数
885人
104人
150人
摘発捜査対象都市数
40都市
n/a
76都市

出典:連邦捜査局のウェブサイト 56をもとに作成。