平成26年度アメリカ・イギリス・カナダ・オーストラリアにおける青少年のインターネット環境整備状況等調査
平成27年3月 内閣府

本編目次

第1部 調査の概要

1 件名

2 調査の目的

3 調査期間

4 調査概要

(1)調査対象国

(2)調査項目

5 調査実施機関

6 調査方法

(1)文献調査、インターネット調査

(2)有識者意見聴取


第2部 調査結果

第1章 アメリカ

1 青少年のインターネット利用環境に関する実態

(1)青少年の定義

(2)青少年の閲覧が望ましくないとされている情報(有害情報)及び違法とされている情報(違法情報)の現状

ア 有害情報
イ 違法情報

(3)青少年のインターネット利用数・利用率

ア 青少年のインターネット利用動向
イ 青少年のインターネット利用に伴う生活等への影響

(4)インターネット経由等による犯罪等

ア インターネット(ウェブサイト、SNS等)を利用した児童買春等の犯罪被害の実態
イ 青少年によるセクスティングの実態
ウ 青少年の間のネットいじめ
エ リベンジポルノ
オ その他、新たな動向

(5)青少年のインターネット利用の際のフィルタリング利用率

ア フィルタリング利用の動向

(6)青少年のインターネット利用に関する親子間の話し合い並びにルール設定の有無及び内容

2 青少年のインターネット利用環境に関する世論

(1)青少年のインターネット利用に関しての最近のトピック

(2)青少年のインターネット利用環境の法的規制に対する世論の動向

(3)青少年のインターネット利用環境に対する保護者の動向(懸念、反応等)

3 青少年のインターネット利用環境に関する公的機関及び民間企業の取組み

(1)青少年のインターネット利用環境に関連する政策・規制(法律)並びに監督官庁

ア 青少年の個人情報保護
イ ネットいじめ
ウ 児童売春等の青少年を性的行為に誘引する行為
エ 児童ポルノ
オ リベンジポルノ
カ ウェブサイト運営者等が青少年による有害情報の閲覧を制限する措置等を取った場合における民事責任
キ 現在検討中の青少年のネット利用環境に関する新しい政策・規制とその背景

(2)インターネット上の違法・有害情報に対するフィルタリング等の閲覧防止策

ア 閲覧防止策の動向
イ 行政措置

(3)インターネット上の情報の分類(レイティング・ゾーニング等)

(4)ウェブサイト運営者に対するガイドライン

ア ウェブサイト運営者に対するガイドラインの有無
イ ウェブサイト運営者とコンテンツ掲載者、フィルタリング提供事業者等に対する係争処理方法

(5)青少年に対して危険性があるインターネット上の情報についての相談や苦情受付(窓口)等

ア 関連するニュース、トピック
イ 相談、苦情の傾向
ウ 行政による受付窓口
エ 民間、団体による受付窓口

4 青少年のインターネット利用環境に関する保護者団体、民間団体及び事業者の取組み

(1)行政によるインターネット利用環境の整備に対する支援策

ア 主要な関連公益法人並びに民間事業者

(2)関連公益法人並びに民間企業における青少年、その保護者及びその他一般に対する教育・啓発活動

ア 青少年のインターネット利用環境の整備に関する取組み
イ 具体的な取組み例(活動事例と評価指標・効果測定)

5 参考資料


第2章 イギリス

1 青少年のインターネット利用環境に関する実態

(1)青少年の定義

(2)青少年の閲覧が望ましくないとされている情報(有害情報)及び違法とされている情報(違法情報)の現状

ア 有害情報
イ 違法情報

(3)青少年のインターネット利用数・利用率

ア 青少年のインターネット利用動向
イ 青少年のインターネット利用に伴う生活等への影響

(4)インターネット経由等による犯罪等

ア インターネット(ウェブサイト、SNS等)を利用した児童買春等の犯罪被害の実態
イ 青少年によるセクスティングの実態
ウ 青少年の間のネットいじめ
エ リベンジポルノ
オ その他、新たな動向

