平成28年「春のあんしんネット・新学期一斉行動」 各都道府県・指定都市における取組状況

各都道府県・指定都市における取組状況
都道府県名 取組 添付資料
北海道
  • 大手携帯電話事業者3社に対する「フィルタリング普及促進等に係る要請書」(北海道知事、北海道教育委員会教育長、北海道警察本部長 連名)を手交(平成28年1月15日実施)
  • 小学校卒業を控え携帯電話の所有が増える北海道内の全小学6年生の家庭向けにリーフレットを作成し配布(平成28年3月7日、配布枚数66,200枚)
 
青森県 青森県警察本部のイベント「サイバー犯罪防止キャンペーン」にあわせて開催
  • 日 時  平成28年2月6日(土)10-16時
  • 場所 サンロード青森 1F サンホール
  • 「春のあんしんネット・新学期一斉行動」用ブースを設置し、啓発用リーフレット等500部を一般県民に配布。
    (総務省東北総合通信局主催のもと、共催者の青森県、青森県教育委員会、青森県警察本部が参加。)

(PDF形式:299KB)PDFを別ウィンドウで開きます
岩手県
  • 街頭キャンペーンの実施
     日時:平成28年3月12日(土)12時~16時
     場所:岩手県盛岡市 イオンモール盛岡
     実施機関:岩手県、岩手県教育委員会、岩手県警察本部、総務省東北総合通信局他
     内容: フィルタリング、ネット犯罪等に関する展示、資料配布、コミュニケーションアプリ等の実機体験等
 
宮城県
  1. インターネット安全講話
    青少年及びその保護者,教職員,青少年健全育成に従事する関係者等を対象として,出前形式でインターネットの安全利用について啓発。
  2. インターネット安全安心利用推進フォーラムの開催
     青少年の保護者,教職員,青少年健全育成に従事する関係者等を対象として,インターネットの安全利用をテーマに基調講演,パネルディスカッションなどを実施。
 
秋田県 日時:平成28年3月13日(日)
場所:JR秋田駅に隣接する複合商業施設「アルヴェ」
   同日同会場において実施した秋田県主催の若者イベント「若者フェスタ2016~集え!秋田を変える若者たち~」
   の会場において、啓発活動を実施。
参加者:主催する総務省東北総合通信局のほか、
   秋田県(警察本部、秋田東警察署、チャイルドセーフティーセンター、生活環境部男女共同参画課)
参加企業:デジタルアーツ、KDDI、グリーの3社、プラス県。
 
山形県
  • 関係部局(課)及び管内市町村、関係団体等に本取組を周知し協力依頼を行う。
  • 県民運動情報誌「見守る目・育む芽」第34号に関連記事を掲載し、広報啓発を強化する。
  • インターネットの安全安心利用啓発イベントの開催
    日時 平成28年2月28日(日)午前11時から午後2時30分
    場所 イオンモール天童1Fグリーンコート
    備考 山形県警が主催し、県、教育庁、総務省東北総合通信局等が参加

(PDF形式:157KB)PDFを別ウィンドウで開きます
福島県
  • 青少年有害環境対策推進連絡会議の開催(1月22日)
    携帯電話会社、PTA、県教育庁、県警察本部等、関係機関団体で青少年の安全・安心なインターネット利用に関して情報交換等を行った。
  • 青少年のインターネット利用に係る情報モラル教育公開授業(2月23日・2月24日)
    よりよい情報モラル教育に役立ててもらうことを目的に、知事部局、教育委員会、警察本部が連携し、県内の高校で情報モラル教育の公開授業(他学校教諭、警察職員等参観)を行った。
  • インターネット安全利用パンフレット等の配布(5月23日)
    県内における青少年のフィルタリング利用の促進やインターネット・リテラシー向上の気運の高揚を図り、市町村青少年行政主管課長会議において、インターネット安全利用等を訴えるパンフレット、小冊子、ティッシュ各約100部を配布した。
 
都道府県名 取組 添付資料
茨城県
  1. 街頭啓発活動の実施
    (1)イオン水戸内原店における街頭キャンペーン(平成28年3月19日)
    (2)Jリーグ水戸ホーリーホックホームゲームにおける街頭キャンペーン(平成28年3月6日)
    (3)Jリーグ鹿島アントラーズホームゲームにおける街頭キャンペーン(平成28年4月24日)
  2. 第11回IPA「ひろげよう情報モラル・セキュリティコンクール」in茨城 授賞式の開催(平成28年2月16日)
  3. 各種広報媒体を活用した啓発(主なもの。その他各種媒体で広報強化)
    • ケーズスタジアム,鹿島スタジアムにおける電光掲示版への掲載
    • イオン,京成における制服売り場でのフィルタリングチラシの設置
    • 新聞広報「茨城県からのお知らせ」への情報掲載
    • 県広報誌「ひばり」への情報掲載(2月号)
    • NHKデータ放送,IBSを活用した情報掲載
    • ホームページを通じた広報
    • 茨城県庁舎2階県政広報コーナーにおけるパネル展の実施
  4. メディア教育指導員による啓発講座の実施
  5. インターネットを利用することができる端末設備の販売業者等への要請
 
栃木県
  • 平成28年度入学する高校1年生の保護者を対象に、県内の全高等学校へ啓発チラシを送付する。(93校、約20,000枚)※別添PDF参照
  • 携帯電話販売店に対する立入調査を実施して、条例の履行状況を確認するとともに、一層のフィルタリング推奨を要請する。
  • 宇都宮市主催の非行防止講演会(2月13日)、栃木県警察本部主催のサイバーセキュリティ研修会(2月24日)において、来場者に対してリーフレット等配布による啓発活動を実施する。

1(PDF形式:213KB)PDFを別ウィンドウで開きます


2(PDF形式:258KB)PDFを別ウィンドウで開きます
群馬県
  1. セーフネット標語「おぜのかみさま」リーフレットを県内中学校の新入学説明会の際に保護者等に配布し、ネットの危険性について注意喚起する。(1月~2月)
  2. 「おぜのかみさま」について説明した映像コンテンツを作成し、動画投稿サイト等で配信することにより、主に中高生を対象に、標語の普及啓発を図る。(3月)
  3. 凧揚げ大会会場において、来場者に対し、「おぜのかみさま」リーフレットを配布し、ネットの危険性について注意喚起する。(2月)
 
埼玉県 埼玉県青少年健全育成条例に基づく携帯電話販売店への立入調査を、2月~3月を重点期間として実施する。
 青少年インターネット環境整備法及び県条例に規定するスマートフォン等の購入時におけるフィルタリングの設定等の事項について調査し、遵守されていない場合は必要な指導を行う。
 
千葉県
  • 関係部局、関係団体、市町村等に本取組を周知し、積極的な取組を促す。
  • 新中学生の保護者及び新高校生向けの、インターネット適正利用も含めた非行・被害防止等啓発リーフレットを作成し、各学校を通じて配付を行う。
  • 小・中・高校生・保護者・教職員等が対象の講習会において、インターネット適正利用に関する講演を実施し、啓発を行う。
 
東京都 スマートフォン等の利用上のトラブルや危険性、過度の利用による弊害等について理解し、青少年が安全に安心してスマートフォン等を利用できるよう啓発用リーフレットを作成し、新たに子供に対し保護者がスマートフォン等を購入すると思われる機会の中学校入学時に、都内の全新中学1年生及びその保護者に対し配付を行う。  
都道府県名 取組 添付資料
新潟県 スマートフォン・携帯電話の利用に関するリーフレットを配布。
 ※携帯電話事業者によるスマートフォン・携帯電話の契約時での配布のほか、当課が主催する大会等で配布する。
 ※携帯電話販売事業者等へ2万5千枚配布。
 
富山県 春のあんしんネット・新学期一斉行動及び卒業・進学・新入学時期における非行・被害防止に関する啓発チラシの作成・配付
  1. 2月、今春卒業予定の県下全小学6年生・中学3年生の保護者に対し、各小中学校を通じて約2万部を配付。(対象学年の児童生徒数は19,876名。
  2. 4月、富山県青少年安心・安全ネット利用促進連絡会により、JR富山駅前周辺において、1,000部を街頭配布。