(5)青少年のインターネット利用の際のフィルタリング利用率

ア フィルタリング利用の動向

(6)青少年のインターネット利用に関する親子間の話し合い並びにルール設定の有無及び内容

2 青少年のインターネット利用環境に関する世論

(1)青少年のインターネット利用に関しての最近のトピック

(2)青少年のインターネット利用環境の法的規制に対する世論の動向

ア 政府の動向
イ 捜査機関の動向
ウ チャリティー団体の動向
エ ISP事業業界の動向
オ 携帯電話事業者・公共Wi-Fi事業者、公共な場所での動向
カ オンデマンド業界の動向
キ 検索エンジン事業者の動向

(3)青少年のインターネット利用環境に対する保護者の動向(懸念、反応等)

3 青少年のインターネット利用環境に関する公的機関及び民間企業の取組み

(1)青少年のインターネット利用環境に関連する政策・規制(法律)並びに監督官庁

ア 青少年の個人情報保護
イ ネットいじめ
ウ 児童売春等の青少年を性的行為に誘引する行為
エ 児童ポルノ
オ リベンジポルノ
カ ウェブサイト運営者等が青少年による有害情報の閲覧を制限する措置等を取った場合における民事責任
キ 現在検討中の青少年のネット利用環境に関する新しい政策・規制とその背景

(2)インターネット上の違法・有害情報に対するフィルタリング等の閲覧防止策

ア 閲覧防止策の動向
イ 行政措置

(3)インターネット上の情報の分類(レイティング・ゾーニング等)

(4)ウェブサイト運営者に対するガイドライン

ア ウェブサイト運営者に対するガイドラインの有無
イ ウェブサイト運営者とコンテンツ掲載者、フィルタリング提供事業者等に対する係争処理方法(民事紛争事例の有無、紛争の場合の係争処理の担当官庁)

(5)青少年に対して危険性があるインターネット上の情報についての相談や苦情受付(窓口)等

ア 関連するニュース、トピック
イ 相談、苦情の傾向
ウ 行政による受付窓口
エ 民間、団体による受付窓口

4 青少年のインターネット利用環境に関する保護者団体、民間団体及び事業者の取組み

(1)行政によるインターネット利用環境の整備に対する支援策

ア 主要な関連公益法人並びに民間事業者

(2)関連公益法人並びに民間企業における青少年、その保護者及びその他一般に対する教育・啓発活動

ア 青少年のインターネット利用環境の整備に関する取組み
イ 具体的な取組み例(活動事例と評価指標・効果測定)

5 参考資料


第3章 カナダ

1 青少年のインターネット利用環境に関する実態

(1)青少年の定義

(2)青少年の閲覧が望ましくないとされている情報(有害情報)及び違法とされている情報(違法情報)の現状

ア 有害情報
イ 違法情報

(3)青少年のインターネット利用数・利用率

ア 青少年のインターネット利用動向
イ 青少年のインターネット利用に伴う生活等への影響

(4)インターネット経由等による犯罪等

ア インターネット(ウェブサイト、SNS等)を利用した児童買春等の犯罪被害の実態
イ 青少年によるセクスティングの実態
ウ 青少年の間のネットいじめ
エ リベンジポルノ
オ その他、新たな動向

(5)青少年のインターネット利用の際のフィルタリング利用率

ア フィルタリング利用の動向

(6)青少年のインターネット利用に関する親子間の話し合い並びにルール設定の有無及び内容

2 青少年のインターネット利用環境に関する世論

(1)青少年のインターネット利用に関しての最近のトピック

(2)青少年のインターネット利用環境の法的規制に対する世論の動向

(3)青少年のインターネット利用環境に対する保護者の動向(懸念、反応等)

3 青少年のインターネット利用環境に関する公的機関及び民間企業の取組み

(1)青少年のインターネット利用環境に関連する政策・規制(法律)並びに監督官庁

ア 青少年の個人情報保護
イ ネットいじめ
ウ 児童売春等の青少年を性的行為に誘引する行為
エ 児童ポルノ
オ リベンジポルノ
カ 現在検討中の青少年のネット利用環境に関する新しい政策・規制とその背景