(PDF形式:476KB)PDFを別ウィンドウで開きます
石川県
  • 新中学1年生及び保護者対象のネット関連講習の実施(3~4月)
  • 新高校1年生及び保護者対象のネット関連講習の実施(3~4月)
  • 現中学3年生の保護者に対するパンフレット
    「中学3年生の保護者の皆様へ 親子のホッとネット大作戦」の配付(12~3月)
 
福井県
  • 入学説明会時等を利用したパンフレットの配布(県教委)
    新中学・高校1年生および保護者に、携帯電話の危険性とその対策等を紹介したパンフレット(親子向)を配布(3月)
  • 「非行防止啓発リーフレット」の配布(県民安全課)
    県内全高校1、2年生および全中学生、各市町青少年愛護センター、警察にインターネット不正使用に関する内容を記載した非行防止啓発リーフレットを配布(2月)
  • ラジオ広報の実施(県警)
    FBCラジオにおいて、県警生活環境課サイバー犯罪対策係員が、「サイバー犯罪の被害者にならないための注意点等」を広報(2月24日)
 
長野県 2 月11 日(木・祝)別紙のようなシンポジウムの実施
1(PDF形式:262KB)PDFを別ウィンドウで開きます


2(PDF形式:164KB)PDFを別ウィンドウで開きます
都道府県名 取組 添付資料
岐阜県
  • 保護者向け啓発リーフレットの作成・配付
    県内の児童・生徒及びその保護者に対し、青少年のインターネットの安全・安心利用に関する必要な情報を提供することを目的として作成・配付する。
    部数:255,000部
    配付時期:平成28年3月
    対象:県内の全小・中学校、高等学校、特別支援学校の児童・生徒(ただし、高校3年生は除く)及びその保護者
    配布方法:各学校へ配布
  • 岐阜新聞社・広報紙「マナビのトビラ」への記事掲載
    岐阜新聞社が発行する県内の小学生及びその保護者を対象とした広報紙「マナビのトビラ」を活用して、インターネットの安全・安心利用に関する情報を提供する。
    部数:約115,000部
    時期:平成28年3月
    対象:県内の全小学校の児童及びその保護者
    配布方法:各学校へ配布
静岡県
  1. 「親子で話そう!!我が家のケータイ・スマホルール」カレンダーの配布
    (1)内  容 別添「親子で話そう!! 我が家のケータイ・スマホルール」参照
    (2)配 布 数 82,000部(A3判二つ折り)
    (3)配布対象 小学校5年生と中学校2年生の全保護者
    (4)配布時期 平成28年3月~5月
  2. 「ケータイ・スマホルール」アドバイザーによる伝達講習会
    平成27年度の新規事業で養成した82人の「ケータイ・スマホルール」アドバイザーが、1の「親子で話そう!!我が家のケータイ・スマホルール」カレンダーなどを使い、正しく安全なネット利用のしかたについて、家庭で話し合ってルールを決めることの大切さを小中学校の保護者に伝える。

1(PDF形式:322KB)PDFを別ウィンドウで開きます


2(PDF形式:338KB)PDFを別ウィンドウで開きます
三重県
  1. 携帯電話販売店に対する立入調査の実施
    三重県青少年健全育成条例に基づき携帯電話販売店へ立入調査を実施
  2. ラジオ番組での広報(3月)
    青少年に携帯電話を購入する機会の増える春の卒業、入学シーズンに合わせ、保護者及び青少年等に対しフィルタリングサービスの利用を啓発する内容を放送
  3. 青少年及び保護者等に対し、青少年の携帯電話フィルタリングサービス利用促進の啓発
  4. 各種研修会での啓発
    1三重県青少年育成市町民会議連絡会(2月)
    2みえの子育ちサポート出前講座(2月)
    3三重県青少年健全育成者研修会(3月)
 
京都府
  • 青少年のネットトラブル相談窓口「相談してねっと」の普及啓発のため、新学期にあわせてチラシを府内中高生へ配布

(PDF形式:250KB)PDFを別ウィンドウで開きます

大阪府
  • 昨年秋に当課で実施した「フィルタリング啓発ポスターコンクール」の最優秀作品をB2版ポスターとして、優秀賞4作品をA4版の保護者説明用チラシとして作成し、携帯電話事業者の協力を得て、府内携帯電話販売店舗において「春のあんしんネット・新学期一斉行動」に合わせて1月~3月の間、掲出及び配布を行っている。
  • 府内市町村青少年行政主管課への啓発協力依頼と啓発物の提供(ティッシュ・チラシ等)
  • 教育委員会、携帯事業者、PTA、総務省近畿総合通信局、警察等が集まる会議において情報を共有し、それぞれの関係機関に対して啓発活動を実施する旨を確認
 
兵庫県
  1. フィルタリング利用促進キャンペーン「ネットトラブルはフィルタリングで防御!!」街頭イベントの実施
    日時 平成28年3月22日(金)11:00~12:00
    場所 阪神甲子園球場駅前広場
    内容
    • 阪神甲子園球場にて開催される、第88回高等学校野球大会の来場者や、付近通行者にフィルタリングの利用啓発を呼びかける啓発リーフレット及びグッズ(ティッシュ等)を配布。
    • 本年度モデルとしてご協力をいただいた、エイベックス所属で車いすテニス選手の上地結衣氏を起用した啓発ポスターを掲示。
  2. 青少年愛護条例の改正(青少年のインターネットの利用に関する基準づくり)啓発リーフレット「保護者のためのネット利用ガイドブック」を作成・配布
    • 平成28年3月末作成。
 
奈良県
  • 「青少年を有害環境から守る奈良コンソーシアム」との協働により大学生ボランティア指導員による出前啓発講習会の開催(2月)
  • 小学校4,5,6年生に配布される「なら探検ミュージアム」(5万部発行)にフィルタリング利用促進記事の掲載による啓発(3月)
  • 携帯電話販売店に対する県条例の遵守及びフィルタリング利用促進文書の送付(4月)
  • 「なら県政出前トーク」による出前講習会の開催(随時)
 
和歌山県
  1. 携帯電話販売店に対する立入調査等の実施(新学期に合わせて県内全店舗に対し実施)
    • フィルタリングに関するリーフレットの配付(資料1) ※約20,000枚配付
    • 青少年が利用する携帯電話等購入時、保護者に対し保護者の義務等の説明
  2. 入学式等における青少年及び保護者に対する県政!おはなし講座の実施
    • フィリタリングの設定、家庭内のルール作り、インターネット・リテラシーの向上について
    • 新小1、新中1、新高1年生の保護者に対するリーフレットの配付(資料1) ※約30,000枚配付
  3. ネット指導教員養成講座の実施(H27年度から継続)
    • 県内全教員対象→受講教員による県内全児童・生徒への悉皆指導
    • 青少年関係機関職員(裁判所、警察、法務局、労働基準局職員等)にも実施
  4. ネットセミナー・研修会の開催
    • セミナー開催(年2回)…平成28年2月8日(月)、2月15日(月)
      *青少年のインターネット依存啓発セミナーを開催(資料2)
    • スキルアップ研修会(年2回)…平成28年2月8日(月)、2月15日(月)
      *民間講師(教授、医師)による。
      対象…青少年関係機関、相談支援機関等約100機関の職員

1(PDF形式:254KB)PDFを別ウィンドウで開きます


2(PDF形式:351KB)PDFを別ウィンドウで開きます
都道府県名 取組 添付資料
鳥取県 ○電光掲示板により周知
  • 期間 平成28年2月1日~4月30日
  • 場所 県庁前電光掲示板
  • 内容 インターネット利用における春の安心ネット・新学期一斉行動実施中!「スマホやゲーム機などを使う前には親子でルールを作り、ネットの危険から子どもたちを守りましょう」
○リーフレット及びティッシュの配付(中国総合通信局主催)
  • 日時 平成28年2月16日(火) 16時~17時
  • 場所 JR鳥取駅
  • 参加機関 中国総合通信局、鳥取県、県教育委員会、県警、青少年育成鳥取県民会議、携帯電話事業者ほか
 