(2)インターネット上の違法・有害情報に対するフィルタリング等の閲覧防止策

ア 閲覧防止策の動向
イ 行政措置

(3)インターネット上の情報の分類(レイティング・ゾーニング等)

(4)ウェブサイト運営者に対するガイドライン

ア ウェブサイト運営者に対するガイドラインの有無
イ ウェブサイト運営者とコンテンツ掲載者、フィルタリング提供事業者等に対する係争処理方法(民事紛争事例の有無、紛争の場合の係争処理の担当官庁)

(5)青少年に対して危険性があるインターネット上の情報についての相談や苦情受付(窓口)等

ア 関連するニュース、トピック
イ 相談、苦情の傾向
ウ 行政による受付窓口
エ 民間、団体による受付窓口

4 青少年のインターネット利用環境に関する保護者団体、民間団体及び事業者の取組み

(1)行政によるインターネット利用環境の整備に対する支援策

ア 主要な関連公益法人並びに民間事業者

(2)関連公益法人並びに民間企業における青少年、その保護者及びその他一般に対する教育・啓発活動

ア 青少年のインターネット利用環境の整備に関する取組み

5 参考資料


第4章 オーストラリア

1 青少年のインターネット利用環境に関する実態

(1)青少年の定義

(2)青少年の閲覧が望ましくないとされている情報(有害情報)及び違法とされている情報(違法情報)の現状

ア 有害情報
イ 違法情報

(3)青少年のインターネット利用数・利用率

ア 青少年のインターネット利用動向
イ 青少年のインターネット利用に伴う生活等への影響

(4)インターネット経由等による犯罪等

ア インターネット(ウェブサイト、SNS等)を利用した児童買春等の犯罪被害の実態
イ 青少年によるセクスティングの実態
ウ 青少年の間のネットいじめ
エ リベンジポルノ
オ その他、新たな動向

(5)青少年のインターネット利用の際のフィルタリング利用率

ア フィルタリング利用の動向

(6)青少年のインターネット利用に関する親子間の話し合い並びにルール設定の有無及び内容

2 青少年のインターネット利用環境に関する世論

(1)青少年のインターネット利用に関しての最近のトピック

(2)青少年のインターネット利用環境の法的規制に対する世論の動向

ア 規制当局及び業界団体の動向

(3)青少年のインターネット利用環境に対する保護者の動向(懸念、反応等)

3 青少年のインターネット利用環境に関する公的機関及び民間企業の取組み

(1)青少年のインターネット利用環境に関連する政策・規制(法律)並びに監督官庁

ア 青少年の個人情報保護
イ ネットいじめ
ウ 児童売春等の青少年を性的行為に誘引する行為
エ 児童ポルノ
オ リベンジポルノ
カ ウェブサイト運営者等が青少年による有害情報の閲覧を制限する措置等を取った場合における民事責任
キ 現在検討中の青少年のネット利用環境に関する新しい政策・規制とその背景

(2)インターネット上の違法・有害情報に対するフィルタリング等の閲覧防止策

ア 閲覧防止策の動向
イ 行政措置

(3)インターネット上の情報の分類(レイティング・ゾーニング等)

ア レイティングとゾーニング
イ レイティング及びゾーニングの運用状況

(4)ウェブサイト運営者に対するガイドライン

ア ウェブサイト運営者に対するガイドラインの有無
イ ウェブ運営者とコンテンツ掲載者、フィルタリング提供事業者等に対する係争処理方法(民事紛争事例の有無、紛争の場合の係争処理の担当官庁)

(5)青少年に対して危険性があるインターネット上の情報についての相談や苦情受付(窓口)等

ア 関連するニュース、トピック
イ 相談、苦情の傾向
ウ 行政による受付窓口
エ 民間、団体による受付窓口

4 青少年のインターネット利用環境に関する保護者団体、民間団体及び事業者の取組み

(1)行政によるインターネット利用環境の整備に対する支援策

ア 主要な関連公益法人並びに民間事業者

(2)関連公益法人並びに民間企業における青少年、その保護者及びその他一般に対する教育・啓発活動

ア 青少年のインターネット利用環境の整備に関する取組み
イ 具体的な取組み例(活動事例と評価指標・効果測定)

5 参考資料