島根県 ○「中学校に入学予定の児童並びに保護者に対するインターネット利用に係る啓発講座」(教育委員会)
  • 来年度中学校に入学予定の児童並びにその保護者を対象とした啓発研修講座を各中学校の入学説明会で実施
  • 実 施 校:各教育事務所1中学校(県内5校)
  • 実施期日:平成28年2月4日(木)~8日(月)
 
岡山県
  1. テレビ・ラジオ等での広報
    1 テレビお知らせ番組「晴れの国生き活きテレビ」(2月7日放送)での広報
     フィルタリングの利用徹底のPR(知事出演)
    2 ラジオ番組でのお知らせ(2月26日、3月4日放送)
    3 デパート、大型スーパーの店内放送での啓発(3月中)
  2. 総務省中国総合通信局との連携事業
    1 県庁県民室プラズマディスプレイでの広報(2月~3月)
     内容:「親子で考えよう!スマホの使い方」(岡山県作成)
     CM スマホの使い方(中国総合通信局作成)
     CM フィルタリング(中国総合通信局作成)
    2 JR岡山駅での街頭啓発イベント(3月3日)
     リーフレット配布
     体験型ブースの開設
  3. 携帯電話販売店への要請
    3部局(知事部局、県教育委員会、県警察本部)連名で携帯電話販売店に、保護者への説明強化について、要請文を通知
 
山口県
  1. 中国総合通信局と連携した取組
    1街頭啓発活動
    • 中国総合通信局・県教委・県こども家庭課・県警・通信事業者で合同実施
    • 平成28年2月2日(火)ゆめタウン山口(山口市大内御堀)にて、啓発パンフレット・ティッシュの配付
    2電光掲示板による啓発
    • 平成28年2月1日(月)~3月31日(木)まで、県内8箇所の太陽光インフォメーションでテロップの表示
    • テロップ「春のあんしんネット・新学期一斉行動実施中!『ネットでは履歴を消してもよみがえる』【総務省中国総合通信局・山口県教育委員会】」※ H27「情報通信の安心安全な利用のための標語」総務省中国総合通信局長賞受賞作品(山口県立岩国高等学校広瀬分校)を活用
  2. 学校・家庭・地域と連携した取組(県教委)
    1各市町教育委員会、各学校へ向け、「春のあんしんネット・新学期一斉行動」についての通知を発出し、児童生徒のインターネットの適切な利用について学校・家庭・地域で連携協働した取組推進の依頼
    2通知に併せ、県教委作成の保護者啓発資料「大丈夫ですか?!子どもたちのケータイ・スマホ」(H28版)の配付
    3仮入学や入学式等の時期を捉え、情報モラルについて啓発を行う「ケータイ安全教室」の実施の推進
  3. ラジオでの広報(2月3日、3月2日放送)
    KRYラジオで子どもたちのインターネットトラブルにまきこまれないためのスマホ等によるインターネットの適切な利用について広報
 
都道府県名 取組 添付資料
徳島県
  • 「春のあんしんネット・新学期一斉行動」についての通知を各市町村教育委員会、学校に発出し、安全な利活用ができるよう取組推進の依頼
  • 小学校から中学校、中学校から高等学校への入学段階の機会(入学説明会等)をとらえ、関係機関と連携を行い、保護者への理解促進に向けた啓発活動
  • 入学説明会配付用のチラシを作成し、県下小・中・高等学校全校の入学説明会において配付(入学説明会に職員を派遣しない学校についても配付)
  • NTTドコモの講師を学校に派遣し、携帯電話等の安全な利用法、ルールやマナー等、情報モラルについて指導を行う「携帯電話安全教室」の継続実施(徳島地方法務局との連携含む)
  • 各学校と連携し、携帯電話等インターネット安全利用教室を開催し、犯罪被害等防止に努める
  • 学校種ごとに「ネットいじめ・トラブル対応事例集(リーフレット)」を作成し、教職員に配付。早期に適切な対応ができるよう活用を依頼
  • 警察職員が携帯電話等販売店を訪問し、関係法令・条例等を説明の上、18歳未満の少年が使用する携帯電話を販売するときにはフィルタリング付加するよう指導・要請する
 
香川県
  1. 「春のあんしんネット・新学期一斉行動」についての通知を各関係機関・団体に発出
  2. 携帯電話販売店に対する立入調査の実施
    携帯電話販売店を巡回し、条例の履行状況を確認するとともに、一層のフィルタリング推奨を要請
  3. 広報・啓発
    • 啓発チラシ、広報誌及びホームページ等各種広報媒体を活用した広報、啓発
    • 携帯電話等販売店と連携し、機器購入時に「ケータイ・スマホ『家族の約束』啓発チラシを子供及び保護者に配布
    • 携帯電話等インターネット安全利用に関する出前講座の実施
    • 保護者を対象とした啓発活動
      PTAの会合等に「さぬきっ子安全安心ネット指導員」を派遣し、スマホやネット利用の現状やルールづくりの必要性について考える場を提供

(PDF形式:359KB)PDFを別ウィンドウで開きます

愛媛県  県と愛媛県青少年育成協議会との連名で、メディアリテラシー啓発用資料「ケータイ・スマートフォンの安全・安心な利用を」を12万部程度作成し、小学生(5~6年生)、中学生、高校生の保護者、携帯電話事業者、青少年関係団体等へ配付のほか、各種大会等での活用、HPでの情報発信など、あらゆる機会をとらえて、青少年の適切なネット利用の促進を図る。
1/2(PDF形式:330KB)PDFを別ウィンドウで開きます


2/2(PDF形式:327KB)PDFを別ウィンドウで開きます

都道府県名 取組 添付資料
福岡県
  • 中学校及び高校の教員や保護者を対象に、「情報モラル教育のための指導者研修会」を開催し、中高生のネット利用の現状やネットに関する生徒参加型啓発の手法を習得してもらい、学校や家庭で実践することで、生徒自らがネットの適切な付き合い方について考え、気づきを促す。
  • 「福岡県非行防止・ネット依存防止地域ミーティング」を実施し、地域や学校等において、メディアとの関わり方等に関することをテーマとした講座等の学習会を開催する際に、県に登録のある講師を派遣し、問題意識の高揚を図る。
 
長崎県
  1. 2,3月に実施される県内の小・中・高の入学説明会の折に長崎県メディア安全指導員によるメディア講演会の実施(45校)
  2. 4月の入学式(県内29校)に長崎県メディア安全指導員、携帯販売事業者、フィルタリング事業等の啓発担当、県警少年課、総務省九州通信局員、こども未来課職員等で手分けして、ネットスマホの安全な利用についての啓発を行う。
    *入学式後、5分程度の啓発
    *2月に開催する「長崎っ子のメディア環境協議会」の折に提案
    *昨年は15校で実施(行政・警察・長崎メディア安全指導員のみで実施)
  3. 県内の小学6年生をもつ保護者向けのリーフレットを全対象者に配布(3月中)
 
熊本県  
(PDF形式:88KB)PDFを別ウィンドウで開きます

大分県 本県では、私学振興・青少年課と教育委員会が協力して、県内すべての小学校、中学校、高等学校、特別支援学校に対して「春のあんしんネット・新学期一斉行動」の趣旨を通知し、保護者等への広報・啓発を図っている。  
鹿児島県 当県で平成18年度から実施している,春の「郷土に学び・育む青少年運動」の重点事項として、スマートフォン等の利用についての啓発推進を行います。
1(PDF形式:272KB)PDFを別ウィンドウで開きます


2(PDF形式:347KB)PDFを別ウィンドウで開きます



3-1/3(PDF形式:425KB)PDFを別ウィンドウで開きます


3-2/3(PDF形式:404KB)PDFを別ウィンドウで開きます


3-3/3(PDF形式:318KB)PDFを別ウィンドウで開きます

沖縄県
  • 卒業式・入学式・保護者会等の場を活用したスマートフォン等インターネットの安心・安全な利用に関する講話
  • 総務省総合通信局沖縄総合通信事務所と連携したeネットキャラバン隊の活用
 
指定都市名 取組 添付資料
札幌市 ・北海道警察が主催する、ネット犯罪被害の防止及び児童が使用する携帯電話のフィルタリング普及に向けた取組としての警察官による中学校における入学生説明会時の説明について、市内全中学校に周知している

(目的)
  • 中学校における入学説明会の機会に、保護者に対し、警察官が直接、フィルタリング設定の重要性等について説明し、その認識や理解を深める。
(内容)
  • フィルタリングの重要性や必要性、年齢等に応じた利用の促進
  • コミュニティサイト等の利用による福祉犯被害の防止対策
【関連資料】
 ※事務連絡「児童生徒のネット犯罪被害の防止に向けて取組について(依頼)」(平成27年12月16日)

(PDF形式:208KB)PDFを別ウィンドウで開きます

仙台市
  1. 関係機関職員研修会の開催
    (1)日時 平成28年3月1日(火) 午後3時00分~5時00分
    (2)演題 「どうしてネットはやめられないのか ~ハマる仕掛けと心理を紐解く~」
     講師  宮城教育大学 准教授 安藤 明伸 氏
    (3)対象機関 市・区役所関係各課、仙台市内小・中・高校等
  2. 機関紙等を利用した広報・啓発活動
    (1)子供相談支援センター機関紙「銀杏坂タイム」による広報
    (2)宮城県青少年補導センター連絡協議会広報紙「みやほ連だより」による広報
 
横浜市 横浜市教育委員会事務局人権教育・児童生徒課にて、平成28年4月に新入生の保護者を対象(市内小・中学校、高校、特別支援学校)に、子どもたちのスマートフォンや携帯電話の利用上の注意事項等を掲載したリーフレットを配布済みです。(3月下旬)
また、青少年の健全育成に携わっている関係団体にも情報提供済みです。
 
相模原市 2月~5月の間に、市内大沢中学校の生徒会主体で作成したルールを、中学校区内の大沢小学校・九沢小学校に「先輩からの体験談」等とともに、紹介した。
1(PDF形式:449KB)PDFを別ウィンドウで開きます


2(PDF形式:403KB)PDFを別ウィンドウで開きます

静岡市 2月に市内各中学校で開催される新1年生入学説明会において、携帯電話、スマートフォン使用時の家庭のルール作りを啓発するリーフレットを配布し、説明を依頼する。
(PDF形式:470KB)PDFを別ウィンドウで開きます

京都市 総務省近畿総合通信局との共催による,青少年の安全・安心なインターネット利用に関するシンポジウムを開催(2月26日)  
堺市 生徒会で作成したスマ―トフォン・携帯電話の“ルール”を、PTA協議会、校長会、市教委、関係機関等が協議・決定し、 リーフレット「堺市立学校 スマホ・ネットルール5『まもるんやさかい』」を作成・配付し、入学式及び始業式等で保護者等にも周知
正しい生活習慣を示した「家での7つのやくそく」に、スマートフォンや携帯電話、ネット等の使用に関する項目を盛り込んでリーフレットを作成・配付し、入学式及び始業式等で保護者等にも周知
 
広島市 総務省中国総合通信局が実施予定の下記の事業への参加
  • マツダスタジアムでのリーフレット等の配布
  • 地元放送局の番組コーナーを活用したPR及びリーフレット等の配布(広島パルコ前)
  • JR広島駅でのリーフレット等の配布
電光掲示板(デジタルサイネージ)によるPR(2月~3月)
  • 総務省中国総合通信局と協働し、広島市役所、シャレオ(地下街)等の電光掲示板に、準動画コンテンツ(スマホの付き合い方、フィルタリングの重要性)を放映
 
北九州市 リーフレット「スマホ社会の危険」の作成及び配布
 対象:市内小学校4年生~中学校3年生の子ども及び保護者向け
 内容:スマホ利用のあり方、注意点、スマホ利用時のルールづくり等についての情報提供及び啓発
 配布時期:平成28年3月

 ※関連資料:H26年度作成版 ( http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000695662.pdf )
 
熊本市
  • 平成27年11月5日~11月30日に熊本県くらしの安全推進課との協同で携帯電話販売店舗への立入調査を実施し、新入生を含めた契約者に対するフィルタリングの啓発を依頼した。
  • 新入生保護者会において、インターネット・リテラシーの向上に関する啓発を行う。
  • 保護者の勉強会の折、家庭における情報端末の利用に関するルールづくりについての啓発を行う。